VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ここにドアを付けたらどうなる? 「神谷コーポレーション」のAR技術を駆使したアプリ『どこでもフルハイトドア』がバージョンアップ

2017年01月30日 16時10分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


神谷コーポレーションは、自宅にいながらフルハイトドア*体験ができるAR(拡張現実)技術をフル活用した無料アプリ「どこでもフルハイトドア」のバージョンアップを2月に行うことを発表した。

*「フルハイトドア」は、床と天井をつなぐドアの「壁面化」というコンセプトを元に制作された同社のブランドドア。

同アプリではスマホやアプリをかざすだけでフルハイトドアを設置した状態が確認できる。スクリーンショット機能も搭載されるため、想像力をめぐらして色々な場所で試してみるのも面白そうだ。


<以下、プレスリリースより>
 

神谷コーポレーションのスマホアプリ『どこでもフルハイトドア』は、お家に居ながらフルハイトドアのイメージを体験できる飛び出すカタログアプリ。話題のAR(拡張現実)技術で、指定の画像(マーカー)にスマホやタブレットをかざすだけでお部屋に本物そっくりの実物大フルハイトドアが現れます。実際のフルハイトドアの見え方を体験できるため、冊子のカタログよりもドア選びのイメージがつきやすいのが特長です。

現れたフルハイトドアはCGとすぐには気づかないほどリアル。開口部のサイズに合わせてドアの高さや角度も簡単に変えられ、天井までの高さのフルハイトドアのイメージがよくわかります。スクリーンショット機能もあるので自宅でチェックしたドアの画像を保存して打ち合わせの場で使うこともできます。
 

操作はとても簡単。1タップで透明ガラスをくもりに変更したり、ドアの色やデザインの変更も楽々です。一覧から好きなハンドルを選んでタップし、拡大されたハンドルを指先で360度回して詳細を確認できます。また、ドアを開けて人が出てきたり、ペットドアを可愛いワンちゃんがくぐってきたりとお子様と一緒に楽しみながらフルハイトドアのイメージを体感できます。隠れキャラのライオンもぜひ探してみてください。
 



今回のアップデートは新作Terraceシリーズや、プレミアムなフルハイトドアGRAN ARTシリーズを追加して2月頃リリース予定です。どうぞお楽しみに!
 

今回のアップデートは新作Terraceシリーズや、プレミアムなフルハイトドアGRAN ARTシリーズを追加して2月頃リリース予定です。どうぞお楽しみに!

◇アプリ概要
アプリ名 :どこでもフルハイトドア
利用料:無料
対応機種:タブレット端末、スマートフォン(Android、iPhone、iPad)
推奨OS:Android 4.0以上、iOS 7.0以上
詳細ページ:http://www.kamiya-yokohama.co.jp/app/
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【インタビュー】VRを創りたいクリエイター達のパッション、PS VRの開発からVR元年まで…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(4/5)
2 【インタビュー】PS VRはここから始まった、ソニーからSCEへの事業化までの道のり、嘘みたいな本当の話…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(1/5)
3 【インタビュー】ハードの開発はソフトチームとの共同製作へ 新たに生まれたシナジーとは…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(3/5)
4 【PSVR】PS STOREでVRタイトルが期間限定セールを開始 『Rez Inifinite』『DOAX』『バイオ7』など計42本…最大60%引き
5 【インタビュー】SCEの始動、ゲームをより幅広い人へ、よりカッコイイものにしたかった…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(2/5)
6 イオンレイクタウン VR Center、GW限定でホラーコンテンツ『オバケリアVRクリーピングテラー』を含めた複数の機種を導入
7 【PSVR】DMM、Ver3.00でVRモードに対応 "様々"なコンテンツがVRで視聴可能に
8 【PSVR】韓国SKONEC、FPS『Mortal Blitz』日本国内で販売開始 グロッキーフィニッシュでスタイリッシュにキメる
9 【おはようVR】SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く第3回 PSVRを使ってDMMのVRコンテンツが再生可能になど
10 グリー、アミューズメント施設向けとモバイル向けVRに注力する方針…荒木氏が明かす
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム