VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

VRで撮影した画像・動画を自由に配信!! 新プラットフォーム「VR-HUB」をスホが開始…コンテンツ内での課金機能も

2017年01月12日 16時18分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
スホは、本日(1月12日)にVRコンテンツ・360度カメラで撮影した画像・動画を自由に配信できるプラットフォーム「VR-HUB」のサービスを開始したと発表した。不足しているVR関連エンジニアや、自社でウェブサイトの作成・運営するにあたってのコストで二の足を踏んでいる企業などを対象としているという。

同社が提供するVR-HUBには大きく分けて2パターンあり、VRの利用方法によって適したサービスを利用できるという。
 

(1)VRコンテンツを配信したい

商品やサービスを強烈なビジュアルでアピールしたい広報や、イベントやライブを臨場感あふれる映像でマーケティングしたいご担当者様には月額VRコンテンツを配信できるプラットフォームを用意。

(2)オリジナルのVRコンテンツサイトがほしい

VRコンテンツ、360度写真の専用のプラットフォームを月額で提供。ロゴのカスタマイズも可能で視聴者にオリジナルのVR配信プラットフォームを製作。アプリも同時に提供され専用サイトとして利用が可能。

☆視線注目度測定機能
毎秒ごとにユーザーの視線を統計し、映像のどの部分が見られているかパーセンテージで表示ができるので、マーケティングにVRを利用された場合、視聴者の求めているものが明確に予測できる

☆課金機能
有料コンテンツの作成

☆コンテンツ内での課金システム
映像上で視聴者の選択肢によりストーリーが展開するRPGのようなコンテンツにも対応。選択肢の中で課金を取り入れることも可能。

アプリ(Android/iOS対応)も同時に提供されるため、パソコンではブラウザ上の操作を、スマートフォンでは端末の傾きに応じて視点を変えることができ、さらにゴーグル型のヘッドマウントを使用すれば、その場にいるようなバーチャルリアリティ(VR)の臨場感をできるという。

また高速配信でユーザーにストレスを感じさせることなく、画質も4Kまでのプレミアム画像にも対応しているとのこと。
 

スホ

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【インタビュー】PSVRはここから始まった、ソニーからSCEへの事業化までの道のり、嘘みたいな本当の話…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(1/5)
2 【インタビュー】SCEの始動、ゲームをより幅広い人へ、よりカッコイイものにしたかった…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(2/5)
3 【PSVR】マチ★アソビで『Fate/Grand Order VR』の先行体験会が開催 
4 【PSVR】クリスも登場する『バイオ7』の無料DLC「NOT A HERO」が配信日変更に【動画と追記あり】
5 gumi、会社分割を発表 VR事業をgumi VRとして分割
6 【おはようVR】SIE WWSプレジデント吉田氏のインタビュー ハウステンボスでVRリズムアクション『Airtone』を4月28日から開始など
7 ソニーモバイル、映像にタッチ操作を加えPS4対応のポータブルプロジェクター「Xperia Touch」を6月24日に発売 価格は15万円前後を想定
8 フジTV、『360°まる見え!VRアイドル水泳大会』の新シリーズなどを提供開始…3D収録した映像も
9 ハウステンボス、AMG GAMESのVRリズムアクション『Airtone』を4月28日から開始
10 【Steam VRランキング(4月25日)】首位はVRアニメ『Project LUX』 SAT-BOXの『VR Sports』トップ3に
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム