メガハウスに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

バンナムグループのメガハウス、DBZ仕様のHMDを発売 スカウターで戦闘力の計測や"かめはめ波"を撃つことも

2017年04月13日 15時54分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



メガハウス は、VR体験機「BotsNew Characters VR DRAGONBALL Z」を、6月下旬より発売すると発表した。

 「BotsNew  VRシリーズ」は、スマートフォンを本体にセットすることで、映し出されるコンテンツを360度全方位に見られる、没入感の高い本格的なVR体験ができる商品。本商品の最大の特長は、コントローラーによるジェスチャー操作だ。本体のヘッドセットを装着し、付属のコントローラーを指に挟み目の前で動かすと、ジェスチャーに反応して映像を操作することができる。

本体にセットされたスマホのカメラがコントローラー表面のARマーカーを検知し、操作ができる仕組みになっており、誰もが憧れる必殺技 “かめはめ波”が撃てるようになる。その他にも、ドラゴンボールZワールドを体感できるアプリを多数配信予定している。


<主なBotsNew Characters VR DRAGONBALL Z アプリ>
 
・ハチャメチャバトル VR(仮)

仮想空間で大迫力バトル!ファン垂涎の必殺技を自分の両手から放てます。



 
・かめはめ波 体感 AR(仮)

自分の部屋でかめはめ波!?憧れの必殺技を現実世界で撃つような体験が可能!


 
 
・究極スカウター AR(仮)

誰もが気になる友人知人の戦闘力を計測可能!顔がドラゴンボールZのキャラクターと似ていると戦闘力が高いかも・・・?





■その他、多数の当商品専用アプリを配信予定です。
詳細はHPで更新していきます。
http://botsnew.com/charactersvr/dbz_sp/index.html

■BotsNew VRプレーヤーのアプリも使用することができます。
http://botsnew.com/player.html

<商品概要>
商品名:BotsNew Characters VR DRAGONBALL Z
希望小売価格:12,000円(税抜価格)
発売日:2017年6月下旬
本体サイズ:W215 x D110 x H120
電池:不要(お手持ちのスマートフォンが必要です。)
セット内容:本体×1、ボッツニューコントローラーDB ver.×2、ボッツニューシートDBver.×1
レンズクリーナー×1(スマートフォンは付属しません。)



4〜6インチサイズのスマートフォンに使用することができます。メインターゲットは20~40代男性です。「BotsNew VR(ボッニューVR)」では、当商品専用アプリを利用することはできない。
4月29日(土)30日(日)幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議2017 メガハウスブース」にて先行体験会実施する
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( メガハウス

ピックアップ

記事ランキング

1 【JVRS3レポート】SIE、Microsoft、HTCの3社がそれぞれの立場で語るVRを使った未来とは 
2 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
3 【UNREAL FEST EAST 2017】水口哲也氏「僕らは仲間を探している」 『Rez Infinite』の制作秘話と今後の展望をお届け
4 【PSVR】『クーロンズゲートVR suzaku』10月26日発売決定 通常版と蓜島邦明氏の新録サウンド付き、PS4テーマ同梱バージョンも
5 360Channel、VRプロデュース事業「VR PARTNERS」を開始
6 Unityで使うプロ⽤のゲームサウンドツールが 99ドルで CRI、「ADX2 Unity Plugin /AssetStore」をリリース
7 【おはようVR】UNREAL FESTで水口哲也氏が語った未来 カプコン、『バイオ7』などのオススメタイトルの店頭体験会を開催
8 【PSVR】『Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト』、12月6日に無料で配信へ
9 カプコン、『バイオハザード7』や『デッドライジング 4』などオススメタイトルの店頭体験会を開催
10 ONE PIECEの完全オリジナルホログラフィック作品が、「DMM VR THEATER」で公開へ 
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム