VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ソニー、HMDなしのVR体験システムなどを初公開 米で開催中の世界最大の見本市「SXSW2017」で

2017年03月12日 22時00分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


ソニー<6758>は、米国にて開催中の世界最大級のクリエイティブ・ビジネス・フェスティバル「SXSW(サウス バイ サウスウエスト)2017」において、未公開技術やプロトタイプなどを集めた“The WOW Factory”オープンした。

同社のブースでは、初公開となるヘッドマウントディスプレイ(以下、HMD)を使わないVR体験システム「Immersive Space Entertainment」などを含む最新技術やプロトタイプの展示、ソニーグループのエンタテインメントコンテンツと組み合わせたアトラクションなど、全13プロジェクトが展示される。
 

【開催概要】
<展示実施日時(インタラクティブフェスティバル)>
2017年3月12日(日)~14日(火)10:00~20:00

■インタラクティブフェスティバル:主な展示内容のご紹介

・Immersive Space Entertainment


ヘッドセットを使わないVR(バーチャルリアリティ)体験システム。ドーム型スクリーンに投影される映像は、椅子の動きとリンクしており、椅子の向きが変わると映像もそれに合わせて変化する。

リラックスしながら没入感を味わうことのできる空間を提供し、人間の自然な動作を使って、動画や音楽を変化させるインタラクティブな体験を楽しむことができる。


・Xperia Touch

「Xperia Touch」は、プロジェクターで映し出したスクリーンに直接触れて操作することで、家族や友人同士で一緒に楽しみながらコミュニケーションをとれる空間を提供する。

直観的に操作できるユーザーインターフェースを用いて、新しいコミュニケーションスタイルの提案へ。


・Superception

Superception(Super + perception)はコンピュータ技術を用いて人間の感覚に介入したり、人間の知覚を接続することで、工学的に知覚や認知を拡張、変容させる研究の枠組みだ。

この研究の一つとして、ヘッドマウントディスプレイを装着し、迷路のようなステージで「視覚交換鬼ごっこ」を体験できる。

相手の視覚を観ることができたとき、鬼となった人がどのような行動を取るか?逃げる人はどう動くのか?ステージでは、その不可思議な様子を実況する。


・Future Lab Program(FLP)

ソニーの技術や研究開発の一部をオープンにすることで、ユーザーと共に新しい価値を創り上げていくプロジェクト「Future Lab Program」だ。

耳を塞ぐことなく、ハンズフリーで音楽や音声による情報をインタラクティブに楽しめることをコンセプトとした “N”および、物体を含むインタラクティブな空間をテーブル上に作り出すことを目的とした“T”の2つのコンセプトプロトタイプを展示する。


・Motion Sonic Project

テクノロジーを駆使して今までにない新たな音楽体験を創造する「MOTION SONIC PROJECT」。動作の軌道や緩急、揺らぎなどの情報を高精度に取得し、「カラダの動きを音に変える」「カラダの動きで音楽を操る」という、2つの体験を生みだす。


・Mixed Reality CAVE experience

4K超短焦点プロジェクターを4台用いた全周囲映像空間CAVE型システム。臨場感あふれる360度映像を複数人数で体験することにより圧倒的な没入感を共有できる場を提供する。


■EVENT STAGE

注目のパフォーマー集団s**t kingzや、空手家  高木綾乃による、MOTION SONIC PROJECTのLIVE Showcaseだ。

*WEB動画で配信を予定している。

・ミュージックフェスティバルにおける‟Lost in Music”について
後期日程の3月15日(水)19:30からは”Lost In Music”のミュージックフェスティバルが開催される。

<展示内容>
音楽とテクノロジーを組み合わせた新しい体験を届けるブランドプロモーション“Lost In Music”の音楽イベントを開催する。

会場では「PlayStation®Store」での配信に先行し、ザ・チェインスモーカーズがソニーと協力して制作した最新シングル“Paris”のVRミュージックビデオを体験することができる。

夜はザ・チェインスモーカーズ含め、数多くのSMEアーティストのライブパフォーマンスを楽しむことができる。

<“Lost In Music”公式サイト>
http://lostinmusic.sony/ja/#!/home


■SXSW(サウスバイサウスウエスト)について

SXSW(サウスバイサウスウエスト)は毎年3月に開催されている音楽、映画、インタラクティブの3つを展示の柱としたイベントだ。

1987年にインディーズの音楽祭として始まり、1994年には映画を、1998年にはインターネットとデジタルコミュニティを取り込むインタラクティブが加わり、現在の形となった。

近年は、世界中からクリエーターやイノベーターがアイデアを共有し、学べるプラットフォームとして、世界最大規模のビジネスフェスティバルとなっている。

​今年の開催期間は3月10日(金)~3月19日(日)となる。

*追記3月13日12時15分追記
【ソニー関連記事】
ソニーと東京大学 「ヒューマンオーグメンテーション(人間拡張)学」を始動 人間の能力を拡張させるテクノロジー開拓へ

 
 

ソニー公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【TGS2017】バンナム、NTTドコモ5G回線を使用した『ソードアートオンライン』VRプロジェクトを発表【追記あり】
2 【体験レポート】『囚われのパルマ VR面会』 体験者の"動き"に反応する彼らの日常へ…もっとそばに、より近く  
3 【TGS2017】デル、WindowsMR対応ヘッドセット『Dell Visor』を発表 10月中旬に先行予約、11月後半に出荷へ【追記あり】
4 【TGS2017】『バイオ7 NOT A HERO』のプレイムービーを初公開 重火器を使ってモールデッドを一掃
5 アイディアクラウド、「OkeruAR(置けるAR)」を配信開始 置いてみないと分からないを解決へ
6 【おはようVR】吐息すら感じる『パルマVR』体験レポート USJに『FF』のXRライド登場など
7 越谷レイクタウンや幕張イオンスタイルなどで、PS VRの体験会と販売会を実施 9月23日より
8 【TGS2017】アルファコードブースは8KVR動画ソリューション「VRiderシリーズ」が出展 『レジェンヌ』などスマートフォンアプリも
9 【TGS2017】VRマンガ x VRゲーム  EXPVRが感情移入抜群のコミックヒーローACT『BE THE HERO』を出展
10 【TGS2017】MyDearest、「VR×ライトノベル」「VR×マンガ」などのフルダイブシリーズを出展 
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム