バイオハザード7、カプコン、PlayStation4、PlayStationVR(PSVR)に関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【イベントレポート】『バイオ7』完成披露会開催 新ムービーのお披露目、声優陣やメイプル超合金の登場…主題歌の生ライブも

2017年01月25日 00時00分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



カプコンは、1月24日、人気シリーズ『バイオハザード7 レジデント イービル』(以下、バイオハザード7)の完成披露会を東京都内で開催した。

同タイトルは、新たに制作されたゲームエンジン、主観視点による究極の没入感 ・PSVRはもちろん、4KやHDRなど最新のプレイ環境に対応している新作であり、超人気シリーズのナンバリングタイトルだ。

当日は、PVでも非常に特徴的だった楽曲の歌を担当したJordan Reyne(ジョーダン ・レイニー)さんをはじめ、 吹き替えを担当した実力派声優陣、お笑いコンビのメイプル超合金、そしてカプコンのプロデューサーである川田将央氏とディレクター中西晃史氏が一堂に集結。

同タイトルに関する魅力をそれぞれの視点から語ってくれた。

本稿では、そんな発売を2日後(1月26日)に控えた『バイオハザード7』完成披露会の会場の様子をお届けする。


■オープニングライブ、Jordan Reyneさんが主題歌を披露、元になった日本の童謡とは?
 

まず初めに登場したのはJordan Reyne(ジョーダン ・レイニー)さん、繊細さと力強さが入り混じった中にも、どこか懐かしさも漂う「Go Tell Aunt Rhody -Resident Evil-」を熱唱した。

懐かしさが漂う、というのも、楽曲は"むすんでひらいて"という日本の童謡をベースにしているからだという。ジョーダンさんはカプコンからすごく怖く作って欲しいという依頼を受けたとのことだ。"むすんでひらいて"のR18版を楽しんで欲しいと語った。

”Go Tell Aunt Rhody -Resident Evil-は公式サイトなどで聞くことができる。
 
 
■プロデューサーの川田氏・ディレクター中西氏が語る『バイオ7』、その意気込みとは

次にカプコンのプロデューサーである川田将央氏とディレクター中西晃史氏が登場。新しいトレイラーの紹介やストーリー解説などを行った。
 

▲プロデューサー川田将央氏(左)とディレクター中西晃史氏(右)
 

今回のストーリーは、

3年前に消息を絶った妻から届いた一通のメール。導かれるまま主人公=イーサン・ウィンターズは遠くル イジアナへと自動車を走らせる。辿りついたのは朽ちた廃屋。 そこは紛れもない“悪夢”への入り口だった...。

というもの。

川田氏は2週間ヨーロッパでツアーしておる、その仕上げを日本で取りかかれるということは光栄だと感想をまず述べた。

中西氏は「7」のコンセプトは恐怖。それを追求するために新エンジンを作り、緻密な映像表現を追求した」と語った。今回主観視点、アイソレートビューと呼ぶものになり、より自分が没入してるいるという感覚を目指しているとのことだ。

また今回、弾薬の一発一発が非常に重要になるのだという。


■吹き替えを担当した声優陣の収録秘話とは?
 

左から・木内 秀信さん(イーサン役)・樋口 あかりさん(ミア役)山路 和弘さん(ジャック役)伊沢磨紀さん(マーガレット役) 佐藤 せつじさん(ルーカス役) 小林 ゆうさん(謎の女性役)
 
続いて登場したのは、本作の吹き替えを務めた実力派声優陣だ。

主人公を担当した木内さんはなバイオハザード1からプレイしていたが、自分が主人公になるとはと感慨深そうに語った。

また主人公の妻・ミア役の樋口さんも同様にプレイしていたようだが、役としては一般人でびっくりしたとのこと。同シリーズに出てくる女性は超人的な役回りをするキャラクターもいるため意外だったのだろう。

これについて川田氏はヒーローチックなキャラではなく一般人に近いプレイヤーに近い役柄を演じて欲しかったと語った。更に「非常に良い演技をしていただいた。個性的なキャラを作っていただけた」と太鼓判を押す。
 

一方、狂人ファミリーとしか言いようがない「ベイカー家」について、邸の主・ジャック役の山路さんは「僕はビビリです。映像見てこれできるかなって思ったのを覚えている」という。

またジャックの妻役・伊沢さんは「新しい部自分を発見しました」とし、大声でヒステリックに喚く役回りであったためか、ストレス発散できたと嬉しいそう語った。

ベイカー家・長男役の佐藤さんもバイオシリーズのファンであり、久々に2をクリアしという。頭のおかしい一家なので怖くなるように喋れば喋るほど、スタッフさんがゲラゲラ笑っていて不安になったと明かした。

これについて中西氏は、ルーカスはベイカー家でも違うタイプで、多少の知性があり、"算数"程度はできるとのことだ。プレイヤーを振り回してくる役割であるとし、発言も面白く開発でも人気だという。

製作中の際に、ジャックの怒鳴り声が度々聞こえてくるため、フロアに緊張が走ったと振り返った。最後に謎の女性役の小林さんは、出演することができて嬉しいけど、その役柄上、何も喋っちゃいけないんんじゃないかと漏らした。

更に今回、生アフレコを実演。聴くものを圧倒する、いないはずのキャラクターがあたかもそこにいるかのような、クオリティの高い演技で会場を盛り上げた。特にベイカー家の生アフレコの迫力は凄まじいものであった。本編は日本語吹き替えでプレイすることを是非おすすめする。


■「私はTウィルスに感染した神取忍だ」、メイプル超合金登場
 

最後のゲストはメイプル超合金の2人だ。PVで公開された"あの"シーンを見立てたショートコントを見せてくれた。
 
 
まだ『バイオハザード7』の体験版はプレイしていないとのことで、その場で体験することに。実際にプレイを行っている間に、ゲーム中、主人公がある"脅威"から酷く傷つけられるシーンがあるのだが、目を疑うような方法でそれが癒されていくシーンがあった。

筆者はそれを見て大爆笑したのだが、このシーンについては物語りの伏線であり、ゲーム内できちんと説明が出るのとこだ。非常に楽しみである。

恐怖に対抗し打ち勝っていくゲームプレイになるという本作の発売は1月26日、もうすぐだ。楽しみに待っていよう。
 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( バイオハザード7PlayStation4PlayStationVR(PSVR)

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】フィルハーモニア管弦楽団、『The Virtual Orchestra』をリリース…奏者に包まれる3Dオーケストラ体験
2 【PSVR】次回販売の多くが5月27日見込み 本日(23日)より抽選を開始している店舗も
3 【PSVR】ゾンビ目線でクリス達を襲うCGムービー『バイオハザード:ヴェンデッタ』が無料リリース
4 【おはようVR】PSVRの販売日程は?…既に抽選開始店も gumi、マイクロソフトによる全面サポートでVR子会社を強化
5 【PSVR】コンパイルハート、『新次元ゲイム ネプテューヌVIIR』を発表 PS4だけでもプレイ可能
6 『グランツーリスモSPORT』日本国内でのクローズドベータテストを実施 テストプレイヤーの募集を開始…応募は6月上旬まで
7 gumi、VR子会社のインキュベーションプログラムの強化で、マイクロソフトによる全面サポートを発表
8 【PSVR】バンナムの『鉄拳7』、VRモード内容が明らかに
9 【SteamVRランキング】Illusion Rangerの新作FPS『Aeon』がTOP3へ VRパルクール『TO THE TOP』も上昇中
10 【PSVR】中国OASIS GAMES、『DYING: Reborn』などホラーゲーム2つをバンドルした"HORROR VR BUNDLE"をリリース
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム