Viveに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

防災教育にVR  煙に巻かれた状態で部屋から脱出する「防災VR/火災編」が提供開始…Youtubeでもプレイ中のビデオが公開

2017年01月11日 12時55分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
アイデアクラウドは、防災イベントや防災教育などで使える “煙に巻かれる”が体感できる「防災VR/火災編」の提供を本日(1月11日)より開始すると発表した。防災イベントや防災教育で、災害時の状況を事前にバーチャルリアリティ上で体験することで、災害に備え有事の際の対応を可能とすることを目指しているという。
 


<以下、プレスリリースより>
 

煙に巻かれる所から脱出までの体験をVRで

実際に煙に巻かれるといった体験する機会は少なく、有事の際に初めてという方がほとんどだと思います。「防災VR/火災編」では、ルームスケールに対応したHTC Viveを利用することで、実際に煙が充満した部屋から脱出する体験が可能です。

「防災VR/火災編」体験の流れ

1.煙が充満した部屋の中央からスタート
2.四方のいずれかの壁にランダムに脱出口が生成される 
3.煙が充満しているため、しゃがみこまないと脱出口を探せないため、しゃがみ込む 
4.煙は時間の経過と共に部屋全体を覆っていく 
5.脱出口にタッチするとクリア

体験時間はルームスケールの設定にもよりますが、おおよそ30秒~1分ほど。 多くの人に体験して頂けるように、体験時間を短くシンプルにしました。


防災VRの体験イベント活用

パッケージとなっており、VRコンテンツを開発するよりも安価な提供が可能です。 また起動時・クリア時に協賛企業などのロゴ表示も可能。 防災イベント・訓練・教育の現場で利用しやすい設計となっております。


あらゆる災害の経験を事前に体験し的確な行動を学べる 防災VRコンテンツを提供

「防災VR/火災編」に続き、「防災VR/地震編」「防災VR/津波編」といった、さまざまな災害や有事の体験ができるVRコンテンツを開発中。 VRで事前に災害の一部分を体験することで、有事の際に的確な判断ができるように訓練・教育時に導入して頂き、少しでも被害が軽減できるようなコンテンツを開発してまいります。

防災VR/火災編 WEBページ
http://ideacloud.tokyo/project/003.php

防災VR/火災編ムービー
https://www.youtube.com/watch?v=B5Jeg9d6SwI

VR事業ウェブページ 
http://vr-360.net

◆お問い合わせ先
株式会社アイデアクラウド
愛知県名古屋市中区丸の内1-17-19 キリックス丸の内ビル5F 
https://ideacloud.co.jp/ 
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Vive

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】国内PS STOREランキング カプコンの『KITCHEN』が首位に 『星の欠片の物語、ひとかけら版』も好調
2 【PSVR】ACライクなロボットACT『Code51:Mecha Arena』が北米でリリース
3 VR ZONE SHINJUKU、カラーチケット制を廃止 1day4チケットで同じアクティビティ4回も可能に
4 【おはようVR】『ドラクエVR』の新PVが公開 六本木に「PlayStationVR STREET」登場など
5 アルファコード、「安全教育ツール360°VR」を世界大手の建設用クレーンメーカー「タダノ」向けに提供
6 ユニットコム、Ryzen 5 1600とGTX 1060搭載の静音ミニタワーゲームPCを発売 147,938円(税込)から
7 【セミナーレポート】ロケーションVRの問題共有します ファンデーションは落ちない、その機材は本当に壊れている? 運営を通してわかった既存店舗との違いとは【後編】
8 TVアニメ『One Room』VRプロジェクト体験会を5月3日から秋葉原で開催
9 【PSVR】『アカウンティング+』が4月25日に国内でリリース
10 【おはようVR】『アカウンティング+』が国内リリース予定 Googleが3Dオーディオ SDKオープンソース化
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど