Fastigium: Dead End、ifgames studio、Vive、Steamに関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【Steam】中国ifgames studio、VRゾンビFPS『Fastigium: Dead End』をリリース 走るゾンビや特殊なエネミーも

2017年04月05日 13時50分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



中国のifgames studioは、ゾンビVR FPS『Fastigium: Dead End』をSteamにてリリースを行った。価格は498円。

同タイトルは、FPSタイプのゾンビシューティングで、両手持ちの銃と刀を武器に走って向かってくるゾンビを撃退していくという内容だ。移動方法としては、ポイント指定して行動するのだが、動作自体はワープではなく指定した位置に向かっていくというものだ。

移動速度自体は遅めではあるため、比較的酔いにくい状態のプレイが可能だろう。また通常時は両手持ちの銃での攻撃となるが、Viveコントローラーのグリップボタンを押しっぱなしにすることで、刀に切り替わる。ボタンを押したままでコントローラーを振ることで斬撃が可能だ。

この操作方法は刀への切り替えと攻撃が一瞬のために、非常にスピーディな攻撃が可能だ。ふいに懐に入られたときの近接戦時の攻撃への切り替えでもたつくケースが減っているため、攻撃時での爽快感は高い。

ゾンビの挙動に関しては「LEFT 4 DEAD」に近く、走るゾンビや、群れでいるケース、特殊なタイプなども存在している。
 

 

本作は日本語には対応していないが、操作は非常に簡単であるため特に不自由なくプレイが可能だろう。価格の安さもさることながら、この手のゲームのファンにはオススメしやすいゲームだ。
 

Steam

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Fastigium: Dead EndViveSteam

ピックアップ

記事ランキング

1 オリンピックを見据えた警視庁への提案も 日常業務を変革するサン電子のAR技術を使った『AceReal One』とは
2 【PSVR】プリズムプラス、韓国のゲームスタジオとVRパズルゲームを共同開発 春に発売予定
3 【PSVR】ACTパズルアドベンチャー『MOSS』の北米発売日が2月27日に決定 体験版の公開や予約も受付中
4 モノビット、GTMF2018の幹事会社として参画 大阪は6月27日、東京は7月13日に開催
5 グリー、「GVR Fund」を「GFR Fund」にファンド名を変更 AR/MRなど幅広い領域にも投資へ
6 SAT-BOX、STEAMで旧正月セールを開催 『ボクセルショットVR』などが最大60%オフに
7 NTTドコモ、5G通信を見据えた8KVRミュージックビデオの提供を開始 安室奈美恵さんのライブパフォーマンスを体感
8 【おはようVR】グリーがファンド名を変更、AR/MRなど幅広い領域にも投資 サードウェーブが『UE4 Tech Summit』開催など
9 『日本ゲーム大賞2018 アマチュア部門』の応募概要決定 募集テーマは「うつす」…AR/VRを使用した作品も可
10 360Channel、同社のVRプロデュース事業「VR PARTNERS」でSUBARU「ゲレンデタクシー」を魅せる
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど