VR JAPANに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

クリーク&リバー、ハウステンボスにホラーや恋愛などのVRコンテンツやHMD「IDEALENS K2」を提供

2017年03月03日 12時40分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


クリーク・アンド・リバー社<4763>は、本日(3月3日)、ハウステンボスの新VRアトラクション施設に、同社が企画・制作したオリジナルのVRコンテンツ提供すると発表した。

さらに、子会社のVR Japan及び、当社が取り扱うスタンドアロン型(一体型)のVRヘッドマウントディスプレイ(HMD) 「IDEALENS K2 (アイデアレンズ ケーツー)」の提供も行う。

当社保有のゲームエンジンで開発したVRコンテンツは、 恋愛シミュレーションVR「迫りくる愛のささやき」、4人同時対戦のブロック崩しVRゲーム「ブロックブレイカー」、心霊ホラー体験「VR心霊百物語」の3種類。

VRの特徴を活かし日常生活ではなかなかできない体験を、360°の迫力ある映像と音声で楽しめる内容になっているという。

なお、これらの3つのアトラクションには「IDEALENS K2」が使用することが決定している。

また、VRで世界旅行体験する「DRAGON WORLD TOUR(ドラゴン ワールド ツアー)」 のアトラクションでも、「IDEALENS K2」を採用。「IDEALENS K2」は、ピント調整不要で着脱が容易にできて装着感も軽いため、若年層から高齢の方まで簡単に使える、アトラクションに最適なHMDだという。

「IDEALENS K2」は、現在、研究開発用に試験販売を行っており、近日中に正式販売する予定とのこと。


■ハウステンボス向けの当社コンテンツ紹介

・「迫りくる愛のささやき」(場所:VRの館、定員:8名/1回、時間:約2分間)
 

・「ブロックブレイカー」(場所:VRの館、定員:8名/1回、時間:約5分間)
 

4人同時対戦のブロック崩し。相手の順番で崩れるようにうまく狙って、高層ビルのような超巨大のブロックを崩す対戦型VR。


・「VR心霊百物語 ~廃病院~」(場所:スリラーシティ、定員:8名/1部屋、時間:約10分間)
 

実在心霊スポットを散策。廃病院を取材したTVスタッフが行方不明に。残されたカメラに映っていたのは・・・!ホラーVR。

▼ハウステンボスへのアクセスや入場チケット料金、その他詳細は、ホームページにて確認しよう。
https://www.huistenbosch.co.jp/


■「IDEALENS K2」について

「IDEALENS K2」は、視野角120°、タイムラグは17ms(ミリ秒)、質量は本体部分で約295 g(グラム)と高いスペックを実現したケーブルレスのスタンドアロン型(一体型)VRヘッドマウントディスプレイ。PCやスマホを用意する必要がなく単体で使用可能なため、室内に限らず、屋外でも楽しむことができます。


■「IDEALENS K2」 製品概要

商品名 : IDEALENS K2 (アイデアレンズ ケーツー)
外形寸法 : HMD*本体部分のみ: 129mm x 183mm x 105mm
質量: HMD*本体部分のみ: 約295g
ディスプレイ方式     : OLED
ディスプレイ解像度 : 1200 x 1080 x 2
視野角 : 120°
リフレッシュレート : 90Hz
遅延 : 17ms
搭載センサ : 6軸検出センサ(3軸ジャイロ・3軸加速度)、3軸地磁気センサ、光距離センサ、温度センサ
各センサ応答時間 : ≤2ms
プロセッサ : CPU/ Exynos 7420    GPU/ Mali-T760 MP8
メモリー : ROM/ 32G eMMC (OS、内蔵ソフトを含む)   RAM/3G LPDDR3
拡張メモリー : micro SD (最高128G)
Wi-Fi : 2.4G/5G 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth : 4.0、3.0、2.0
接続端子 : micro USB 2.0端子、 3.5mm ステレオヘッドフォン端子
充電 : 約3.5時間(2A急速充電対応)
電池消費時間 : 約2~6時間(コンテンツによる)
価格 :3,499元(中国国内)
発売 : 2016年9月中国にて発売開始。日本でも近日中に正式販売予定。
現在、株式会社VR Japanおよび当社より、研究用に試験販売(オープン価格)を行っております。

■Idealens Technology Co., Ltd.  (アイデアレンズ社)会社概要

Idealens Technology Co., Ltd.(アイデアレンズ社)は、VRプロダクトの研究開発、VRコンテンツの配信サービスを行っている。2015年7月にAndroidを基に独自開発したVR専用OSを搭載した、PC・スマホ接続不要の世界初一体型VRデバイスの量産化を発表して以来、世界中の消費者に向けて、最高のVRプロダクトとコンテンツを提供するために研究・開発に専念している。

社 名:Idealens Technology Co., Ltd.
本 社:Sichuan, Chengdu, Tianfu Software Park, CHINA
設 立:2014年
代 表 者:宋海涛
事業内容:VR関連製品機器の企画・開発・販売およびVRソフトウェア(プラットフォームを含む)の開発・運用
URL:http://www.idealens.com/

■株式会社VR Japan 会社概要

社 名:株式会社VR Japan
所 在 地:東京都千代田区麹町二丁目10番9号 C&Rグループビル
設 立:2016年8月19日
代 表 者:代表取締役社長 青木克仁
事業内容:アイデアレンズ社製品の日本における独占販売やマーケティング、プラットフォームの運営管理

■株式会社クリーク・アンド・リバー社 会社概要

社 名:株式会社クリーク・アンド・リバー社
本 社:東京都千代田区麹町二丁目10番9号  C&Rグループビル
設 立:1990年3月
代 表 者:代表取締役社長 井川幸広
ネットワーク:東京・大阪・札幌・仙台・大宮・横浜・名古屋・京都・神戸・高松・広島・福岡・熊本・那覇/韓国・上海・北京・カリフォルニア
事業内容:クリエイティブ・建築・ファッション・食・研究のプロフェッショナルに特化したエージェント、プロデュース、アウトソーシング、 著作権及びコンテンツの管理・流通。グループには、医療・IT・法曹・会計分野がある。
URL:http://www.cri.co.jp
http://www.creativevillage.ne.jp/lp/vr/(VR/AR事業ページ)
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( VR JAPANクリーク・アンド・リバー社Idealens Technology

ピックアップ

記事ランキング

1 【TGS2017】バンナム、NTTドコモ5G回線を使用した『ソードアートオンライン』VRプロジェクトを発表【追記あり】
2 【体験レポート】『囚われのパルマ VR面会』 体験者の"動き"に反応する彼らの日常へ…もっとそばに、より近く  
3 【TGS2017】デル、WindowsMR対応ヘッドセット『Dell Visor』を発表 10月中旬に先行予約、11月後半に出荷へ
4 【TGS2017】『バイオ7 NOT A HERO』のプレイムービーを初公開 重火器を使ってモールデッドを一掃
5 アイディアクラウド、「OkeruAR(置けるAR)」を配信開始 置いてみないと分からないを解決へ
6 【おはようVR】吐息すら感じる『パルマVR』体験レポート USJに『FF』のXRライド登場など
7 越谷レイクタウンや幕張イオンスタイルなどで、PS VRの体験会と販売会を実施 9月23日より
8 【TGS2017】アルファコードブースは8KVR動画ソリューション「VRiderシリーズ」が出展 『レジェンヌ』などスマートフォンアプリも
9 【TGS2017】VRマンガ x VRゲーム  EXPVRが感情移入抜群のコミックヒーローACT『BE THE HERO』を出展
10 【TGS2017】MyDearest、「VR×ライトノベル」「VR×マンガ」などのフルダイブシリーズを出展 
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム