Gatebox、ウィンクルに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

IoT製品の企画・開発のウィンクル、LINEと資本業務提携 好きなキャラと暮らせるバーチャルホームロボ「Gatebox」の共同開発を開始…エンジニア人材の募集も

2017年03月03日 12時05分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
IoT製品の企画・開発を手掛けるウィンクルは、LINEとの資本業務提携を締結、LINEとNAVER Corporationが共同で開発したクラウドAIプラットフォーム「Clova」を活用して、好きなキャラクターと一緒に暮らせる世界初のバーチャルホームロボット「Gatebox」の共同開発を開始すると発表した。

同社はLINEとの資本業務提携を行い、連結子会社としてLINEグループへ加わっている。経営体制強化のため、3月1日付でLINE CSMO舛田淳氏が社外取締役に就任。 また、現社外取締役のプライマルキャピタル佐々木浩史氏は、戦略顧問として引き続き当社経営に参画するという。

この提携を通じて、クラウドAIプラットフォーム「Clova」やLINEが保有する各種サービスと連携し、キャラクターとのより自然なコミュニケーションの実現やスキルの増大に取り組んでいく、と説明している。

Gateboxは、好きなキャラクターと一緒に暮らせる世界初のバーチャルホームロボット。最新のプロジェクション技術とセンシング技術を組み合わせることで、キャラクターをボックス内に呼び出してコミュニケーションをとることができる。

朝になると主人を起こし、夜に主人が帰宅すると優しく出迎えるといった、一緒に暮らしているからこそのリアルなコミュニケーションを楽しめるだけでなく、インターネットや家電等との通信により、天気情報を伝えてくれたりテレビをつけてくれたりといった、日常生活のサポートなどが可能となる。
 


■これまでの歩み

昨今のスマートホーム市場やロボット産業の盛り上がりを受け、Amazon EchoやGoogle Homeに代表されるようなホームロボットの家庭への急速な普及を予測。その中でウィンクルは、従来の機械的なロボットではなく、より親しみの持てるバーチャルなキャラクターをインターフェースとして活用したロボット、「Gatebox」の開発に2015年頭より取り組んでいる。

その後、度重なる研究開発を経て、2016年1月に好きなキャラクターと一緒に暮らせる世界初のバーチャルホームロボット「Gatebox」のコンセプトを発表、9月にはイベントでの限定公開を実施し、 12月には日米を対象に298,000円(税抜)にて限定予約販売を開始。

予約台数は初日で100台を突破し、1ヶ月で当初予定台数の300台を達成した。また、予約販売と同時に公開したプロモーションムービーは瞬く間に世界中のメディアに取り上げられ、現在ではYouTubeで150万再生を超えている。
 
 

■人材募集について

ウィンクルは、これまで一貫して「人とキャラクターが共に暮らす世界の実現」を目指し、Gateboxの開発を続けており、今後もビジョンは変わることなく、秋葉原から世界へ革新的な製品を提供していくという。

LINEとの提携に伴い、Gateboxの開発体制を大幅に強化する。同社の保有するプロジェクション技術やセンシング技術、さらにLINEの保有するAIや各種サービスを活用することで、GateboxをAmazon EchoやGoogle Homeなどの既存のホームロボットを超える圧倒的なプロダクトへと成長させるため、大規模な人材募集を開始するとのこと。

職種は電子回路設計エンジニア、メカ設計エンジニア、iOS/Androidアプリエンジニア、node.jsエンジニア、機械学習エンジニア、3DCGデザイナーを中心に、10〜20名。

今回の人材募集により、ウィンクルは本年度中に現在の15名から2倍となる30名規模の人員体制を計画している。特に、これまで大手メーカーで家電やパソコンの開発に携わってきたハードウェアエンジニアやIoTの領域にチャレンジしたいソフトウェアエンジニアからの積極的な応募を期待しているという。

ウィンクル公式サイト 採用ページ
http://vinclu.me/recruit
 

■株式会社ウィンクルについて

ウィンクルは、「クレイジーメイカー」をスローガンに掲げ、クレイジーで革新的な製品を生み出すことを志して活動する企業。現在は、バーチャルなキャラクターが人々と共に暮らす世界の実現を目指し、バーチャルホームロボット「Gatebox」の企画・開発を手がけている。
 
<会社概要>
社名 :株式会社ウィンクル
所在地 :東京都千代田区神田佐久間町2-18 化粧ビル5F
代表者 :代表取締役 武地 実
事業内容 :IoT製品の企画・開発
企業URL :http://vinclu.me
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】PS4アップデート内容公開 VR時のコメント表示やBlu-ray再生時の7.1chバーチャルサラウンド機能など
2 【SteamVRランキング8/18】 本日発売『VR戦艦大和』が首位で出港 アイドルプロジェクト『Hop Step Sing!』の新曲が3位など、上位6つを国産タイトルが占める
3 参加者が体験する「POOL JAM EXPO 2017」が開催 子供も体験可能なVRラフティングやプールサバゲー、泳げるナイトプールなど
4 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
5 【PSVR】SIE、映画『仮面ライダーエグゼイド』コラボ第2弾を無料配信 VRとTVを使った協力プレイが可能に
6 VRコンソーシアムとVRSJ、9月14日から筑波で「JAPAN VR EXPO 2017」を開催 
7 神田技研、実物大を体感する『VR戦艦大和』Steam版をリリース 酔いにくいワープモードやVRを使わない2D-FPSモードの搭載も
8 【SteamVRランキング8/16】 『ぎゃる がんVR』が首位 リリース直後のVRホラー『CHAINMAN』が早くも2位に…国内新作VRタイトルが好調
9 【インタビュー】『バイオ7』の振り返り、そしてクリスが主役の「Not A Hero」の展望とは…カプコンのVRへの取り組みについて川田氏、高原氏に聞く(後編)
10 MyDearestのVR×ライトノベル『Innocent Forest』がネットカフェでプレイ可能に リリース記念で小林裕介さんらの直筆サインも
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム