シリコンスタジオに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

シリコンスタジオ、VRにも対応したC#で開発できるゲームエンジン『Xenko』を4月に正式リリース 

2017年02月27日 12時46分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



デジタルコンテンツ関連ビジネスを展開するシリコンスタジオ<3907>は、C#で開発できるオープンソースの次世代型ゲームエンジン『Xenko』を 4月に正式リリースすると発表した。
■Xenko

『Xenko』は C#で開発できる次世代型クロスプラットフォームゲームエンジンで、開発チームの「すべてのゲーム開発者に、より早く・より自由にゲームを作れる環境を提供したい」という想いを軸に、インディーデベロッパーから大手ゲーム開発会社に至るまで様々なニーズに対応できるよう設計されている。

また、最新型の PBR(Physically Based Rendering:物理ベースレンダリング)技術を始め、デザイン・オブジェクトの保持・再利用・レビューを効率的に行うためのシーンエディター、ビルトイン・プレハブシステム、シーンストリーミングシステムなどの機能も備わっている。

更にプラットフォーム間でシェーダーを共通化できる最新のシェーダーシステムを採用、コードはエンジンの深部まで調査できるよう”オープンソース”として公開している。
 

*2月27日17時50分動画追加
 






先進的なプレハブで編集作業を軽減

『Xenko』の先進的なプレハブシステムは、ゲームのオブジェクトを個別に編集することができます。変更を加えた際はオブジェクトを含むシーンやレベルは自動且つリアルタイムに更新。加えて、テンプレートオブジェクト(プレハブ)はシーンエディターに取り込まれた後は自由に調整・変更することができる。

後から元のテンプレートオブジェクトに追加修正を加えた場合でも、その変更は自動的に反映されシーンエディター内の変更を加えたオブジェクトにマージされる。更に複数のテンプレート(プレハブ)を組み合わせて全く新しいテンプレート(プレハブのネスト化)を作ることができる。

元のテンプレートに加えた全ての変更は自動的に反映されるようになっている。
 

工程 1:シーンに電灯オブジェクトを入れる


工程 2:電灯にライトを追加すると自動的にシーンにもライトが追加される。


工程 3:シーンの右電灯のライト半径を広げる 


工程 4:元の電灯オブジェクトのライト電力を下げる。自動的にシーンの電灯が更新され、ライト半径は保持される。


詳細な設定無しでライトプロッブによる自然なライティングが実現可能

ライトプロッブとは、周りのオブジェクトから自動的に間接ライトの影響を計算するグロバールイルミネーション技術。例えば光源が白くても、シーンの中に赤いオブジェクトがあればそのオブジェクトが周りに赤色の影響を与える。

『Xenko』のライトプロッブ技術は Pixel ごとに間接ライトの影響を計算するので、大きい静的なオブジェクトにも動的なオブジェクトにも柔軟に対応することができ、とても便利な機能と言える。シーンごとに手動で光源を設定する必要がほとんど無いため、簡単かつ効率的に自然なシーンを作ることができる。
 




『Xenko』のライセンスプラン

公式サイトにて近日中に公開予定。(公式サイトにてご希望の有料・無料プランを選択することで利用可能)

http://xenko.com

今後の追加予定機能:
1. VR に極上なパフォーマンスを与える NVIDIA VRWorks 技術対応
2. 背景にリアリスティックライティングを与えるライトマッピング技術対応
3. アニメーション・エフェクト・イベント等をスケジューリング出来るカットシーンエディターの追加 など。


■ 開発時の動作環境
 
Requirement Specifications
Hard drive space Direct3D10 以降をサポートするグラフィックボード
Supported platform Android、iOS、Windows Desktop、Xbox One
IDE for writing code http://xenko.com/
CPU x64
GPU DirectX 10+ compatible GPU
RAM 4GB (minimum), 8GB (recommended)
 
Platform Requirements
Android Xamarin license*
iOS Mac computer, Xamarin license*


■シリコンスタジオ株式会社について
当社は世界最高レベルの技術力をもって創る人と愉しむ人に感動を与えることを目指す企業です。ゲームや映像制作スタジオ向けに3DCG 技術等を提供する開発推進・支援事業、一般ユーザー向けにゲームコンテンツを開発・提供するコンテンツ事業、クリエイター
職の派遣・紹介に特化した人材事業の 3 事業を展開しております。企画、技術、人材、運営など、ゲーム企業が抱えるすべての課題をワンストップで解決できることが強みです。

http://www.siliconstudio.co.jp/

©Silicon Studio Corp., all rights reserved.
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【TGS2017】バンナム、NTTドコモ5G回線を使用した『ソードアートオンライン』VRプロジェクトを発表【追記あり】
2 【体験レポート】『囚われのパルマ VR面会』 体験者の"動き"に反応する彼らの日常へ…もっとそばに、より近く  
3 【TGS2017】デル、WindowsMR対応ヘッドセット『Dell Visor』を発表 10月中旬に先行予約、11月後半に出荷へ
4 【TGS2017】『バイオ7 NOT A HERO』のプレイムービーを初公開 重火器を使ってモールデッドを一掃
5 アイディアクラウド、「OkeruAR(置けるAR)」を配信開始 置いてみないと分からないを解決へ
6 【おはようVR】吐息すら感じる『パルマVR』体験レポート USJに『FF』のXRライド登場など
7 越谷レイクタウンや幕張イオンスタイルなどで、PS VRの体験会と販売会を実施 9月23日より
8 【TGS2017】アルファコードブースは8KVR動画ソリューション「VRiderシリーズ」が出展 『レジェンヌ』などスマートフォンアプリも
9 【TGS2017】VRマンガ x VRゲーム  EXPVRが感情移入抜群のコミックヒーローACT『BE THE HERO』を出展
10 【TGS2017】MyDearest、「VR×ライトノベル」「VR×マンガ」などのフルダイブシリーズを出展 
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム