モノビットに関するVRイベント記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

モノビット、リアルタイム通信エンジンでVIVE10台を繋いだVRコミュニケーション体験会を開催 ヤフー新オフィスにて

2017年04月14日 18時32分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
モノビットは、4月27日、「リアルタイム通信エンジンの新しい選択肢」をテーマに、1コアあたり20,000同時接続を達成した超高速リアルタイム通信エンジン「Monobit Revolution Sever(MRS)」と、「Monobit Unity Networking 2.0」について、使い勝手や性能試験の結果、導入方法やコストについてのイベントを行う。参加費は無料。

登録は4月26日12:00までに下記から行う。

申し込みはこちらから



登壇者は

・本城 嘉太郎氏(モノビット 代表取締役)
・中嶋 謙互氏(モノビット 取締役CTO)
・IDCフロンティア プロダクト企画部 企画グループ 金杉 有見子氏

の3人。セッション後には、VR体験会&懇親会も開催する。体験会では10台のHTC Viveをリアルタイム通信エンジンで接続し、これから普及が見込まれるVR_SNSを想定した、VR空間内での多人数コミュニケーションを体験が可能だ。

また、会場は話題となっているYahoo! JAPAN新社屋の社員食堂「BASE11」で、VR体験をしながら、開発者同士で情報交換しつつ、ビールや軽食を無料で楽しむことができる。


■セッションスケジュール

2017年4月27日(木)
18:30 開場、受付開始
19:00 開会
19:05 初心者の私が見たVR×ゲーム×IDCFクラウド!
登壇者:
金杉 有見子(株式会社IDCフロンティア プロダクト企画部)
19:30 〜リアルタイム通信エンジンの新しい選択肢〜
「Monobit Revolution Sever(MRS)」、「Monobit Unity Networking 2.0」のすべて
登壇者:
本城 嘉太郎(株式会社モノビット 代表取締役)
中嶋 謙互(株式会社モノビット 取締役CTO)
20:30 VR体験会&懇親会
21:45 閉会


■講演概要

〜リアルタイム通信エンジンの新しい選択肢〜
- 「Monobit Revolution Sever(MRS)」、「Monobit Unity Networking 2.0」のすべて‐
リリースされてばかりの新作リアルタイム通信エンジン「Monobit Revolution Sever」と、Unityに特化した「Monobit Unity Networking 2.0」について、性能・コスト・導入方法など、既存製品と比較からご紹介します。
なお、IDCフロンティア社サーバによる性能試験結果も公開致します。


■講演者紹介

・IDCフロンティア プロダクト企画部 企画グループ 金杉 有見子 氏

2014年USワシントン大学 工学部 電機工学科を卒業し、2015年IDCフロンティアに入社。2年間ソリューションアーキテクトとして活動し、同時にセミナーの講師や『シンプル・パワフルIDCFクラウド攻略』(カットシステム 2016)の執筆を担当。現在はプロダクト企画として新サービスの開拓を行う。


・モノビット 代表取締役社長 本城 嘉太郎

1978年神戸生まれ。ゲーマーだった19歳の時、世界初の本格MMORPG「ウルティマオンライン」に出会って廃人化…しつつも強い衝撃を受け、将来ネットワークゲームを作ることを決意。サーバエンジニア、大手コンシューマゲーム開発会社を経て、2005年にモノビットを創業。コンシューマゲームの受託開発を行いつつ、まだ日本でネットワークゲームを作る文化がなかった頃からネットワークゲーム開発の研究開発に着手。その成果を元に、2013年からモノビットリアルタイム通信エンジンの販売を開始。また、CEDECでは2010年から5年連続で講演を行っており、そのうち2つの講演がトップクラスの聴講者評価を頂き、CEDEC AWARDの選考委員も務める。


・モノビット 取締役CTO 中嶋謙互

GitHub
1974年京都に生まれ、小学生の時からゲームプログラミングを始める。
96年、世界初のJavaアプレットを用いたMMORPGを制作。2001年にはオンラインゲーム用ミドルウェアVCEを開発し、50以上のオンラインゲームやMMORPGで利用され、日本のオンラインゲームの黎明期を創出。
その後、国民的人気シリーズのMMORPGをはじめ、様々なネットワークゲームの開発に従事。

また、シンラ・テクノロジー社ではクラウドゲーム用SDKの開発を主導。著書に「オンラインゲームを支える技術 -壮大なプレイ空間の舞台裏」(技術評論社)、CEDECなど講演実績多数。


・スマートフォンゲームアプリのプロデューサーやディレクターの方
・スマートフォンゲームやVRアプリの開発を手がけるエンジニアの方
・iOS/Android/HTML5/PlayStation4/Nintendo Switchアプリの開発に関わっている方
・リアルタイム通信の動向を知りたい方
・スマートフォンゲームアプリの裏側の技術に興味がある方
・Unreal Engine、Unity、Cocos2d-xの開発者
・Linux/Windowsサーバエンジニアの方


■セミナー概要
日時:4/27(木) 19:00-21:45 (セミナー・懇親会 無料・任意)
会場:東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー11F「BASE11」
ACCESS:・東京メトロ永田町駅 9a出口直結/赤坂見附駅より 徒歩1分
http://www.tgt-kioicho.jp/access/

※紀尾井タワー2Fで受付を済ませ1Fからエレベータで11Fへ。


■主催
IDCフロンティア
モノビット

参加費:無料
ハッシュタグ #mrs_vr

■持ち物
当日は受付のため、ATNDのQRコードと名刺1枚が必要になる。
 
 

申し込みはこちらから

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( モノビット

ピックアップ

記事ランキング

1 【イベントレポート】『クーロンズVR』体験会開催 酔い対策や操作方法など体験版から更なる向上へ…製品版はもうすぐ!!
2 【TGS2017】CRI、触覚ミドルウェア「CRIHAPTIX」を発表 タイムライン配置で簡単に触覚演出が可能に
3 【TGS2017】アンビリアル、自転車筐体を使ったVRシューティング『アーティファイト』を出展
4 【おはようVR】コナミ新作『ときめきアイドル』はVR対応 『カイジVR』を原作者がプレイなど
5 【TGS2017】松戸市、VRを含めた4タイトルを出展 仮面女子の月野もあさんもブースに登場
6 【TGS2017】南国ソフト、FOVE使用のVRコンテンツ 『The Outer Foxes』を出展
7 【TGS2017】CRI、楽曲解析ミドルウェア『BEATWIZ』大型アップデート ボーカル分離フィルターなど追加…デモも披露へ
8 【インタビュー】VRはまだまだこれから、鍵は家庭用とアーケードの両輪展開にあり…原田氏、玉置氏に聞くBNEのバーチャルリアリティ【後編】
9 【プレステカンファレンス】SIEJAプレジデント盛田氏「PS VRはより供給を増やし、新価格で提供する」 カメラ同梱版が値下げに
10 セガ、体験者が実際に歩いて戦うアーケードFPS『Mortal Britz』のエリアを倍増 
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム