NVIDIAに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

NVIDIA、同じ場所で話しているかのような画期的VRプロジェクト、Holodeck を発表

2017年05月21日 16時40分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



NVIDIA は視覚、音、触覚を通じて、実世界に存在するような感覚を取り入れるプロジェクト「Holodeck」を発表した。
 
Holodeck 環境は、クリエーターが高忠実度でフル解像度のモデルを VR に取り入れることで、同僚や友人らとの、コラボレーション(同じ場所で話しているような)や共有を可能にし、デザインに関する意思決定をより容易かつ迅速にできるようにしている。
 
Holodeck は、Epic Gamesの Unreal Engine 4 の拡張版に基づき構築され、NVIDIA GameWorks、VRWorks、DesignWorks を含み、類を見ない写真のようなリアリズム、物理のシミュレーションなどをコラボレーティブなバーチャルリアリティーを提供する。
 
NVIDIAの 創設者兼CEOであるジェンスン・フアン (Jensen Huang) は、Holodeck の可能性について、シリコンバレーで開催されたGPUテクノロジーカンファレンスの基調講演で発表しました。
 
発表の様子(動画): NVIDIA Announces Project Holodeck
 
 
デモでは、GTC の参加者に対し、190 万ドルのKoenigsegg Regeraスーパーカーのデザインレビューの様子を紹介。参加者は、Holodeck 環境のエンジニア達が車両を拡大し、視覚的に十分な忠実度で、デザインの変更について互いにリアルタイムで相談し合う様子を見ることができる。
 
Holodeck の高忠実度により、デザイナーは、計器パネル、通気孔、エンジン部品などの組み込み機器を確認できる。

また、日中や夜間の運転、道路状態、天気といったシナリオのための複数の照明構成のシミュレーションを行うことで、窓やガラスのコックピットが光をどのように反射するか理解できる。
 
Koenigsegg Automotive ABの創始者、クリスチャン・フォン・ケーニグセグ (Christian von Koenigsegg) 氏は、次のように述べています。「感覚、視覚、音の面でKoenigseggのような車は他にありません。1 台 1 台が、個々に注文された芸術作品であり、お客様のご要望に合わせてカスタムデザイン、エンジニアリングが行われています。車両が作り上げられる前に、そのオーダーメイドの特性をお客様が体験できることは非常に魅力的です。」
 
Holodeck では、巨大なモデルを幾何学的に単純化することなく、容易に取り込み、美しくレンダリングできます。Koenigseggの自動車の場合、モデルは5,000 万ポリゴンという驚くべきものでした。これは、クリエーターが VR 向けにモデルを単純化する時間を省き、十分な忠実度で検証する時間を増やせることを意味します。
 
Holodeck 環境の潜在的な利用事例は、製品のデザイナーやアーキテクトからクリエーター、3D や360 度のコンテンツを VR 空間で仲間と楽しみたいという愛好家まで、多岐にわたります。
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( NVIDIA

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】PS4アップデート内容公開 VR時のコメント表示やBlu-ray再生時の7.1chバーチャルサラウンド機能など
2 【SteamVRランキング8/18】 本日発売『VR戦艦大和』が首位で出港 アイドルプロジェクト『Hop Step Sing!』の新曲が3位など、上位6つを国産タイトルが占める
3 参加者が体験する「POOL JAM EXPO 2017」が開催 子供も体験可能なVRラフティングやプールサバゲー、泳げるナイトプールなど
4 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
5 【PSVR】SIE、映画『仮面ライダーエグゼイド』コラボ第2弾を無料配信 VRとTVを使った協力プレイが可能に
6 VRコンソーシアムとVRSJ、9月14日から筑波で「JAPAN VR EXPO 2017」を開催 
7 神田技研、実物大を体感する『VR戦艦大和』Steam版をリリース 酔いにくいワープモードやVRを使わない2D-FPSモードの搭載も
8 【SteamVRランキング8/16】 『ぎゃる がんVR』が首位 リリース直後のVRホラー『CHAINMAN』が早くも2位に…国内新作VRタイトルが好調
9 【インタビュー】『バイオ7』の振り返り、そしてクリスが主役の「Not A Hero」の展望とは…カプコンのVRへの取り組みについて川田氏、高原氏に聞く(後編)
10 MyDearestのVR×ライトノベル『Innocent Forest』がネットカフェでプレイ可能に リリース記念で小林裕介さんらの直筆サインも
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム