AOI Pro.に関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

AOI Pro.、実際に手を引かれて歩くVR旅行体験『WONDERFUL WORLD - VR Private Tour』の試作版を発表 

2017年03月22日 11時00分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



AOI Pro.は、3月22日、人に手を引かれながら世界や日本の素晴らしい場所を散策する体験ができるVRコンテンツ『WONDERFUL WORLD – VR Private Tour』の試作版を発表した。

同コンテンツは、世界や日本の各地にある”とっておきの景色”の中を案内役の人物に手を引かれながら散策する体験を通じて、「ドキドキする」「実際に行ってみたい」という感情を刺激するVRコンテンツだ。

360度実写映像と立体音響による臨場感、体験者が実際に行う「歩く」という動作、触ることができる「手」、風やミストの「体感」がすべてシンクロすることにより、すっぽり包まれるような没入感を実現している。今回の試作版では、関東地方のとある場所を女性に案内してもらいながら楽しむことができるというもの。
 

ヘッドマウントディスプレイには、着用者の視線を追跡(アイトラッキング)ができるFOVEを採用しており、体験者の行動と反応をモニタリングしている。

今後は商業施設、旅行会社、国内外航空会社、各国観光局、観光協会、各都道府県アンテナショップなどでの活用を見据えており、「見たことのない世界を体験したい」という欲求を体験とデータを使って刺激する検証を行い、実用に向けた開発を進めていく予定だ。
 

更にVRの歩行装置はいくつか発表されているが、より自然に足を運ぶ歩行体験にするため、筑波大学システム情報系岩田洋夫教授から歩行装置「トーラストレッドミルmini」の貸与を受けている。
 

また「手」(誘導アクチュエータ)を握ることで安定して歩行ができるようになり、「ハーネスも安全柵も不要のVR歩行装置」を実現した。「誘導アクチュエータ、体感装置、歩行装置を組み合わせて映像にシンクロさせるVR体験システム」は、日本初となり、特許を出願中だ。

「手」「風」「ミスト」の体感装置の開発とプログラム制御にはプロトタイプ)、映像と立体音響の実装にはグループ会社のデジタル・ガーデンの協力を得て、体感と映像を違和感なくシンクロさせることに成功した。

360度映像撮影の監修は国際VR/AR製作スタジオNOMAから、撮影から編集までのテクニカルサポートはグループ会社のTYOテクニカルランチから受けており、映像と技術のスペシャリストが開発に携わっている。

 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】期待の新作 2018年、注目PlayStation VR対応タイトルを紹介
2 ユニットコムは、第8世代Core i5 と GTX1060 搭載のコンパクトゲームPCを発売 価格は118,778円から
3 バンナム、スマホでできるVRライブ『Vivid Real LIVE ドリフェス!R』を今春配信 
4 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
5 VR Center、バレンタインデーカップルチケットを発売 1月22日~2月14日まで
6 【おはようVR】EAのクリエイターのVRアクション『Apex Construct』が2月リリース ナムコ、SC全国大会にブース出展でVRの無料体験など
7 4コア対応したCore i3とGTX 1060を搭載したミニタワーゲームPCをユニットコムが販売開始 価格は96,098円から
8 ARを使って『劇場版SAO』の世界感を楽しむ 都内を巡るスタンプラリーが開催に
9 【PSVR】荒廃した未来が舞台 アクションADV『Apex Construct』が国内含め2月にリリース…元EAなどのクリエイターが集うVRゲーム会社Fast Travel Gamesの初作品
10 Unity、完全食COMPとコラボ Global Game Jam 2018参加者全員にプレゼント
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど