任天堂、SWITCHに関するVR事前登録記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

サラッと紹介 いよいよ詳細が発表された『Nintendo Switch』…そのスペックや予約開始日、発売されるソフトとは

2017年01月13日 19時33分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



任天堂は本日(1月13日)、東京ビッグサイトにて“Nintendo Switch プレゼンテーション 2017”を開催し、新しいゲーム機である「Nintendo Switch」の発売日や予約開始日、ハードウェアの詳細やゲームのラインナップなどを発表した。

本稿では、その発表内容をお伝えする。
 

■Nintendo Switch

Nintendo Switchは、家庭用据置型ゲーム機でありながらも、6.2インチのタッチスクリーン型液晶を搭載し外に持ち出してプレイも可能な新しいタイプのハードウェアだ。カラーは2色で「Joy-Con」と呼ばれる左右一体のコントローラーカラーを選択する。

「Joy-Con」は、グリップに付ければ、一般的なコントローラー。グリップから外して、それぞれが独立したコントローラーとして使用する設計だ。更にこのコントローラーには、振動機能や、モーションIRカメラが搭載されており、物の形や距離を読み取ることも可能だ。

また様々な形態で遊ぶことができ
 
▲ドックに差し込んでHDMIケーブルでTVに繋ぐTVモード。解像度は1920x1080のフルHDだ

▲背面のスタンドを立てて、本体のディスプレイでゲームを楽しむテーブルモード。バッテリー持続時間はゲームによるが約2.5~6.5時間程
 
▲「Joy-Con」というコントローラーを本体にセットし携帯ゲーム機のようにプレイする携帯モード


の3つタイプを選ぶことが可能だ。

マルチプレイ機能も搭載しており、本体を持ち寄って、周囲のユーザーと最大8台までの接続と、インターネットを通して、オンラインプレイも可能となっている。TVモードでプレイしているときは市販のLANアダプターを使用して、有線LAN接続にも対応している。

*オンラインプレイは有料となり、「Nintendo Switch」向けオンラインサービス(有料)に加入する必要がある。サービス自体は2017年秋に正式スタートするまで無料で利用が可能とのこと。
 

■発売日や予約時期

発売日は3月3日で日本、米国、カナダ、欧州主要国、豪州、香港などで同日発売となる。なお、日本国内での予約は1月21日から。

また原則、ゲームソフトの起動に販売地域によるリージョンロックをかけないことが発表されている。


■発売されるソフト

 

▲『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(3月3日発売)


▲『Splatoon2』(2017年夏発売)


▲『マリオカート8 デラックス』(4月28日発売)


▲『スーパーマリオ オデッセイ』(2017円冬発売)

以下、*タイトルのリンクはYoutubeへのリンク
 
▲左右の手でJoy-Conを持って遊ぶ、新作格闘スポーツ『ARMS』(発売日未定)


▲相手の“目”を見て遊ぶ『1-2-Switch(ワンツースイッチ)
 
また、『ドラゴンクエストX オンライン』、『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』、『ドラゴンクエストヒーローズⅠ・Ⅱ』、『スーパーボンバーマンR』、『ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ』、『ゼノブレイド2』。

更に『ファイアーエムブレム無双​』、『真・女神転生』、『The Elder Scrolls V: Skyrim』、スクウェア・エニックスによる新規RPG『Project OCTOPATH TRAVELER』など発表された。
 
会場にはセガの名越 稔洋氏、グラスホッパー・マニファクチュアの須田剛一氏も登壇している。
 

名越 稔洋氏曰く、セガは「Nintendo switch」に大変魅力を感じており参加をしたいと語った。また自身がクリエイターとしてもハードの魅力を感じており、新たなタイトルを検討し提案したいという。
 

須田氏は、お馴染みのプロレスネタをかぶせながら、トラヴィス・タッチダウンが「Nintendo switch」に帰ってくると明言。同ハードは、インディとメジャーを繋げる架け橋になるのではと語った。制作するゲームは、ハードとインディゲームの特異点になるようなもので、その中心にトラヴィスがいるとのこと。
 

■スペック
 
サイズ:縦102mm×横239mmx厚さ13.9mm(Joy-Con取り付け時※)
※アナログスティック先端からZL/ZR突起部分までの最大の厚さは28.4mm
質量:約297g(Joy-Con取り付け時:約398g)
画面:静電容量方式タッチスクリーン/6.2インチ液晶/1280×720ピクセル
CPU/GPU:NVIDIA社製 カスタマイズされたTegraプロセッサー
本体保存メモリー:32GB
※データを保存できる容量はシステム領域を除いた容量になります。
通信機能:無線LAN(IEEE 802.11 a/b/g/n/ac準拠)/Bluetooth 4.1
(TVモード時のみ、市販の有線LANアダプターを使用して有線LAN接続も可能)
映像出力:最大 1920×1080ピクセル60fps
※TVモード時にHDMIケーブル経由で出力
テーブルモード・携帯モードでは画面解像度に従い最大1280×720ピクセルになります。
音声出力:リニアPCM 5.1ch対応-TVモード時にHDMIケーブル経由で出力
スピーカー:ステレオ
ボタン:電源ボタン/音量ボタン
USB端子:USB Type-C™端子-本体の充電やNintendo Switchドックとの接続に使用
ヘッドホン-マイク端子:ステレオ出力
ゲームカードスロット:Nintendo Switchソフトのゲームカード専用
microSDカードスロット :microSD/microSDHC/microSDXCメモリーカード対応
※microSDXCメモリーカードを使用するには、インターネットに接続して本体更新が必要です。
センサー :加速度センサー/ジャイロセンサー/明るさセンサー
動作環境 :温度:5~35℃/湿度:20~80%
内蔵バッテリー:リチウムイオンバッテリー/電池容量 4310mAh
※内蔵バッテリーの取り外しはできません。交換が必要な場合は、任天堂サービスセンター(オンライン修理受付)で有償にて交換させていただく予定です。
バッテリー持続時間:約2.5~6.5時間
※遊ぶソフトによって、持続時間が変わります。 例えば『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』では約3時間です。
※目安の時間です。使用状況によって、短くなることがあります。
充電時間 約3時間
※本体をスリープして充電したときの時間


 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( SWITCH任天堂

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】『DEEMO』新作が発表 SMEの新レーベルUNITIESより
2 ドコモ、DayDream対応スマホ3機種を発表…「ジョジョ」コラボモデルや購入者全員にプレゼントする機種も
3 インフルエンサーマーケティングをビッグデータで解析 BitStarが分析ツール「Influencer Power Ranking」α版の提供開始
4 クリーク・アンド・リバー、ホテルのVR付き宿泊プランにVRゴーグルを提供へ
5 アマナイメージズ、360°パノラマ動画素材の取り扱い開始
6 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
7 富士通、Windows Mixed Reality用のヘッドセットを11月下旬から提供開始
8 【JVRS3レポート】SIE、Microsoft、HTCの3社がそれぞれの立場で語るVRを使った未来とは 
9 【PSVR】『Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト』、12月6日に無料で配信へ
10 【PSVR】『クーロンズゲートVR suzaku』10月26日発売決定 通常版と蓜島邦明氏の新録サウンド付き、PS4テーマ同梱バージョンも
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム