AOI Pro.に関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

AOI Pro.、実際に手を引かれて歩くVR旅行体験『WONDERFUL WORLD - VR Private Tour』の試作版を発表 

2017年03月22日 11時00分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



AOI Pro.は、3月22日、人に手を引かれながら世界や日本の素晴らしい場所を散策する体験ができるVRコンテンツ『WONDERFUL WORLD – VR Private Tour』の試作版を発表した。

同コンテンツは、世界や日本の各地にある”とっておきの景色”の中を案内役の人物に手を引かれながら散策する体験を通じて、「ドキドキする」「実際に行ってみたい」という感情を刺激するVRコンテンツだ。

360度実写映像と立体音響による臨場感、体験者が実際に行う「歩く」という動作、触ることができる「手」、風やミストの「体感」がすべてシンクロすることにより、すっぽり包まれるような没入感を実現している。今回の試作版では、関東地方のとある場所を女性に案内してもらいながら楽しむことができるというもの。
 

ヘッドマウントディスプレイには、着用者の視線を追跡(アイトラッキング)ができるFOVEを採用しており、体験者の行動と反応をモニタリングしている。

今後は商業施設、旅行会社、国内外航空会社、各国観光局、観光協会、各都道府県アンテナショップなどでの活用を見据えており、「見たことのない世界を体験したい」という欲求を体験とデータを使って刺激する検証を行い、実用に向けた開発を進めていく予定だ。
 

更にVRの歩行装置はいくつか発表されているが、より自然に足を運ぶ歩行体験にするため、筑波大学システム情報系岩田洋夫教授から歩行装置「トーラストレッドミルmini」の貸与を受けている。
 

また「手」(誘導アクチュエータ)を握ることで安定して歩行ができるようになり、「ハーネスも安全柵も不要のVR歩行装置」を実現した。「誘導アクチュエータ、体感装置、歩行装置を組み合わせて映像にシンクロさせるVR体験システム」は、日本初となり、特許を出願中だ。

「手」「風」「ミスト」の体感装置の開発とプログラム制御にはプロトタイプ)、映像と立体音響の実装にはグループ会社のデジタル・ガーデンの協力を得て、体感と映像を違和感なくシンクロさせることに成功した。

360度映像撮影の監修は国際VR/AR製作スタジオNOMAから、撮影から編集までのテクニカルサポートはグループ会社のTYOテクニカルランチから受けており、映像と技術のスペシャリストが開発に携わっている。

 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【インタビュー】VRを創りたいクリエイター達のパッション、PS VRの開発からVR元年まで…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(4/5)
2 【インタビュー】PS VRはここから始まった、ソニーからSCEへの事業化までの道のり、嘘みたいな本当の話…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(1/5)
3 【インタビュー】ハードの開発はソフトチームとの共同製作へ 新たに生まれたシナジーとは…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(3/5)
4 【PSVR】PS STOREでVRタイトルが期間限定セールを開始 『Rez Inifinite』『DOAX』『バイオ7』など計42本…最大60%引き
5 【インタビュー】SCEの始動、ゲームをより幅広い人へ、よりカッコイイものにしたかった…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(2/5)
6 イオンレイクタウン VR Center、GW限定でホラーコンテンツ『オバケリアVRクリーピングテラー』を含めた複数の機種を導入
7 【PSVR】DMM、Ver3.00でVRモードに対応 "様々"なコンテンツがVRで視聴可能に
8 【PSVR】韓国SKONEC、FPS『Mortal Blitz』日本国内で販売開始 グロッキーフィニッシュでスタイリッシュにキメる
9 【おはようVR】SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く第3回 PSVRを使ってDMMのVRコンテンツが再生可能になど
10 グリー、アミューズメント施設向けとモバイル向けVRに注力する方針…荒木氏が明かす
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム