コロプラに関するVR決算記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【コロプラ決算説明会 VR関連】馬場社長「『バイオ7』はようやく出た一般の人がやりたいと思うVRコンテンツ」 大作VRゲームでチャンス伺う

2017年02月01日 21時20分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


「カプコンさんから『バイオハザード7』が発売され、ようやく一般の人がやりたいと思うようなコンテンツが出てきた」

コロプラ<3668>の馬場功淳社長は、2月1日に開催された証券アナリスト・機関投資家向けの決算説明会で、本格的なVRコンテンツが登場したことを諸手を挙げて歓迎した。




 
 

なお、コロプラは、VR事業への取り組みに関して、VRトライアングル戦略という3つの軸に沿って足場を固めている状況だという。

1つは、VRファンドを組成して、有望なスタートアップへの投資を行なう。先に「VRファンド2」を「1」と同規模(5000万ドル)で再組成することを発表している。2つ目は、子会社360Channelによる360度動画の展開だ。2016年5月のサービス開始時には、6ch・22コンテンツから、直近では34ch・178コンテンツへ急増したと説明した。

そして、3つ目の柱は得意とするゲーム製作の領域だ。期中はPlayStationVR(以下、PSVR)向けに「Fly to KUMA」、Oculus Rift(Oculus Touch専用)向けとして『Fly to KUMA MAKER』と『Dig 4 Destruction』の3本のVRゲームをリリースした。

PSVRが今も品薄の状態になるなど、VR市場のニーズは旺盛だ。ハードの普及が事業拡大の大前提とした上で、いわゆる大作と呼ばれるタイトルの準備をしつつ、かつてスマホゲーム市場の拡大期で成し遂げた急成長の再現を狙う。

 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( コロプラ

ピックアップ

記事ランキング

1 【インタビュー】VRを創りたいクリエイター達のパッション、PS VRの開発からVR元年まで…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(4/5)
2 【インタビュー】PS VRはここから始まった、ソニーからSCEへの事業化までの道のり、嘘みたいな本当の話…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(1/5)
3 【インタビュー】ハードの開発はソフトチームとの共同製作へ 新たに生まれたシナジーとは…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(3/5)
4 【PSVR】PS STOREでVRタイトルが期間限定セールを開始 『Rez Inifinite』『DOAX』『バイオ7』など計42本…最大60%引き
5 【インタビュー】SCEの始動、ゲームをより幅広い人へ、よりカッコイイものにしたかった…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(2/5)
6 イオンレイクタウン VR Center、GW限定でホラーコンテンツ『オバケリアVRクリーピングテラー』を含めた複数の機種を導入
7 【PSVR】DMM、Ver3.00でVRモードに対応 "様々"なコンテンツがVRで視聴可能に
8 【PSVR】韓国SKONEC、FPS『Mortal Blitz』日本国内で販売開始 グロッキーフィニッシュでスタイリッシュにキメる
9 【おはようVR】SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く第3回 PSVRを使ってDMMのVRコンテンツが再生可能になど
10 グリー、アミューズメント施設向けとモバイル向けVRに注力する方針…荒木氏が明かす
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム