ハコスコに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

VRを活用したネットショッピング ハコスコとCNSがマーケティング・パートナーシップを締結し「VR for EC」を発表

2017年01月27日 19時28分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


VRサービスのハコスコと、クリエイティブ・エージェンシーのシー・エヌ・エス(以下「CNS」)はマーケティング・パートナーシップを結び、様々な業種・コミュニケーションシーンにおけるVRの活用提案とコンサルティングを行うことを発表した。

CNS側は広告プロモーション領域でのノウハウを提供する。

企業の広告・マーケティング活動や、商品と消費者をつなぐコミュニケーションの中でのVR活用など、これまでのVRの利用用途として主流であるエンターテイメントの枠を超えた、新しいVRの発展を促進していくという。

なおその第一弾として、「VR for EC(Shopping)」をリリース。同サービスはVRならではの「自分以外の誰かの目線になれる」「ある世界に入り込める」という高い”自分ゴト化”の効果を利用したストーリーマーケティングをインターネットショッピングの入り口とし、憧れの世界(VR空間)の中で商品に触れ、そのVR空間の中から商品を購入することができるサービスと説明している。

<以下、プレスリリースより>

■VR for ECの世界観

ハコスコとCNS、マーケティング・パートナーシップを締結〜 サービスの第一弾として [VR for EC] を発表 〜株式会社ハコスコ!2017年1月27日 15時
ハコスコとCNS、マーケティング・パートナーシップを締結し、サービスの第一弾として[VR for EC]を発表。VRを全く新しいインターネットショッピングの入り口に。憧れの物語の中に入り、共感し、その世界の中でモノを買う。
株式会社ハコスコ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤井直敬、以下「ハコスコ」)とクリエイティブ・エージェンシーの株式会社シー・エヌ・エス(本社:東京都目黒区/代表取締役 加藤渉、以下「CNS」)はマーケティング・パートナーシップを結び、CNSの広告プロモーション領域でのノウハウと、ハコスコのVRプロモーションサービスを用いて、様々な業種・コミュニケーションシーンにおけるVRの活用提案とコンサルティングを行うことを発表しました。
 
企業の広告・マーケティング活動や、商品と消費者をつなぐコミュニケーションの中でのVR活用など、これまでのVRの利用用途として主流であるエンターテイメントの枠を超えた、新しいVRの発展を促進して参ります。
そして、その第一弾として、「VR for EC(Shopping)」をリリースします。
 
「VR for EC」はVRならではの「自分以外の誰かの目線になれる」「ある世界に入り込める」という高い”自分ゴト化”の効果を利用したストーリーマーケティングをインターネットショッピングの入り口とし、憧れの世界(VR空間)の中で商品に触れ、そのVR空間の中から商品を購入することができるサービスです。
 
■VR for ECの世界観
 
VR for EC

■CNSでの提供サービス

・商品特性に応じたVRコンテンツ制作またはコンサルティング
・ハコスコプレミアムアカウントサイト制作・管理
・VRコンテンツ内でのタグ付け代行
 
■今後リリース予定のVR for EC

日本のファッションブランド Room no.8にて、VRを活用したインターネットショッピングの開発を開始しました。
『大人の女性の日常に対応するアイテム、様々なシーンにちょうど良い服』をコンセプトとするRoom no.8。そんなRoom no.8を愛用する人達を紹介する記事[Room no.8な人達. . .]と連動し、その撮影の様子が覗ける360度ムービーを公開。

デザイナーの小島直子と記事に登場するモデル達の会話を通じ、ブランドの世界観に入り込み、記事で紹介されるメインアイテムだけでなく、アクセサリーや小道具にいたるまで、映像の中に登場するRoom no.8の全てのアイテムをその場で購入できるVRをリリースします。

第一弾はフリーアナウンサー坂田陽子が番組衣装の相談にRoom no.8を訪れ、衣装を決めていくまでの様子を公開します。
 
●株式会社ハコスコについて

株式会社ハコスコは誰でも手軽にVR機器を入手・体験できるよう、ダンボール製のVRゴーグル「ハコスコ」、専用アプリ、VRコンテンツからなる「スマホVRサービス」を提供。VRゴーグルの出荷台数40万、動画投稿数1万、登録ユーザー数4万人と国内最大級のVR配信プラットフォームであり、「ハコスコ」はスマホ型VRゴーグルの代名詞としても広く認知されています。

2016年日本アドバタイザーズ協会 Webグランプリ WEB人賞、先進映像協会 グッドプラクティスアワード2016 奨励賞受賞、2014年グッドデザイン賞受賞。

http://hacosco.com/
 
●株式会社シー・エヌ・エスについて

シー・エヌ・エスは、VRコンテンツ制作、アプリなどのICTツール開発や、グラフィックデザイン、Web、映像制作をはじめ、イベントの企画・演出・運営などを行うクリエイティブ・エージェンシーです。
http://cnsinc.jp
 
●Room no.8について

ルーム エイト(Room no.8)は、小島直子がデザイナーを務める日本のファッションブランド。
大人の女性の日常に対応するアイテム、様々なシーンにちょうど良い服がコンセプト。リラックス感がありつつもフォーマルにも着ることができる、女性をそっと美しく引き立てるワードローブを提案します。

http://www.room-no8.com/
 
●坂田陽子について

日本テレビ「news every.」のグルメレポートや、テレビ東京「ぴかぴかマンボ」に出演中のフリーアナウンサー。
https://www.instagram.com/yokosakata/?hl=ja

 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 モノビット、コンテンツ東京で「VR Voice Chat」の新しいVRデモを公開・・・声優の永恵由彩さんらが演じるキャラとの会話も
2 【PSVR】ゾンビシューター『Arizona Sunshine』がリリース PSVRシューティングコントローラーにも対応
3 コーエーテクモ、「VR SENSE」タイトルに『DOAX』、『戦国コースター』などを発表 筐体価格は320万円に(税抜)
4 ゲオ、PSVRの追加販売時の購買動向を発表・・・ソフト1位は『Farpoint』に
5 【VR センス発表会】襟川会長「3年以内で1000台が目標」 個人からの注文も明らかに
6 【PSVR】店舗の再販状況をお届け ヨドバシは店舗・ネット共に22日から販売中 ビックは24日に抽選販売へ 供給が追いついてきた?
7 【PSVR】『デレVR』の無料DLC「第3回アイドル追加」の情報追加 五十嵐響子ら20人が追加
8 【PS VR】個性的な機体達がアリーナを駆け巡る、全方位STG『Starblood Arena』を紹介
9 【おはようVR】ゲオ、7月15日にPSVRを再販 米でPSVRシューティングコントローラー対応の『Arizona Sunshine』リリースなど
10 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム