VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

B&P、「Microsoft HoloLens」を活用したMR事業を発表

2016年12月16日 16時19分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
ボーダー・アンド・ポーター、デジタルコンテンツ・VRコンテンツにおいて高品質な作品を輩出しているネストビジュアルと協同した事業開始を発表した。

これは、マイクロソフト社が展開している、自己完結型ホログラフィックコンピューター「Microsoft HoloLens」をベースとした、プログラム開発・コンテンツ開発・アプリケーション開発等、MR事業だという。また建設領域、不動産領域での導入を第一弾に目指す、と説明している。

<以下、プレスリリースより>

当業界では、近年VR用ヘッドマウントディスプレイを使用した360°内覧など、VRやARの技術を活用した新しい試みが提供され始めております。当社では、11月より大手住宅メーカーや新築ディベロッパー・ゼネコンへ提案を進めており、中核事業であるWEB制作業で培ってきたノウハウを生かしながら、12月より「Microsoft HoloLens」を活用したMR事業を本格的に着手します。

WEB制作を中核事業とするクリエイティブエージェンシーの株式会社ボーダー・アンド・ポーター(本社:東京都渋谷区 / 代表取締役社長CEO:本城 直季)は、デジタルコンテンツ・VRコンテンツにおいて高品質な作品を輩出しているネストビジュアル株式会社(本社:東京都港区 / 代表取締役:植山 耕成)と協同して、マイクロソフト社が展開している、自己完結型ホログラフィックコンピューター「Microsoft HoloLens」をベースとした、プログラム開発・コンテンツ開発・アプリケーション開発等、MR(Mixed-Reality)事業を開始します。

VR(Virtual-reality)と AR(Augmented-Reality)市場の世界全体での売上は、「2016年の52億ドルから2020年には1,620億ドルに拡大する」と予測されています。
MR(Mixed-Reality)は、VRやARを包括した、リアルの空間をデジタル化し、違和感なく体感することのできる、新天地を切り開く複合技術として注目されています。
参考:IDC プレスリリース 2016年8月15日付 “Worldwide Revenues for Augmented and Virtual Reality Forecast to Reach $162 Billion in 2020, According to IDC”

「Microsoft HoloLens」は、デジタルトランスフォーメーションを推進するためマイクロソフト社が展開している世界初の自己完結型ホログラフィックコンピューターであり、日本では2016年12月2日よりプレオーダーが開始されました。
今年7月に開催された「Microsoft Worldwide Partner Conference 2016」においては、日本航空株式会社の機体整備におけるトレーニングツールとして「Microsoft HoloLens」を活用した事例が発表される等、MRの技術は近い未来に様々な業界で現実に活用され、革新を起こすと期待されております。
参考:日本マイクロソフト株式会社 news  2016年12月2日付
https://news.microsoft.com/ja-jp/2016/11/29/161129-microsoft-hololens/

当社ではデジタルトランスフォーメーション時代におけるMR事業として、建設領域、不動産領域での導入を第一弾に目指しています。当業界では、近年VR用ヘッドマウントディスプレイを使用した360°内覧など、VRやARの技術を活用した新しい試みが提供され始めております。

今後は、建設現場においてプロセス表示をしながら組み立てや進行を補助することでミスを無くす、注文住宅や新築マンションなどの自動内覧や仮想モデルルームを実現する等、現実世界に仮想空間を組み合わせるMR技術による発展が予想され、私どもはその第一歩に寄与したいと考えております。

そこで、ボーダー・アンド・ポーターではネストビジュアルと協同し、11月より大手住宅メーカーや新築ディベロッパー・ゼネコンへ提案を進めており、中核事業であるWEB制作業で培ってきたノウハウを生かしながら、12月より「Microsoft HoloLens」を活用したMR事業を本格的に着手します。


【株式会社ボーダー・アンド・ポーターについて】
設立年月:2016年8月19日
代表者:代表取締役社長 CEO 本城 直季
本社所在地:東京都渋谷区神宮前2-30-26 カーサ神宮前105
事業内容:WEBサイトを中心とするデジタルコンテツの企画・制作、広告キャンペーンの企画・制作、コンセプトデザイン
URL:http://www.borderporter.jp/

【ネストビジュアル株式会社について】
設立年月:2014 年3月10日
本社:〒106-0047 東京都港区南麻布 2-13-12EM 南麻布ビル 4F
代表者:代表取締役 植山 耕成
Tel:03-5439-6377
Fax:03-5439-6378
事業内容:デジタルコンテンツの企画・制作
URL:http://www.nest-vis.com
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】4月29日、店舗の販売再開状況をお届け ヨドバシを含めほとんどの店舗が抽選方式に PS Moveは製造数増加も
2 【インタビュー】PS VR期待の新作やハードの増産状況、そして2017年のVR業界とは…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(5/5)
3 【Steam】コロプラ、巨人と戦う体感 VR ACTゲーム『TITAN SLAYER』を配信開始
4 【PSVR】ソリッドスフィア、『カイジVR ~絶望の鉄骨渡り~』発売延期を発表
5 【Steam VRランキング(4月28日)】首位にコロプラの新作アクション『TITAN SLAYER』 Owlchemy Labs新作『Rick and Morty: Virtual Rick-ality』が2位に
6 【インタビュー】VRを創りたいクリエイター達のパッション、PS VRの開発からVR元年まで…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(4/5)
7 【インタビュー】PS VRはここから始まった、ソニーからSCEへの事業化までの道のり、嘘みたいな本当の話…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(1/5)
8 【インタビュー】ハードの開発はソフトチームとの共同製作へ 新たに生まれたシナジーとは…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(3/5)
9 【PSVR】豪Stirfire Studios、荒廃した世界を再生するパズルゲーム『Symphony of the Machine』をリリース
10 【インタビュー】SCEの始動、ゲームをより幅広い人へ、よりカッコイイものにしたかった…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(2/5)
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム