クリーク・アンド・リバー社に関するVR決算記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

クリーク&リバー社、VR領域は今期(18年2月期)から収益貢献 「IDEALENS K2」の販売やハウステンボスへの提供などで

2017年04月11日 19時26分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


クリーク・アンド・リバー社<4763>は、2017年2月期の決算説明会で、VR領域の収益貢献は2018年2月期からになるとの見方を示した。ただし、どの程度の売上と利益への貢献が見込まれるのかは開示されていない。

同社の取り組みを簡単にまとめると、子会社VR Japanを通じて、スタンドアロン型HMD「IDEALENS K2」の販売を行うともに、クリーク・アンド・リバー社自身はVRコンテンツの企画開発を担当しているという。

ハウステンボスへのVRコンテンツとデバイスの提供や、TSUTAYA馬事公苑店と中目黒店で実施注の「IDEALENS K2」のレンタルサービス、本日よりスタンドアロン型HMD「IDEALENS K2」が収益に貢献するとの想定であろう。

 




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( クリーク・アンド・リバー社VR JAPAN

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】バンナム、『Ace Combat 7』のE3トレイラーを公開 会話のやりとりに垣間見るパイロット達の暗い影
2 360Channel、倉持由香さんらの「VRグラドル女子会」が見逃し配信へ 企画会議や撮影の裏側もちらり
3 VR IMAGINATORS、VTuber召喚アプリ『エルミナAR』をAppStoreで公開 『#VTuber召喚計画』として今後はキャラの追加も
4 デル、Radeon RX Vega 搭載CPUを採用したハイエンドノートPC「New XPS 15 2-in-1」の販売を7月13日に開始
5 マスクメーカー「横井定」が開発するVR HMDカバー「VR GOGGLID」が6月20日より販売開始
6 理経、大阪市消防局が防災訓練用VRコンテンツ「避難体験VR」の採用を発表
7 スペースリーとSTW、モルディブリゾートの観光VRコンテンツを店頭で展開開始
8 ビーライズ、「3D&バーチャルリアリティ展」へ出展 展示で使用するHMDは視野角210°の「StarVR」を使用
9 SIE、期間限定で「Days of Play」キャンペーンを実施 PS4ProとPSVRのセットが1万円もお得に
10 【おはようVR】国内PS STOREのVRランキング ​サムスン電子ジャパンが原宿でVRサッカー体験コンテンツ提供など
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど