gumiに関するVR決算記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【gumi決算説明会VR】代表の国光氏が見据えるのはVRを使った『SAO』のようなMMO 決算説明会後に語った今後の展望とは

2017年03月17日 15時55分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



「次のVRの方向性が見えた。それはMMORPGで、ソードアートオンラインのようなコンテンツが大きな軸になると考えている」

gumi<3903>の国光宏尚社長が3月13日に開催された証券アナリスト・機関投資家向けの決算説明会後のSocialVRinfoのインタビューで語った。

まず、VR市場については『Job Simulator』や『RAW DATA』など1億円以上の売り上げを達成しているゲームが9本、一番売り上げの多いもので恐らく5億円ほどのタイトルがある事を挙げ、「もはやVRは既に売れるかどうかわからないといったフェーズではない」と2016年を振り返った。

現在、同社ではVRゲーム領域において大きく3つの動きがあるという。

1点目、今までgumiはインキュベーションや投資などを中心に行ってきたが、更に一歩踏み込み、よむネコをグループ会社化、自社VRゲームの開発の推進を図っているという点だ。

2点目は、『Job Simulator』や『RAW DATA』といったタイトルなど、ほとんどが欧米のもので、日本の売り上げはほとんどないという状況の中、今後1年〜3年という単位で見ると、欧米を中心とした家庭用のVR、その他、中国韓国を中心とした形のロケーションベースのVRという2つがマーケットを牽引していくのではないかと考えを明かした。

その上で、これらの領域を同時に行うのはインディー系の会社だけでは厳しいが、gumiはグローバルでのネットワークを構築をしているという点だ。

3点目として「今後、VRゲームでどういったものを制作していくべきか見えてきた」というものだ。

同社が出資している『VR FUND』を通した投資先の中には、Job Simulatorを制作したOwlchemy LabsやREC ROOMを制作したAgainst Gravityなども含まれている。

そうしたスタジオとディスカッションしている中で、次のVRゲームの方向性は"MMORPG"だと國光氏は明言した。今後ソードアートオンラインのような世界がVRゲームの中では大きな軸になると予測しているとのことだ。

同社は、その3点を踏まえ、ノウハウが重要なVRにおいて培った内容でスタジオを垂直立ち上げし、既にあるgumiのエンジニアやデザインのチームや構築してきたグローバルネットワークを活かしたスキームで、VR市場において更なるプレゼンスを示していく考えだ。
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( gumi

ピックアップ

記事ランキング

1 フルクオール、VR開発を学べる男女のカップリングイベント「VRハックコン」を10月21日に開催
2 【TGS2017】VRマンガ x VRゲーム  EXPVRが感情移入抜群のコミックヒーローACT『BE THE HERO』を出展
3 【体験レポート】『囚われのパルマ VR面会』 体験者の"動き"に反応する彼らの日常へ…もっとそばに、より近く  
4 【TGS2017】MyDearest、「VR×ライトノベル」「VR×マンガ」などのフルダイブシリーズを出展 
5 【TGS2017】南国ソフト、FOVE使用のVRコンテンツ 『The Outer Foxes』を出展
6 【プレステカンファレンス】アートディングの『A列車で行こうExp.』が発表 VR対応で鉄道模型モードを体感
7 USJ、超体感コースター『ファイナルファンタジー XRライド』を発表
8 【プレステカンファレンス】コナミ x サイゲームス、PS2の名作『ANUBIS』リマスターを発表 4KやVR対応…TGSで試遊も
9 【イベントレポート】『クーロンズVR』体験会開催 酔い対策や操作方法など体験版から更なる向上へ…製品版はもうすぐ!!
10 【おはようVR】PSカンファレンスの記事を公開中 『ANUBIS VR』や『A列車で行こう』がVR対応など
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム