コロプラに関するVR決算記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

コロプラ馬場社長「VRアクションゲーム『TITAN SLAYER』は高い評価を集めている」 少数精鋭での開発は継続もペースは落とさない

2017年05月16日 14時27分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
コロプラ<3668>の馬場功淳社長(写真)は、5月10日に開催した決算説明会において、4月28日にリリースした『TITAN SLAYER』はSteam上で1位になったことや、世界最大規模のVR&AR展示会『VRLA Expo』での展示においての反応などを挙げ、自社内でVRで良いゲームは作れていると評価を示した。

「スマートフォンゲームとは異なり少数精鋭で開発を行っている」ものの、自社のVR開発のリリースに関してのペースを落とさないことを強調した。

同社のVR開発は、2015年の1月9日にOculus Riftで白猫VRプロジェクトをリリースし、その後、5月にGear VR版の提供を開始した。翌2016年には、『Fly to KUMA*』、『Dig 4 Destruction』、『STEEL COMBAT*』、『Fly to KUMA MAKER*』の4タイトルをHTC ViveやOculus Rift向けに配信。2017年には、『COLOPL VR GARAGE』、『TITAN SLAYER』の2本のVRタイトルをリリースしている。

*PlayStation VRでも発売しているタイトル。

 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( コロプラ

ピックアップ

記事ランキング

1 Amazon、2月28日からタイムセール祭りを開催 PSVRなども対象に
2 【PSVR】英Fountain Digital Labs、サバンナを体験する『ヴィリヴィアル』を国内で配信開始…アフリカで撮影した野生動物が目の前に
3 建仁寺と京都国立博物館で、HoloLensを使った新たな文化財の鑑賞体験を開催 
4 【PSVR】アトラスの『ペルソナ ダンシング』シリーズはVRに対応? PS STORE予約ページに記載が含まれる
5 実際の目線で大きさを確認 ヒストリア、建築ビジュアライゼーション『Solid Vision』がデザイン住宅のショールームに採用
6 エフマイナーとパルマ、トランクルームの成約率向上をVRで目指す 内見無しによる業務効率化へ
7 DMM、Windows MR対応ヘッドセットのレンタルを開始 5日間で10,000円から 
8 【PSVR】アクションADV『Apex Construct』が北米リリース…元EAなどのクリエイターが集うVRゲーム会社Fast Travel Gamesの初作品
9 オリンピックを見据えた警視庁への提案も 日常業務を変革するサン電子のAR技術を使った『AceReal One』とは
10 最大18コアCPUと水冷SLI構成のGPU(NVIDIA)が可能 デル、ゲーミングデスクトップPC「ALIENWARE AREA-51」を発売開始
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど