Overkill VR、Starloop Studios、Vive、Oculus Riftに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

スペイン Starloop Studios、FPSゲーム『Overkill VR』をOculus Storeで配信開始…日本語にも対応

2017年03月30日 17時28分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



スペインの開発会社 Starloop Studiosは、Steamでも配信を行っているVR-FPSゲーム『Overkill VR』のOculus Storeで配信の開始を行った。

同タイトルは、1人称視点のガンシューティングゲームで、現れる大量の敵の攻撃を遮蔽物を使ってやり過ごし、手にした銃を使ってなぎ倒していく。その場に居る敵を殲滅すると、同じステージ内で次の地点に移動する方式となる。

敵の攻撃から隠れるために自身の体を上下する事はあるが、移動をする事はないため、酔いの心配は少ないだろう。ただし、敵の攻撃から隠れるために身をかがめるケースが多いため、床の硬さには注意が必要だ。
 
 

なお、インターフェースは日本語も対応しているため、チュートリアルで戸惑うこともないだろう。武器には、ショットガンや、アサルトライフルなど現代的な銃が用意されている。照準システムは、実際の武器を再現するように設計されているため、自動照準もAIの支援もなく、プレイヤーの照準能力が試される。
 

 

Oculus Store

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ViveOverkill VROculus Rift

ピックアップ

記事ランキング

1 最大18コアCPUと水冷SLI構成のGPU(NVIDIA)が可能 デル、ゲーミングデスクトップPC「ALIENWARE AREA-51」を発売開始
2 【PSVR】アクションADV『Apex Construct』が北米リリース…元EAなどのクリエイターが集うVRゲーム会社Fast Travel Gamesの初作品
3 エフマイナーとパルマ、トランクルームの成約率向上をVRで目指す 内見無しによる業務効率化へ
4 DMM、Windows MR対応ヘッドセットのレンタルを開始 5日間で10,000円から 
5 神戸デジタル・ラボ、大阪開催の大阪で開催される「VR/AR/MR ビジネスEXPO」で「HoloLens」向けのインテリアコーディネートアプリを展示
6 オリンピックを見据えた警視庁への提案も 日常業務を変革するサン電子のAR技術を使った『AceReal One』とは
7 【PSVR】プリズムプラス、韓国のゲームスタジオとVRパズルゲームを共同開発 春に発売予定
8 【おはようVR】可愛いネズミと冒険するACTアドベンチャー『MOSS』発売日決定 NTTドコモが5G通信を見据えた8KVRの提供を開始など
9 NTTドコモ、5G通信を見据えた8KVRミュージックビデオの提供を開始 安室奈美恵さんのライブパフォーマンスを体感
10 モノビット、GTMF2018の幹事会社として参画 大阪は6月27日、東京は7月13日に開催
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど