凸版印刷に関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

VRで江戸時代を再現 日の丸リムジンが、現代と江戸時代の同時に観光できる「タイムスリップタクシー」サービスを提供開始

2016年11月02日 14時17分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
東京のハイヤー・タクシー事業者 日の丸リムジンは、11月10日より、タクシーに乗りながら、大名屋敷、旗本屋敷、寺院など、江戸時代の大江戸八百八町の街並み、風景、風俗などが楽しめる『タイムスリップタクシー』サービスの提供を開始すると発表した。


■『タイムスリップタクシー』サービスについて

『タイムスリップタクシー』とは、江戸時代の御城を中心に、大名・旗本屋敷、町人街、町奉行所、寺院などの描かれた古地図に基づき、タクシーで歴史スポットを巡るツアーだ。

・VR(バーチャルリアリティ)
GPSからの位置情報に基づき、指定の地点に到着。タブレットをかざすと、現在では、失われてしまった江戸時代の江戸城天守閣がタブレット上で再現され、観賞することができるという。観光スポットによっては、江戸時代の風景、風俗を描いた浮世絵も紹介される。

※本システムは、凸版印刷が開発・提供を行っている。
訪れた場所ならではの感動をバーチャルリアリティ(VR)の表現技術を用いて旅行者に提供するサービス「ストリートミュージアム®」の技術を活用することにより、実現したものだ。

■ 「ストリートミュージアム」について
 
 

「ストリートミュージアム」は、過去だけではなく未来都市などを自由にタイムトリップできるVR技術を活用した旅行者向けサービス。凸版印刷が長年培ったCGやVRの表現技術を核に、コンテンツの企画・制作から、配信、 閲覧アプリケーションの開発まで、ワンストップでサポート。

また、凸版印刷独自の情報管理・配信サーバ、リアルタイム・レンダリングシステム、閲覧アプリケーションを基盤とし、他の観光アプリなどとも連携できる共通のインタフェースも提供する。共通基盤を活用することで開発コストを大幅に削減できるだけではなく、ユーザの利用負荷を軽減できる。
 
 ▲60mはあったといわれる江戸城天守閣をVRで再現
 
江戸城天守:製作・著作 凸版印刷株式会社
これまでに福岡城や熊本城、肥前名護屋城(佐賀県)、駿府城(静岡県)でのガイドツアーや、三内丸山遺跡(青森県)のタブレット端末によるITガイドシステム、富岡製糸場(群馬県)のCG映像ガイドツアーなどに多数採用されている。

・古地図と現代地図
歴史的に貴重な古地図が、タブレット端末上の観光案内図となっている。古地図上の観光スポットは、GPS機能により現代地図の地点と一致させ、タクシーの移動に合わせて、歴史情報をVR、文字情報、音声などで自動再生する。

・多言語対応サービス
観光スポットに合わせて、自動再生される歴史情報は、日本語・英語・中国語・韓国語の多言語サービス案内する。

(1)江戸城コース ~天守閣の復元と江戸町文化~

大名屋敷が立ち並ぶ丸の内を出発。皇居に向かい、辰巳櫓、江戸城正門の大手門、11代家斉・15代慶喜将軍の一橋家、平川門、そして江戸時代の観光スポットであった60mの高さの江戸城天守閣のVRを眺める。九段に向け、清水家の清水門、武道館が建っている田安家の田安門、桜の開花宣言の標準木がある靖国神社、イギリス大使館を通過。

また、半蔵門で江戸城天守閣のVRを眺め、最高裁判所、国立国会図書館、井伊家、桜田門外の変があった桜田門、日比谷のあたりまで海だった日比谷入江、大岡越前が勤めた南町奉行所、歌舞伎座、築地本願寺、与力や同心が住んでいた八丁堀、土佐藩があった東京国際フォーラム、東京駅八重洲口、遠山の金さんが勤めた北町奉行所、江戸時代の五街道の起点だった日本橋がゴールとなる。
 
 ▲東海道五十三次の起点「日本橋」

(2)忠臣蔵コース ~赤穂浪士の辿った道~

大名屋敷が立ち並ぶ丸の内を出発。吉良上野介屋敷跡に向かう。向かうまでの時間帯では、忠臣蔵の前編(江戸城、松の廊下刃傷、浅野内匠頭の切腹、義士の暮らし、討ち入りへの行進、討ち入り)の物語が流れる。いよいよ吉良上野介屋敷跡(吉良公御首級(みしるし)洗い井戸があります。)から、元禄15年(1702年)12月14日討ち入り以来の300年以上経過の現在、古地図上を赤穂浪士が泉岳寺まで歩いた道をタクシーで走行。

忠臣蔵の後編(泉岳寺への行進、両国橋、ちくま味噌・甘酒粥休憩、浅野内匠頭屋敷跡、義士の紹介、泉岳寺、義士の切腹)となる。また道の途中では、芭蕉庵、清澄庭園、永代橋、築地本願寺、歌舞伎座、汐留・新橋、日比谷神社、増上寺、慶応大学、札の辻、高輪大木戸、江戸風俗を堪能できる。

2.コースと料金
(1)江戸城コース ~天守閣の復元と江戸町文化~

■経路 丸の内・三菱ビル~皇居周遊~銀座~築地~東京駅八重洲口~日本橋
■所要時間 1時間
■料金 電気自動車・テスラモータース(お客さま2名) 5,000円
※お客さまの人数に応じた車種も用意。

(2)忠臣蔵コース ~赤穂浪士の辿った道~

■経路 丸の内・三菱ビル~吉良上野介屋敷跡~(新橋のお菓子屋・新正堂立ち寄り)
~泉岳寺~東京タワー・霞が関官庁街・皇居~丸の内・三菱ビル
※新橋のお菓子屋・新正堂では、四十七士義士ようかんと切腹最中などの購入ができます。
ただし、日曜日、祝日はお休みです。

■所要時間 3時間30分
■料金 電気自動車・テスラモータース(お客さま2名) 16,000円
※お客さまの人数に応じた車種も用意。

※料金は、期間限定(2016年12月31日まで)のキャンペーン料金。
通常料金は、江戸城コース:9,000円 忠臣蔵コース:20,000円となる。

3.期間限定お楽しみプレゼント
Time Slip Taxiのご乗車された方全員に、どこにも売っていない『Time Slip Taxi扇子』を期間限定にてプレゼント。
※配布予定数に達し次第、配布を終了。

4.運行時刻
(1)江戸城コース スタート時刻 9:00、10:30、12:00、13:30、15:00、16:30
(2)忠臣蔵コース スタート時刻 9:00、13:30

5.予約方法
(1)インターネット www.tokyo-taxi.jp
(2)スマートフォン・タブレット
(3)その他

■各コース終了後、タクシーのご用命は予約時にご依頼ください。
■コースで利用されましたタクシーを継続利用することはできません。

6.協力会社
 製作/制作     凸版印刷株式会社
 製作補助     株式会社ハイパースボットメディアワークス
 構成/編集     株式会社こちずライブラリ
 デザイン     SPICE 藤井早苗
 COOPEE 菊地 優
 コンテンツ提供     三菱地所株式会社
 オープニングCG映像制作     株式会社キャドセンター
 オープニングCG映像・江戸の街並みデータ     東京大学 社会基盤学専攻 清水英範教授
 東京大学 社会基盤学専攻 布施孝志准教授
 企画/プロデュース     株式会社IQB

・凸版印刷ニュースリリース
http://www.toppan.co.jp/news/2016/11/newsrelease161101_2.html

Copyright (c) 2016 TOPPAN PRINTING CO., LTD.
 




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の新作VRゲーム

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】『バイオ7』、VRとPS4Proに対応した体験版がリリース 新ムービーも公開…3年前に消えた妻から届いたメールとは?
2 【PS4】PS4版『パラッパラッパー』の発売が決定 既に体験版も公開中
3 【PSVR】『エースコンバット7』の新規トレーラーが遂に公開 PS公式とバンナム公式では若干のシーンの違いが?…公式サイトもオープン
4 【PSVR】グランツーリスモの新トレイラーと山内氏のインタビューが公開…HDRやPSVRに関して想いを語る
5 【PSVR】次回の発売日は12月17日!!! 公式サイトのPlayStationVR販売取扱店舗が更新に【追記あり】
6 富士急ハイランドのドドンパが、VRアトラクション「ほぼドドンパ」として復活
7 【おはようVR】酔いのないVRを普及させるための「StageVRコンソーシアム」設立 その他PSVR関連など様々な情報をお届け
8 Unity、中国Xiaomiと業務提携 オープンVRプラットフォーム開発で協業予定
9 ピクセラ、VRライブ配信に向けた実験を実施 専用アプリやプラットフォームの開発も
10 テレ朝メディアプレックス、「VR plex レンタルプラン」をテーマパークEXPO2016に出展
11位以下のランキングを見る