ガンホー・オンライン・エンターテイメントに関するVR決算記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ガンホー森下社長、VRなど新分野向けのゲーム開発に着手と明らかに

2016年10月31日 12時27分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


 


ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>の森下一喜社長は、10月31日に開示した第3四半期の決算説明会資料で、スマートフォンアプリや家庭用ゲームソフトに加え、VRなど新分野向けの開発に乗り出していることを明らかにした。2016年年始にSocial Game Infoが同社の森下一喜社長に行ったインタビューで、「商品化するかどうかはわからない」と前置きしつつ、研究開発の一環としてVRゲームの制作を行っていると明かしたが、いよいよ本格的に開発を始めた模様だ。

この時のインタビューでVRについて触れた部分を再掲しておこう。
 
 
 
――:さきほど、VRというお話が出ましたが、御社もやってらっしゃるんですか。

もちろん、実際にR&Dをしながら、VRのゲームも作っています。商品化するかどうかはわからないですが、プロジェクトとして社内で開発しています。VRをやらなくてはならないと考えているわけではなく、VRがどういう技術であって、どういった制限があるのかを自分たちでも知っておくべきだと考えているためです。「VRでこういうゲームを考えたんだけど、別のプラットフォームでつくってもいいかもしれない」ということがあるかもしれません。

当社は、お客様に体験してもらいたいことを考え、そのためにどういうゲームデザインが良いのか、どういう作り方が良いのか考えてゲーム開発を行っています。スマホにするか、PCにするか、コンシューマーゲームにするかは、そのコンセプトを実現するためのプラットフォームを選択していくだけです。VRありきでゲームを考えるのではなく、あくまでゲームデザインありきで考えています。

スマホでは無理なことでもコンシューマーゲームで実現できることもあります。スマホはスナック菓子で、コンシューマーゲーム機はいわばメインディッシュのようなもので、気合を入れて遊ぶものです。スマホは身近なものですし、没入感はえられにくいですが、コンシューマーゲームは深く没入できるという特徴があります。VRも同様で、ゲームデザイン上、必要と判断したら出すことになると思います。

 




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ガンホー・オンライン・エンターテイメント

ピックアップ

記事ランキング

1 シリコンスタジオ、VRにも対応したC#で開発できるゲームエンジン『Xenko』を4月に正式リリース 
2 【PSVR】コロプラ、本格格闘ゲーム『STEEL COMBAT』を2月28日に発売 体験版も同日に公開へ
3 ハウステンボスとスクエニ、世界初の体感型音楽アトラクション『バハムートディスコ』を7月にオープン HMDを使用しない新たなVR技術
4 SIE、PSVRの世界の累計実売台数を91万5千台と発表 2017年末までに100本以上のコンテンツを販売予定
5 【おはようVR】『バイオ7』の無料DLC「NOT A HERO」はクリスが軸に フジTVがハウステンボスにVRコンテンツ提供へ
6 サムスン、VRヘッドセット「GearVR」の新型を発表 コントローラー付きで70以上の対応タイトルを準備
7 VR記事アクセスランキング(2月18日~24日)…『クーロンズVR』開発インタビューや手の動きをゲーム入力するH2Lの資金調達なども注目
8 同人サークルのVRZ_Project、ガンシューティングVRゲーム『Zombie・Hazard』を3月2日にOculus Storeでリリース 
9 【PSVR】台湾Winking Entertainment、『UNEARTHING MARS』を3月に配信 火星を探索するAVG
10 ユニットコム、GTX 1080 SLIで17型4K液晶搭載のゲーミングノートPCを販売開始 
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム