ダズルに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ダズルとカレイドグラファー、VR事業における業務提携を締結 VR開発協力やVRプロダクトの分析サービス『AccessiVR』を導入・運用サポート

2016年12月19日 12時50分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


ダズルとカレイドグラファーは、本日12月19日に、VR事業における業務提携を締結したことを発表した。これにより、VR開発協力や、VRプロダクトの分析サービス『AccessiVR(アクセシブル)』の導入・運用サポートを行う。

今回の業務提携では、 ダズルはカレイドグラファーに対し、 これまでのVR開発経験を活かしたVR開発における協力や、 データ分析のためのアクセシブル導入・運用のサポートを行う。これにより、 従来Legolissが持つデータ活用ノウハウと、 ダズルの保有するVR開発技術やVRの体験を可視化する『アクセシブル』を連携させることで、 VRを活用する企業に向けて従来にはないマーケティング支援を行うことが可能となる。



<以下、プレスリリースより>

■カレイドグラファーについて 
マーケティングソリューションの提供を行う株式会社Legoliss(渋谷区:代表取締役社長 酒井克明 以下Legoliss)と、 株式会社FiveHangouts(港区:代表取締役社長 淵上優 以下FH)が共同で設立したVR領域専門のマーケティング支援会社です。 

カレイドグラファーでは、 LegolissとFiveHangouts のノウハウを活かし、 「体験を発見し科学する」を事業コンセプトに、 企業のマーケティング活動において、 ユーザーの体験データの活用を行える環境を構築し支援してまいります。 

VRという新しい技術と、 それを活用する企業様に、 VR上でのユーザー体験データを駆使しながら一般消費者と企業の新しいエンゲージメントを創造。 また、 企業のマーケティング活動導線に新しいユーザー体験を演出する店舗開発等のプロデュースを行うことも予定しています。 

代表取締役社長の重原氏は、 大手メディアレップにてインターネット領域におけるマーケティングの経験を積み、 Legolissでは様々な企業に対してデータを活用したサービス開発、 その他データ関連のコンサルティング業務を経験しております。 

カレイドグラファー会社概要
社名 :株式会社カレイドグラファー(KaleidoGrapher Inc.)
事業内容 :VR関連事業
所在地 :東京都渋谷区千駄ヶ谷4−7−5 千駄ヶ谷パークコート302
代表取締役 :重原洋祐
取締役 :酒井克明
取締役 :淵上優
URL: http://kaleidographer.co.jp/ 


■今回の業務提携について 
ダズルは2015年よりVR事業に注力し、 VRゲームやVRの動画などのVRのコンテンツ開発・運用や、 VRミドルウェアの開発を行っております。 VRコンテンツ開発としては、 「OneOpeVurgeR(ワンオペバーガー)」や「面倒だがトリあえず脱出」などのGearVR向けのタイトルをOculusStoreに配信しており、 「ONEMAN VURGER(ワンマンバーガー)」はHTCViveに対応しSteamにて配信しています。 

VRプロダクト向け分析・運用サポートサービス『AccessiVR(アクセシブル)』はVRゲームやVRの動画をはじめとするVRプロダクトの運用計画・実行、 データ分析、 改善のPDCAサイクルをサポートするミドルウェアで、 2017年初旬にクローズドβ版のローンチを予定しており、 視点データなどVRプロダクト特有のデータを取得できることが特徴です。 

●VRプロダクト分析・運営サポートサービス「AccessiVR(アクセシブル)」
https://accessivr.io/ 

今回の業務提携では、 ダズルはカレイドグラファーに対し、 これまでのVR開発経験を活かしたVR開発における協力や、 データ分析のためのアクセシブル導入・運用のサポートを行います。 これにより、 従来Legolissが持つデータ活用ノウハウと、 ダズルの保有するVR開発技術やVRの体験を可視化する『アクセシブル』を連携させることで、 VRを活用する企業に向けて従来にはないマーケティング支援を行うことができると考えております。 

■VRを利用したマーケティングについて 
一般消費者はVRを体験することで、 従来の技術では得ることのできなかった圧倒的な「体験」を得ることができます。 そして、 企業はVRを通じた体験をマーケティング活用することで、 より深いレベルで一般消費者とのエンゲージメントを実現できます。 また、 VRから得られたデータを活用していくことで、 ユーザー体験に基づくマーケティング活動をより高いレベルで実現することが可能となります。 

■ダズルについて 
株式会社ダズルは、 VRプロダクト分析サービスの「AccessiVR(アクセシブル)」を軸にVR事業を行っている会社です。 https://accessivr.io/ 2016年から VR 領域への本格的に参入し、 2016年5月には株式会社夢真HDなどから約1.5億円の資金調達を実施しました。 VR受託開発も積極的に実施しております。 https://dzl.co.jp/virtual_reality これまで主軸としてきたスマートフォンゲーム開発・運営事業のさらなる拡大を図るとともに、 成長の見込まれる VR 市場で技術力を磨き、 「楽しい」と「便利」を創造することで世の中に価値を提供していきます。 

●オハナちゃん(360°シューティングゲーム Gear VR)
https://dzl.co.jp/services/ohanachan 
●面倒だがトリあえず脱出(VRアクションゲーム Gear VR)
https://dzl.co.jp/services/lazy_bird_escape 
●ワンオペ VurgeR(ハンバーガーショップ経営シュミレーションゲーム Gear VR)
https://dzl.co.jp/services/one_ope_vurger 
●ワンマンバーガー(ハンバーガーショップ経営シュミレーションゲーム HTCVive)
https://dzl.co.jp/services/one_man_vurger 

■会社概要 
会  社   名:株式会社ダズル( http://dzl.co.jp/ )
 本       社:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-17-14 MSD20ビル2F
代  表   者:代表取締役CEO 山田 泰央
創       立:2011年
資 本 金:2億1198万円(資本準備金含む)
事 業 概 要:VR(仮想現実)サービスの提供/
            スマートフォンゲームの企画・開発・運用事業/
            受託開発・研究開発事業
VRの企画・開発のご相談:
https://dzl.co.jp/virtual_reality 
スマートフォンゲーム企画・開発のご相談:
info@dzl.co.jp




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ダズル

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】店舗の再販状況をお届け ヨドバシは店舗・ネット共に22日から販売中 ビックは24日に抽選販売へ 供給が追いついてきた?
2 【PSVR】ジェットマン、『クーロンズゲートVR』の公式サイトを更新 ゲーム内画面や念写などの詳細などが明らかに
3 【PSVR】ゾンビシューター『The Brookhaven Experiment』がシューティングコントローラーに対応
4 【PS VR】SFシューター『Farpoint』がリリース 対応コントローラーを使用した圧倒的な没入感とは?
5 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
6 【PSVR】PS STOREで『PlayStation VR WORLDS』などのSIEタイトルと、爽快FPS『Mortal Blitz』がセール中
7 【SteamVRランキング6/23】コロプラ『TITAN SLAYER』が首位に返り咲き 謎のデート教育アプリ『Dating Lessons』も急上昇
8 【PSVR】ソニーと米国空軍が共同開発 VRスカイダイビング『Air Force Special Ops』を無料リリース
9 360Channel、最年長プロ棋士 加藤一二三 九段の現役引退となった歴史的瞬間をVR動画で公開
10 【PSVR】『サマーレッスン:アリソン・スノウ』がリリース チアリーディングや水着でスイカ割りなど、追加体験映像も公開に
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム