アイデアクラウドに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

アイデアクラウド、GoogleのAR技術Tangoを利用した3Dオブジェクト配置ARアプリ「PERS AR」の提供を開始

2017年04月19日 10時35分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



VR / MR(複合現実)/AR(拡張現実)事業を手がけるアイデアクラウドは、GoogleのAR技術Tangoを利用して「深度認識」を行い空間を把握、様々な3Dオブジェクトを空間に配置できるARアプリ「PERS AR」の提供を開始したと発表した。

「PERS AR」では深度認識を行い空間を把握、従来のARとは違いマーカーによるオブジェクト描画・設置では無く、平面となる場所を判定して、テーブルやイス・ベットをはじめとした、様々な3Dオブジェクトを自由に配置することが可能だ。空間に対してオブジェクトが設置されているため、端末を実際に近づけたり回り込んだりすることで、オブジェクトの大きさや角度が変わり、あたかも現実世界に設置したような体験を提供する。
 



■3DCGモデルを現実世界に重ねて、比べて、サイズやカラーバリエーションを確認

「部屋の中に家具を置きたいけど、サイズ感がわからない」「製品のカラーバリエーションを現物並べて見比べたい」など「PERS AR」を使えばいつでもどこでも、3DCGモデルを呼び出し、現実世界と連動して確認することが可能だ。


■提供価格について

提供価格は初期費用240,000円(税別)、月額30,000円(税別)。

設置可能な3DCGモデルはWEBと連動しており、専用の管理パネルから3DCGを登録し、端末側に呼び出すことが可能だ。

様々な業種業態に対応した汎用的なARアプリケーションとしての展開し幅広い業種業態の「設置してみないとわからない」を解決していくアプリケーションとして販売していく。

PERS AR特設サイト
http://ideacloud.tokyo/persar/
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【インタビュー】VRを創りたいクリエイター達のパッション、PS VRの開発からVR元年まで…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(4/5)
2 【インタビュー】PS VRはここから始まった、ソニーからSCEへの事業化までの道のり、嘘みたいな本当の話…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(1/5)
3 【インタビュー】ハードの開発はソフトチームとの共同製作へ 新たに生まれたシナジーとは…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(3/5)
4 【PSVR】PS STOREでVRタイトルが期間限定セールを開始 『Rez Inifinite』『DOAX』『バイオ7』など計42本…最大60%引き
5 【インタビュー】SCEの始動、ゲームをより幅広い人へ、よりカッコイイものにしたかった…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(2/5)
6 イオンレイクタウン VR Center、GW限定でホラーコンテンツ『オバケリアVRクリーピングテラー』を含めた複数の機種を導入
7 【PSVR】DMM、Ver3.00でVRモードに対応 "様々"なコンテンツがVRで視聴可能に
8 【PSVR】韓国SKONEC、FPS『Mortal Blitz』日本国内で販売開始 グロッキーフィニッシュでスタイリッシュにキメる
9 【おはようVR】SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く第3回 PSVRを使ってDMMのVRコンテンツが再生可能になど
10 グリー、アミューズメント施設向けとモバイル向けVRに注力する方針…荒木氏が明かす
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム