ワン・トゥー・テン・ホールディングスに関するVR製品情報記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ワントゥーテンHD、世界初のパラスポーツVRエンターテイメント“CYBER WHEEL”を開発…時速60kmの車椅子マラソンが追体験できる

2017年01月27日 20時42分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ワン・トゥー・テン・ホールディングスは、車椅子型VRレーサー“CYBER WHEEL”を開発したことを明らかにした。

これは、パラスポーツの一つである車椅子マラソンやレースを楽しく体験できる車椅子型VRレーサー。実際の車椅子マラソンでは、ロードレース用車いすの最高速度は60kmを越え、平均でも35kmにもなる。ヘッドマウントディスプレイを装着することで、その速さが体験できる。

同社によると、パラスポーツの普及の課題は、“自分ごと化”できていないことにあるという。その原因として、インストラクターも足りないため、 一般人が体験する場が少ないことにある。そこで新製品を通じて、エキサイティングで激しいパラスポーツを体験してほしいとのこと。
 


<プレスリリースより>


■仕様:
・全長:2150mm  幅 820mm 高さ 630mm
・重量:45kg
・乗車定員:1名
・ボディカラー:マットダークグレー、 グロスダークグレー、 ウレタン樹脂塗装仕上げ
・シート:グラスファイバー製
・タイヤ&ホイール:グラスファイバー製、 前輪 16インチ 後輪 26インチ


■特徴:
・5つのステージを駆け抜けるタイムトライヤル。 
・車椅子型の専用コントローラーを採用。 
・体感スピードは、 世界のロードレースと同じ速さを再現。 
・パラ選手のトップ選手のスピードを追体験可能。 


 ■使い方:
・車体に乗り、 VRを装着。 
・前傾姿勢になり、 車輪についたハンドリムを手で回す。 
・VR内の画面を進むことができる。 


■商品について:
実際のロードレース用車いす「SPEED KING」を車椅子メーカー株式会社ミキさまにご提供いただき、 設計の参考にしています。 
機体は、 FRP製のオリジナルボディ。 空力等を考慮し、 実際の未来の姿としての車椅子をデザインしました。 
※開発を行ったのはワントゥーテン及び株式会社スポーツイズグッド(以下、 SIG)です。 


■備考:
小学生(12歳)以下の方は、 VRの装着ではなく、 モニターを見ながらのトライアルをお願いしています。 




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 モノビット、コンテンツ東京で「VR Voice Chat」の新しいVRデモを公開・・・声優の永恵由彩さんらが演じるキャラとの会話も
2 【PSVR】ゾンビシューター『Arizona Sunshine』がリリース PSVRシューティングコントローラーにも対応
3 コーエーテクモ、「VR SENSE」タイトルに『DOAX』、『戦国コースター』などを発表 筐体価格は320万円に(税抜)
4 ゲオ、PSVRの追加販売時の購買動向を発表・・・ソフト1位は『Farpoint』に
5 【VR センス発表会】襟川会長「3年以内で1000台が目標」 個人からの注文も明らかに
6 【PSVR】店舗の再販状況をお届け ヨドバシは店舗・ネット共に22日から販売中 ビックは24日に抽選販売へ 供給が追いついてきた?
7 【PSVR】『デレVR』の無料DLC「第3回アイドル追加」の情報追加 五十嵐響子ら20人が追加
8 【PS VR】個性的な機体達がアリーナを駆け巡る、全方位STG『Starblood Arena』を紹介
9 【おはようVR】ゲオ、7月15日にPSVRを再販 米でPSVRシューティングコントローラー対応の『Arizona Sunshine』リリースなど
10 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム