gumiに関するVR決算記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【gumi決算説明会VR】代表の国光氏が見据えるのはVRを使った『SAO』のようなMMO 決算説明会後に語った今後の展望とは

2017年03月17日 15時55分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



「次のVRの方向性が見えた。それはMMORPGで、ソードアートオンラインのようなコンテンツが大きな軸になると考えている」

gumi<3903>の国光宏尚社長が3月13日に開催された証券アナリスト・機関投資家向けの決算説明会後のSocialVRinfoのインタビューで語った。

まず、VR市場については『Job Simulator』や『RAW DATA』など1億円以上の売り上げを達成しているゲームが9本、一番売り上げの多いもので恐らく5億円ほどのタイトルがある事を挙げ、「もはやVRは既に売れるかどうかわからないといったフェーズではない」と2016年を振り返った。

現在、同社ではVRゲーム領域において大きく3つの動きがあるという。

1点目、今までgumiはインキュベーションや投資などを中心に行ってきたが、更に一歩踏み込み、よむネコをグループ会社化、自社VRゲームの開発の推進を図っているという点だ。

2点目は、『Job Simulator』や『RAW DATA』といったタイトルなど、ほとんどが欧米のもので、日本の売り上げはほとんどないという状況の中、今後1年〜3年という単位で見ると、欧米を中心とした家庭用のVR、その他、中国韓国を中心とした形のロケーションベースのVRという2つがマーケットを牽引していくのではないかと考えを明かした。

その上で、これらの領域を同時に行うのはインディー系の会社だけでは厳しいが、gumiはグローバルでのネットワークを構築をしているという点だ。

3点目として「今後、VRゲームでどういったものを制作していくべきか見えてきた」というものだ。

同社が出資している『VR FUND』を通した投資先の中には、Job Simulatorを制作したOwlchemy LabsやREC ROOMを制作したAgainst Gravityなども含まれている。

そうしたスタジオとディスカッションしている中で、次のVRゲームの方向性は"MMORPG"だと國光氏は明言した。今後ソードアートオンラインのような世界がVRゲームの中では大きな軸になると予測しているとのことだ。

同社は、その3点を踏まえ、ノウハウが重要なVRにおいて培った内容でスタジオを垂直立ち上げし、既にあるgumiのエンジニアやデザインのチームや構築してきたグローバルネットワークを活かしたスキームで、VR市場において更なるプレゼンスを示していく考えだ。
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( gumi

ピックアップ

記事ランキング

1 Key、クラウドファンディングで目標金額の1000万円を40時間で達成…『planetarian』がVRアニメに
2 『Rez Infinite』のDayDream版が全世界同時リリース 無料体験版も公開に
3 【PSVR】『FF15』の釣りがさらなる進化を遂げた エクストリームVRフィッシング『MONSTER OF THE DEEP』がリリース
4 未来のサバゲー遂に登場 バンナム、VR ZONE SHINJUKUで『攻殻機動隊ARISE Stealth Hounds』を12月9日から稼働開始
5 【PSVR】シリコンスタジオのポストエフェクトミドルウェア『YEBIS 3』、『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』に採用へ
6 最短3分で商標登録出願の準備 「Cotobox」β版がリリース…独自開発のAI技術を使用
7 CCP、Steamで未来型ドッジボール『SPARC』をリリース PSVRやOculusとのクロスプラットフォームも
8 360Channel、野外ロックイベント『BAYCAMP 2017 VR』の配信を開始 「神聖かまってちゃん」「水曜日のカンパネラ」などのVR映像で無料で体験
9 LINE、AIアシスタント搭載イヤホン『MARS』を発表 翻訳機能付きで2018年に韓国で先行販売
10 360Channel、VRを使った教育分野への参画を発表 
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム