アイデアクラウドに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

アイデアクラウド、GoogleのAR技術Tangoを利用した3Dオブジェクト配置ARアプリ「PERS AR」の提供を開始

2017年04月19日 10時35分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



VR / MR(複合現実)/AR(拡張現実)事業を手がけるアイデアクラウドは、GoogleのAR技術Tangoを利用して「深度認識」を行い空間を把握、様々な3Dオブジェクトを空間に配置できるARアプリ「PERS AR」の提供を開始したと発表した。

「PERS AR」では深度認識を行い空間を把握、従来のARとは違いマーカーによるオブジェクト描画・設置では無く、平面となる場所を判定して、テーブルやイス・ベットをはじめとした、様々な3Dオブジェクトを自由に配置することが可能だ。空間に対してオブジェクトが設置されているため、端末を実際に近づけたり回り込んだりすることで、オブジェクトの大きさや角度が変わり、あたかも現実世界に設置したような体験を提供する。
 



■3DCGモデルを現実世界に重ねて、比べて、サイズやカラーバリエーションを確認

「部屋の中に家具を置きたいけど、サイズ感がわからない」「製品のカラーバリエーションを現物並べて見比べたい」など「PERS AR」を使えばいつでもどこでも、3DCGモデルを呼び出し、現実世界と連動して確認することが可能だ。


■提供価格について

提供価格は初期費用240,000円(税別)、月額30,000円(税別)。

設置可能な3DCGモデルはWEBと連動しており、専用の管理パネルから3DCGを登録し、端末側に呼び出すことが可能だ。

様々な業種業態に対応した汎用的なARアプリケーションとしての展開し幅広い業種業態の「設置してみないとわからない」を解決していくアプリケーションとして販売していく。

PERS AR特設サイト
http://ideacloud.tokyo/persar/
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( アイデアクラウド

ピックアップ

記事ランキング

1 「リゼロ」のVR添寝・膝枕がPSVRとPCへの移植決定 より高画質、より近くに
2 【PSVR】『バイオハザード7』新ムービー 「TAPE-02 "レッドフィールド"」公開 本編後に幕開けする新たなストーリー
3 【PSVR】『DEEMO』新作が発表 SMEの新レーベルUNITIESより
4 YJM Games、VR FPSアドベンチャー『OVERTURN』をリリース 謎の少女マギと施設の秘密を解き明かせ
5 【JVRS3レポート】SIE、Microsoft、HTCの3社がそれぞれの立場で語るVRを使った未来とは 
6 VR開発の積木製作、仮想空間を使った建築学習にコンテンツを提供
7 【おはようVR】PSVR対応の『DEEMO』登場 ドコモ、DayDream対応スマホ3機種を発表 富士通MRヘッドセット提供など
8 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
9 ヒューマンライフケア、VRを使ったスタッフ研修を開始
10 『黒騎士と白の魔王VR』 が「VR PARK TOKYO」に登場
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム