DYING: Reborn PSVR、OASIS GAMES、PlayStationVR(PSVR)に関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【PSVR】中国Oasis Games、ホラーゲーム『DYING: Reborn PSVR』を海外で配信中 日本語字幕に対応も

2017年03月08日 12時06分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
中国・香港を拠点とするOASIS GAMESは、米PlayStationStoreにおいてホラーゲーム『DYING: Reborn PSVR』をリリースした。価格は9.99米ドル(日本円で約1137円)

同タイトルは、アナログスティックを操作することで移動する1人称視点のパズル要素のある脱出ホラーゲームだ。プレイヤーは主人公マシューとなり、閉ざされたホテルから妹を救出し、脱出することができるか?
 





日本語字幕にも対応している。のだが、漢字が独特の文字であることと、ところどころ文法が怪しい点もあるようだ。

なお、PSVR版はPS4版などの『DYING: Reborn』の3つの章の要約版となる。米PS STOREでの評価は3.7と悪くない評価だ。日本での発売は未定となっている。
 

公式サイト


©2012-2016 OASIS GAMES LIMITED. All rights reserved.
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( OASIS GAMESPlayStationVR(PSVR)DYING: Reborn PSVR

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】国内PS STOREランキング カプコンの『KITCHEN』が首位に 『星の欠片の物語、ひとかけら版』も好調
2 【PSVR】ACライクなロボットACT『Code51:Mecha Arena』が北米でリリース
3 VR ZONE SHINJUKU、カラーチケット制を廃止 1day4チケットで同じアクティビティ4回も可能に
4 【おはようVR】『ドラクエVR』の新PVが公開 六本木に「PlayStationVR STREET」登場など
5 アルファコード、「安全教育ツール360°VR」を世界大手の建設用クレーンメーカー「タダノ」向けに提供
6 ユニットコム、Ryzen 5 1600とGTX 1060搭載の静音ミニタワーゲームPCを発売 147,938円(税込)から
7 【セミナーレポート】ロケーションVRの問題共有します ファンデーションは落ちない、その機材は本当に壊れている? 運営を通してわかった既存店舗との違いとは【後編】
8 TVアニメ『One Room』VRプロジェクト体験会を5月3日から秋葉原で開催
9 【PSVR】『アカウンティング+』が4月25日に国内でリリース
10 【おはようVR】『アカウンティング+』が国内リリース予定 Googleが3Dオーディオ SDKオープンソース化
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど