VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

WHITE、初期費用を大幅に抑えたVRマーケティング「Milbox Plus VR」の実施を発表

2016年12月12日 15時49分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


WHITEは、本日12月12日より、ゲーム、ライブ、メディア等に関わる商品、サービスを提供、販売する企業向けに、レベニューシェア型のVRマーケティング支援サービス「Milbox Plus VR」の提供を開始すると発表した。

本サービスの利用により、初期費用を大幅に抑えながら、話題のVRを活用した商品、サービスプロモーションが実施可能になるという。

<以下、プレスリリースより>

■初期費用を大幅に削減できるレベニューシェアモデル「Milbox Plus VR」について


「Milbox Plus VR」は、VRコンテンツを配信、販売した結果、発生する利益をWHITEにシェアしていただくことを条件に、自社製品であるスマホVRゴーグルの「Milbox」やVRコンテンツ企画を無償で提供、支援することで、VRマーケティング実施のための初期費用を約200万円(※3)削減するサービスです。VRマーケティングの実施にあたっては、コミュニケーションの全体設計、VRコンテンツの企画、制作、VRゴーグルの買い取り、およびカスタマイズなど、通常のプロモーション施策よりも高額な初期投資が必要になりがちです。しかし、すでに自社コンテンツ(ゲーム、映画、ライブ映像、キャラクターコンテンツなど)を持つゲームやイベント、メディア企業などでは、デバイスなどの初期費用を抑えることで比較的手軽にVRマーケティングを実施することが可能と考えられます。WHITEでは、こうしたコンテンツホルダー向けに、今回の「Milbox Plus VR」を提供いたします。

 
 
【想定される利用例】

【ゲーム企業】
スマホゲームにVRモードを追加。ゲームを楽しむための課金アイテムとして「Milbox」「MilboxTouch」を活用。

【イベント企業】
コンサートやスポーツイベントをVRコンテンツ化し、ライブまたはアーカイブ配信。「Milbox」「MilboxTouch」を販売することで、臨場感のあるイベント体験を人数、場所の制限なく提供。

【メディア企業】
オリジナルVRコンテンツを作成し、BD、DVD、CD、書籍等のメディアに「Milbox」「MilboxTouch」を同梱して販売。VRによって作品の世界観をユーザーにより魅力的に伝え、パッケージ購入動機の創出や売価の向上を目指す。


■WHITEのVRマーケティング対応領域について

WHITEでは、VRコンテンツをマーケティング活用した、ハイクオリティな“体験型プロモーション”をワンストップで実現するサービス、「Milbox VRマーケティング」を提供しております。VRマーケティングにおける「プランニング」、「VRコンテンツの企画・制作」、「自社製VRゴーグル(「Milbox」、「MilboxTouch」)」をワンストップで提供できることが当社の強みであり、別途費用は発生しますが、コミュニケーション戦略立案やコンテンツ制作など、各クライアントの要望に合わせて対応することが可能です。
 


「Milbox」、「MilboxTouch」について
WHITEが、製造、販売しているスマホVRゴーグル。「Milbox」は、米国Google社の簡易型VRゴーグル向け認証「Works with Google Cardboard」を国内2製品目として取得。「MilboxTouch」は、筐体側面のTouch Interface Moduleを触ることで、ゴーグルの上からスマートフォン内のアプリを操作することができる世界初の機能を装備。世界最大級のテクノロジースタートアップの登竜門イベント「SXSW2016」Interactive Innovation Awards VR&AR部門のファイナリストに選出されたほか、Microsoft Innovation Award 2016「Tech in Asia賞」を受賞。

・Milbox:http://milbox.tokyo/(価格:1,000円税別)
・MilboxTouch:http://milbox.tokyo/milboxtouch/(価格:2,500円税別)


「Milbox VRマーケティング」の詳細は、以下プレスリリースをご参照ください。
http://www.spicebox.co.jp/news/group/2016/10/milboxvrmarketing/


(※1)レベニューシェアモデルでの実施可否は弊社にて決定させていただきます。また、レベニューシェアの対象、およびその割合は両社にて決定いたします。

(※2)1,000個が上限となります。(正価110万円相当)。MilboxTouchは対象外です。

(※3)Milboxのデザイン・製造費、および当社コンテンツ企画費の正価100万円より算出。
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 モノビット、コンテンツ東京で「VR Voice Chat」の新しいVRデモを公開・・・声優の永恵由彩さんらが演じるキャラとの会話も
2 【PSVR】ゾンビシューター『Arizona Sunshine』がリリース PSVRシューティングコントローラーにも対応
3 コーエーテクモ、「VR SENSE」タイトルに『DOAX』、『戦国コースター』などを発表 筐体価格は320万円に(税抜)
4 ゲオ、PSVRの追加販売時の購買動向を発表・・・ソフト1位は『Farpoint』に
5 【VR センス発表会】襟川会長「3年以内で1000台が目標」 個人からの注文も明らかに
6 【PSVR】店舗の再販状況をお届け ヨドバシは店舗・ネット共に22日から販売中 ビックは24日に抽選販売へ 供給が追いついてきた?
7 【PSVR】『デレVR』の無料DLC「第3回アイドル追加」の情報追加 五十嵐響子ら20人が追加
8 【PS VR】個性的な機体達がアリーナを駆け巡る、全方位STG『Starblood Arena』を紹介
9 【おはようVR】ゲオ、7月15日にPSVRを再販 米でPSVRシューティングコントローラー対応の『Arizona Sunshine』リリースなど
10 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム