カヤックに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

カヤック、自社内で「VRペイントバトルトーナメント」を開催 『Tataite Kabutte VR』のプレイ中ムービーも公開

2017年01月06日 18時12分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



カヤックは、社内でNo.1VRアーティストを決めるイベント、「VRペイントバトルトーナメント」を実施したと発表した。VRペイントとは、VR空間の中でハンドコントローラーを使い、3Dの絵を描くことを指し、本トーナメントでは、Google製のVRペイントアプリ「Tilt Brush」を使用して行ったという。

そして決勝戦のお題となった「2017年の年賀状」の優勝作品、準優勝作品はそれぞれSketchfabで公開されている。

・優勝作品
 

・準優勝作品
 
なおトーナメント参加者はほとんどがVR初心者で、こういった取り組みを通じVR未経験者をできるだけ減らし、より優れたVRコンテンツの発想が生まれる場作りを進めているという。
 

また、カヤックは去年の11月に『Tataite Kabutte VR』という非常に意欲的なVRゲームをイベント出展している。同タイトルは、両手と洗面器、ピコピコハンマーの計4つに取り付けたVIVEコントローラーを使い、命がけで行う「叩いて被ってじゃんけんぽん」だ。

ルールは簡単、VIVEのコントローラーのボタンの組み合わせでグー・チョキ・パーを決定。じゃんけんに勝ったプレイヤーは、VIVEコントローラーがついたピコピコハンマーで攻撃。負けた方は洗面器で"実際"に受けることで攻撃を防げるというもの。

相手も人間であるための緊張は高まり、没入感をより深くさせる非常に濃いVRゲームだった。じゃんけんに負けて防御できなかった場合、相手の剣に切り刻まれるが、その描写は自由切断技術によって表現されているため過激な表現になっている。今後どういった形で展開していくのか、カヤックのVRへの取り組みも含めて目が離せないだろう。
 

▲昨年のイベントで展示された『Tataite Kabutte VR』をSocialVRINFO編集部が撮影したものだ
 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( カヤック

ピックアップ

記事ランキング

1 【インタビュー】PSVRはここから始まった、ソニーからSCEへの事業化までの道のり、嘘みたいな本当の話…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(1/5)
2 【インタビュー】SCEの始動、ゲームをより幅広い人へ、よりカッコイイものにしたかった…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(2/5)
3 【PSVR】マチ★アソビで『Fate/Grand Order VR』の先行体験会が開催 
4 【PSVR】クリスも登場する『バイオ7』の無料DLC「NOT A HERO」が配信日変更に【動画と追記あり】
5 gumi、会社分割を発表 VR事業をgumi VRとして分割
6 【おはようVR】SIE WWSプレジデント吉田氏のインタビュー ハウステンボスでVRリズムアクション『Airtone』を4月28日から開始など
7 ソニーモバイル、映像にタッチ操作を加えPS4対応のポータブルプロジェクター「Xperia Touch」を6月24日に発売 価格は15万円前後を想定
8 フジTV、『360°まる見え!VRアイドル水泳大会』の新シリーズなどを提供開始…3D収録した映像も
9 ハウステンボス、AMG GAMESのVRリズムアクション『Airtone』を4月28日から開始
10 【Steam VRランキング(4月25日)】首位はVRアニメ『Project LUX』 SAT-BOXの『VR Sports』トップ3に
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム