剣撃VR、シーエスレポーターズに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

WEBプロモーション事業のシーエスレポーターズ、和歌山マリーナシティの新アトラクション『剣撃VR』の提供を開始

2017年03月20日 11時00分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
WEBプロモーションを事業とするシーエスレポーターズは、和歌山マリーナシティの新アトラクションとして、VRアトラクションパッケージ『剣撃VR』の提供をスタートすると発表した。

『剣撃VR』はVR空間で1分間のバトルを繰り広げるゲームコンテンツだ。二人同時の協力プレイが可能で、一人はビームソードで、一人は砲撃で戦う。12歳以下の子供にも参加できるように、立体視をしない単眼ゴーグルで楽しむことができる。
 

またクロマキー合成により、リアルタイムで第三者視点で合成したプレイ映像で記念撮影ができるなど、フレイヤー以外も楽しむことができる。


■開催情報

場所:和歌山マリーナシティ ポルトヨーロッパ内特設会場
期間:2017.3/18(土)OPEN予定
※ポルトヨーロッハ休園日及び火曜日のアトラクション運休日は休み。
定員:2名

■ヘッドセットについて

1VRゴーグル(13歳以上)
2特殊ゴーグル(3歳以上)

受付時間:ポルトトヨーロッハの営業時間に同じ
(お客様が多数の場合は受付終了が早くなる場合がある)
料金:大人・小人(3歳以上)共通 お一人様 600円
※スタンダートパスとトワイライトパス、年間ハウスで利用できる。
※障がい者手帳または、療育手帳、精神障がい者手帳、戦傷病者手帳をお持ちの方は400円で入場可能。
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( シーエスレポーターズ剣撃VR

ピックアップ

記事ランキング

1 【インタビュー】PSVRはここから始まった、ソニーからSCEへの事業化までの道のり、嘘みたいな本当の話…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(1/5)
2 【インタビュー】SCEの始動、ゲームをより幅広い人へ、よりカッコイイものにしたかった…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(2/5)
3 【PSVR】マチ★アソビで『Fate/Grand Order VR』の先行体験会が開催 
4 【PSVR】クリスも登場する『バイオ7』の無料DLC「NOT A HERO」が配信日変更に【動画と追記あり】
5 gumi、会社分割を発表 VR事業をgumi VRとして分割
6 【おはようVR】SIE WWSプレジデント吉田氏のインタビュー ハウステンボスでVRリズムアクション『Airtone』を4月28日から開始など
7 ソニーモバイル、映像にタッチ操作を加えPS4対応のポータブルプロジェクター「Xperia Touch」を6月24日に発売 価格は15万円前後を想定
8 フジTV、『360°まる見え!VRアイドル水泳大会』の新シリーズなどを提供開始…3D収録した映像も
9 ハウステンボス、AMG GAMESのVRリズムアクション『Airtone』を4月28日から開始
10 【Steam VRランキング(4月25日)】首位はVRアニメ『Project LUX』 SAT-BOXの『VR Sports』トップ3に
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム