DYING: Reborn PSVR、OASIS GAMES、PlayStationVR(PSVR)に関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【PSVR】中国Oasis Games、ホラーゲーム『DYING: Reborn PSVR』を海外で配信中 日本語字幕に対応も

2017年03月08日 12時06分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
中国・香港を拠点とするOASIS GAMESは、米PlayStationStoreにおいてホラーゲーム『DYING: Reborn PSVR』をリリースした。価格は9.99米ドル(日本円で約1137円)

同タイトルは、アナログスティックを操作することで移動する1人称視点のパズル要素のある脱出ホラーゲームだ。プレイヤーは主人公マシューとなり、閉ざされたホテルから妹を救出し、脱出することができるか?
 





日本語字幕にも対応している。のだが、漢字が独特の文字であることと、ところどころ文法が怪しい点もあるようだ。

なお、PSVR版はPS4版などの『DYING: Reborn』の3つの章の要約版となる。米PS STOREでの評価は3.7と悪くない評価だ。日本での発売は未定となっている。
 

公式サイト


©2012-2016 OASIS GAMES LIMITED. All rights reserved.
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】3月25日、店舗の販売再開状況をお届け ヨドバシカメラの一部店舗では先着ではなく抽選販売に変更も
2 スクエニとグリーが共同開発する『乖離性ミリオンアーサーVR』が売り切りコンテンツとしてSteamに掲載へ リリースは近日公開予定に
3 シーエスレポーターズ、キンプリのスマホ向けVRアプリ『キンプリVR おひるね撮影会』の発売を発表 AnimeJapanではデモ版の体験も
4 【PSVR】SIE、PS STOREでVRに対応した9タイトルを3月29日までセール中 最大50%引き
5 【おはようVR】『バイオ7』メイキング公開、ファミリーは犬を飼っていた? SIE中国ゲーム開発サポートプロジェクト「China Hero Project」で10タイトル選出
6 今晩放送のタモリ倶楽部は「VRマシーン完全レポート」
7 HTC、VIVE購入者 先着1500名限定で『乖離性ミリオンアーサーVR』と『エニグマスフィア』がもらえるキャンペーンを開催
8 Paneo、コミュニケーションができるVRアプリ『EmbodyMe』を配信 顔写真から自分そっくりの3Dモデルも自動生成
9 VR CenterとH.I.S.、「VR旅行無料体験会」イベントを開催 旅行を仮想体験するとリアル旅行も当たる
10 【PSVR】カプコン、『バイオ7』開発者インタビューを通したメイキング動画を公開 ファミリーは犬を飼っていた?息を止めるアイディアも
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム