アミューズメントメディア総合学院に関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

アミューズメントメディア総合学院、18年4月よりVRエンジニア専攻をプログラマー学科に追加

2017年03月27日 11時00分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


アミューズメントメディア総合学院は、2018年4月より、ゲームプログラマー学科にVRエンジニア専攻とゲームプログラマー専攻を設立する。


■VRエンジニア専攻
ゲームプログラミングの基礎を軸にVR技術を学び、ゲームを中心とした様々なVRコンテンツが開発できる、VRエンジニアのエキスパートを目指す。


■ゲームプログラマー専攻
ゲームプログラミングの基礎から応用まで幅広く学び、家庭用ゲームからスマートフォンアプリまで対応できる、ゲームプログラマーのエキスパートを目指す。


主なカリキュラムの紹介※一部抜粋(VRエンジニア専攻)
・VRハードウェア概論
なぜ立体的に見えるのか。位置トラッキングの仕組みなど、VRのハードウェアについて学習。

・VRユーザーインターフェース
VR空間内での移動方法や視野の設定、VR酔い対策など、VRにおけるUI/UXについて学習。

・VRゲームデザイン論
主観的な体感となるVRゲームにとって重要な没入感やプレゼンス(存在感)の高め方などVRならではのゲームデザインを学習。

・VR最適化論
VRコンテンツでは90fps(画面を1秒間に90回更新)を超える処理速度が求められる。これに対応する効率化や最適化の手法を学習。


 
ノベルス創作学科

■文芸小説専攻
一般文芸、キャラクター文芸、ミステリー、SF、児童書など幅広い読者を対象とした小説執筆を手掛ける。

■ライトノベル専攻
ライトノベルの中でも、特に中高生男子の読者が多い、男性向けライトノベルに特化した技術指導する。

■アニメ・ゲームシナリオ専攻
小説とシナリオの違いを知り、アニメ・ゲームのシナリオ執筆ができる知識と技術を身につける。


ノベルス創作学科の特長
プロの小説家になる、自分の書いた小説を本にする。そのためには、まずは小説作品を書き上げることが必要。ノベルス創作学科では、「書きたい」気持ちにこたえる個性に合わせた個別指導で、小説を書き上げるための訓練と、新人賞投稿サポート、加えて学内での産学共同プロジェクトによるデビューコンペで在校生・卒業生をプロへと導く。また、脚本家・ライターなど、それぞれが目指す「文章の仕事」をしっかりと理解したうえで即戦力となるプロを目指す。

卒業後も週一回のマスターコースでの講義を実施しており、デビュー直前・直後をサポートし、デビュー後もプロとして長く活躍できる環境を整えているという。AMGでは、多くの卒業生作家がライトノベルを中心に活躍しているが、一般文芸の分野で実績を出す卒業生も増えており、学院出身の作家著作は、2017年1月末で、610冊を突破した。




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【JVRS3レポート】SIE、Microsoft、HTCの3社がそれぞれの立場で語るVRを使った未来とは 
2 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
3 【UNREAL FEST EAST 2017】水口哲也氏「僕らは仲間を探している」 『Rez Infinite』の制作秘話と今後の展望をお届け
4 【PSVR】『クーロンズゲートVR suzaku』10月26日発売決定 通常版と蓜島邦明氏の新録サウンド付き、PS4テーマ同梱バージョンも
5 360Channel、VRプロデュース事業「VR PARTNERS」を開始
6 Unityで使うプロ⽤のゲームサウンドツールが 99ドルで CRI、「ADX2 Unity Plugin /AssetStore」をリリース
7 【おはようVR】UNREAL FESTで水口哲也氏が語った未来 カプコン、『バイオ7』などのオススメタイトルの店頭体験会を開催
8 【PSVR】『Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト』、12月6日に無料で配信へ
9 カプコン、『バイオハザード7』や『デッドライジング 4』などオススメタイトルの店頭体験会を開催
10 ONE PIECEの完全オリジナルホログラフィック作品が、「DMM VR THEATER」で公開へ 
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム