コーエーテクモホールディングスに関するVR決算記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【決算説明会】コーエーテクモ、襟川社長「VR SENSE は夏に向け鋭意開発中」 AM事業は今期7.4倍の増益を見込む

2017年05月15日 16時37分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


 
コーエーテクモホールディングス<3635>は、4月28日に開催した決算説明会において、代表取締役 襟川陽一 社長はVR事業に関して、「VR SENSE 」は夏の発売に向け鋭意開発を進めているとした。

同社の2017年3月期は、『DEAD OR ALIVE Xtream 3』のVRモード配信を開始し、キャラクターの魅力を最大限に引き出すコンテンツとなったと評価した。
 

また2月に発表したPlayStation4とPlayStation VR(以下、PSVR)をベースにしたアミューズメント用のVR筐体『VR SENSE』に関して、ジャパンアミューズメントエキスポ2017において、試遊のために長い列が出来るなど大きな注目を集めたと手応えがあったことを明かし、夏の発売向け鋭意開発を進めているとした。

同筐体は、PS VRをベースにしていることから、製作での横展開も期待できることや、2月の発表会では他社製のコンテンツへの解放も前向きに検討しているとしていたことから、現在コンテンツの開発を行っている事業者にとっても魅力的だろう。
 
 

*『VR SENSE』発表会より

事業別売上高・営業利益のアミューズメント施設運営(以下、AM施設)に目を向けてみると、2017年3月期は3600万円の減益になっている。これについては「既存店の売上高は好調に推移しているものの、多機能VR筐体 『VR SENSE』 の開発費用が先行し減益になった」と専務執行役員CFO 浅野健二郎氏が説明している。
 

また、2018年3月期の事業別の売上高・営業利益計画に関して、AM施設では、売上高21億円、営業利益2億円とし、この数字には『VR SENSE』の売上と利益を含んでいるが保守的な目標だとしている。
 
 
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( コーエーテクモホールディングス

ピックアップ

記事ランキング

1 ドコモ、「みんなのVR」を美祢市の観光協会に提供
2 【PSVR】タワーディフェンスゲーム『Animal Force』が2018年に国内発売 動物と共にエイリアンから地球を守ろう
3 「東京国際消防防災展2018」にVR防災体験車が登場 地震などの災害を疑似体験できる
4 凸版印刷、VR作品『洛中洛外図屛風 舟木本』を5月25日から特別上演へ  東洋館内 TNM & TOPPAN ミュージアムシアターにて
5 「WIRED」日本版の元編集長 若林氏がソニーとの新プロジェクト「trialog」を正式稼働 トークイベントでは水口哲也氏やSIE秋山賢成氏らが登壇
6 【PSVR】SIEが6月12日10時から「E3 2018 SHOWCASE」をストリーミングで配信 新作への期待が高まる
7 ヴァンガード、Oculus GO用のVR STG『ACE PHANTOM』を配信開始
8 アカツキ所属のエンジニア谷口氏の技術研究が「SIGGRAPH VR部門の展示プロジェクトに選出
9 USJ、『エヴァンゲリオン XRライド』を期間限定で復活 
10 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど