VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

MSI、NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti搭載ラインナップに2製品を追加 想定価格は94,800円(税別)から

2017年04月23日 13時04分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


MSIは、NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti搭載グラフィックスカードのラインナップに、MSI独自基板を採用したOCモデルの下位製品「GeForce GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC」と、Corsair社のHydro水冷ユニットを採用した高性能OCモデル「GeForce GTX 1080 Ti SEA HAWK X」の2製品を追加、4月22日に発売すると発表した。

市場想定価格(税別)は、GeForce GTX 1080 Ti ARMOR 11G OCが94,800円、GeForce GTX 1080 Ti SEA HAWK Xが116,800円となっている。

<以下、プレスリリースより>

■最高の性能を少しでもお求めやすく



GeForce GTX 1080 Ti ARMOR 11G OCは、冷却機構に分散型のファンブレードと従来型のファンブレードを組み合わせたトルクスファンを2基搭載するARMOR 2Xを採用し、ヒートシンクに効率的なエアフローを供給することで、安定したオーバークロック動作を実現。

ヒートシンクカバーはブラックとホワイトのモノトーン仕上げとすることで、どんなシステムにもマッチします。また、MSI独自設計の基板を採用し、8ピン×2の補助電源を備えることにより、MSI独自オーバークロックユーティリティのAfterburnerを利用することで、よりアグレッシブなオーバークロック動作を試みることも可能です。


■静音性と最高のパフォーマンスを両立



GeForce GTX 1080 Ti SEA HAWK Xは、Corsair社のHydro H55水冷ユニットを採用することにより、より静かな動作音でGeForce GTX 1080 Ti GAMING X 11Gと同じオーバークロック性能を実現します。

Hydro水冷ユニットは、GPUコアの放熱にマイクロフィンの銅製ベースを組み合わせた水冷ユニットを採用する一方、電源まわりの冷却用にファンを搭載することで、安定したオーバークロック動作と静音性を両立しました。また、カード上面にはMSIロゴのLEDを備え、GAMING APPからライティング効果を変更することができます。

 
【主な仕様】



【製品情報】
GeForce GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC
https://jp.msi.com/Graphics-card/GeForce-GTX-1080-Ti-ARMOR-11G-OC.html
GeForce GTX 1080 Ti SEA HAWK X
https://jp.msi.com/Graphics-card/GeForce-GTX-1080-Ti-SEA-HAWK-X.html
 
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】バンナム、『Ace Combat 7』のE3トレイラーを公開 会話のやりとりに垣間見るパイロット達の暗い影
2 360Channel、倉持由香さんらの「VRグラドル女子会」が見逃し配信へ 企画会議や撮影の裏側もちらり
3 VR IMAGINATORS、VTuber召喚アプリ『エルミナAR』をAppStoreで公開 『#VTuber召喚計画』として今後はキャラの追加も
4 デル、Radeon RX Vega 搭載CPUを採用したハイエンドノートPC「New XPS 15 2-in-1」の販売を7月13日に開始
5 マスクメーカー「横井定」が開発するVR HMDカバー「VR GOGGLID」が6月20日より販売開始
6 理経、大阪市消防局が防災訓練用VRコンテンツ「避難体験VR」の採用を発表
7 スペースリーとSTW、モルディブリゾートの観光VRコンテンツを店頭で展開開始
8 ビーライズ、「3D&バーチャルリアリティ展」へ出展 展示で使用するHMDは視野角210°の「StarVR」を使用
9 SIE、期間限定で「Days of Play」キャンペーンを実施 PS4ProとPSVRのセットが1万円もお得に
10 【おはようVR】国内PS STOREのVRランキング ​サムスン電子ジャパンが原宿でVRサッカー体験コンテンツ提供など
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど