ワン・トゥー・テン・ホールディングスに関するVR製品情報記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ワントゥーテンHD、世界初のパラスポーツVRエンターテイメント“CYBER WHEEL”を開発…時速60kmの車椅子マラソンが追体験できる

2017年01月27日 20時42分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ワン・トゥー・テン・ホールディングスは、車椅子型VRレーサー“CYBER WHEEL”を開発したことを明らかにした。

これは、パラスポーツの一つである車椅子マラソンやレースを楽しく体験できる車椅子型VRレーサー。実際の車椅子マラソンでは、ロードレース用車いすの最高速度は60kmを越え、平均でも35kmにもなる。ヘッドマウントディスプレイを装着することで、その速さが体験できる。

同社によると、パラスポーツの普及の課題は、“自分ごと化”できていないことにあるという。その原因として、インストラクターも足りないため、 一般人が体験する場が少ないことにある。そこで新製品を通じて、エキサイティングで激しいパラスポーツを体験してほしいとのこと。
 


<プレスリリースより>


■仕様:
・全長:2150mm  幅 820mm 高さ 630mm
・重量:45kg
・乗車定員:1名
・ボディカラー:マットダークグレー、 グロスダークグレー、 ウレタン樹脂塗装仕上げ
・シート:グラスファイバー製
・タイヤ&ホイール:グラスファイバー製、 前輪 16インチ 後輪 26インチ


■特徴:
・5つのステージを駆け抜けるタイムトライヤル。 
・車椅子型の専用コントローラーを採用。 
・体感スピードは、 世界のロードレースと同じ速さを再現。 
・パラ選手のトップ選手のスピードを追体験可能。 


 ■使い方:
・車体に乗り、 VRを装着。 
・前傾姿勢になり、 車輪についたハンドリムを手で回す。 
・VR内の画面を進むことができる。 


■商品について:
実際のロードレース用車いす「SPEED KING」を車椅子メーカー株式会社ミキさまにご提供いただき、 設計の参考にしています。 
機体は、 FRP製のオリジナルボディ。 空力等を考慮し、 実際の未来の姿としての車椅子をデザインしました。 
※開発を行ったのはワントゥーテン及び株式会社スポーツイズグッド(以下、 SIG)です。 


■備考:
小学生(12歳)以下の方は、 VRの装着ではなく、 モニターを見ながらのトライアルをお願いしています。 




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 360Channel、倉持由香さんらの「VRグラドル女子会」が見逃し配信へ 企画会議や撮影の裏側もちらり
2 ハウステンボス、所有する無人島に「JURASSIC ISLAND」をオープン リアルな肉食恐竜に挑むAR STGを楽しもう
3 デル、Radeon RX Vega 搭載CPUを採用したハイエンドノートPC「New XPS 15 2-in-1」の販売を7月13日に開始
4 【PSVR】バンナム、『Ace Combat 7』のE3トレイラーを公開 会話のやりとりに垣間見るパイロット達の暗い影
5 ハコスコ、コスモポリタン サマーパーティーに360度撮影とカメラの提供へ 
6 理経、大阪市消防局が防災訓練用VRコンテンツ「避難体験VR」の採用を発表
7 【PSVR】『Arizona Sunshine』の「DEAD MAN DLC」が7月にリリース 「人類最後の日々へようこそ」と題した前日譚に
8 スペースリーとSTW、モルディブリゾートの観光VRコンテンツを店頭で展開開始
9 マスクメーカー「横井定」が開発するVR HMDカバー「VR GOGGLID」が6月20日より販売開始
10 マウスコンピューター、17.3型液晶と GTX 1050搭載のノートPC「m-Book W880シリーズ」販売開始
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど