VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

スパイスボックス、自社製スマホVRゴーグルMilbox(みるボックス)の高機能版「Milbox 2」を発表

2017年04月26日 09時42分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



VRをマーケティング活用するVRマーケティング支援企業、WHITEは、一般ユーザー向けに自社製スマホVRゴーグルMilbox(みるボックス)の高機能版「Milbox 2」をAmazonにて、5月中旬より販売開始すると発表した。

これにともない、本日より、企業の販促などで利用できる、オリジナルデザイン「Milbox 2」の製造の受付を開始する。

VRマーケティング支援企業であるWHITEでは、企業の販促用オリジナルデザインVRゴーグルの制作から、ノベルティグッズを活用した広告施策、コンテンツ、イベント等のプランニング、情報流通設計までVRマーケティングをワンストップで支援していく。

<以下、プレスリリースより>

■「Milbox 2」の特長

1. Google社の品質基準であるWWGC認証の取得
WHITE製のスマホVRゴーグル「Milbox」、「Milbox 2」は、それぞれ2016年9月、2017年4月に米国Google社の簡易型VRゴーグル向け認証制度「Works With Google Cardboard(WWGC)」を取得しています。WWGCは、「安全性」「機能性」「操作性」など、米国Google社が独自に定めた品質基準を満たす簡易型VRゴーグルのみに発行される認証です。日本では、現在「Milbox」「Milbox 2」を含む3製品(※1)が認証を受けています。

「Milbox 2」を利用する際、ビューア設定を行うことで(※下記参照)、YouTube、GoogleストリートビューなどGoogle社が提供しているアプリ、またCardboard SDKを活用しているすべてのアプリのコンテンツをゴーグルに最適化された状態で楽しむことができます。歪みが少ない美しい画像を楽しむことができるため、深い没入感を味わうことが可能です。

【設定方法】
Milbox 2にコンテンツを最適化させるための設定方法(YouTubeの場合)

※Googleストリートビュー、Cardboard SDKアプリにおいても、上記のゴーグルマークが記載されており、同様の設定ができます。

2. 大型・高品質のプラスチック製レンズの採用により、深い没入感を実現
「Milbox 2」に搭載しているのは、大型・高品質のプラスチック製レンズです。Milboxに比べて焦点距離(※2)が近くなり、これまで以上に深い没入感と臨場感を伴ったVR体験を実現することが可能となりました。

3. 選べる3色のカラーバリエーション
また、「Milbox 2」では、ホワイト、ブラック、オレンジのカラーバリエーションを追加いたしました。3色の中からお好きな色を選んでいただくことができます。


■製品仕様
Amazonでの販売価格:1300円(税別)
カラーバリエーション:ホワイト、ブラック、オレンジの3色
対応スマートフォン
(最大サイズ : 高さ150 x 幅75 x 厚さ11 mm)
-Apple iPhone 7/7 Plus/6s/6s Plus/6/6 Plus
-Samsung Galaxy S7 edge/S6 edge/S6/S5/J
-Sony Xperia XZ/X/Z5/Z4/Z3
-Google Nexus 6P/5x ほか
※上記の表はゴーグル本体の内寸に収まる端末を記載したものです。VRアプリの動作を保証するものではありません。その他対応端末は、Milbox 2製品ページ(http://milbox.tokyo/milbox2/)をご覧ください。
対象年齢:12歳以上推奨
保証期間:1年
同梱物:Milbox 2本体、取扱説明書 各1点
本体サイズ:約152 x 92 x 85 mm
本体重量:約70g
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 Key、クラウドファンディングで目標金額の1000万円を40時間で達成…『planetarian』がVRアニメに
2 【PSVR】最後の追加DLC楽曲「M@GIC☆」が11月22日配信決定 『アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション』
3 CCP、Steamで未来型ドッジボール『SPARC』をリリース PSVRやOculusとのクロスプラットフォームも
4 【おはようVR】クリスが主役『バイオ7』DLCプレイレポート 『DOOM VFR』とPSVRのバンドル登場など
5 VR/ARを使った体験型アミューズメントが来春登場 サッカーやクレー射撃など約20種目を用意
6 【PSVR】『バイオハザード7』無料DLCの『Not A Hero』先行プレイリポートをお届け
7 最新の機器を使ってVRなどが体験できる「Galaxy Studio Kobe」が11月25日から開催
8 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
9 ユニットコム、Core i7-8700KとGTX1070(8GB GDDR5)搭載 194,378円(税込)から
10 VR開発運営のジョリーグッド、約4億円の資金調達を発表 サービスの拡充と開発・営業体制の強化へ
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム