DYING: Reborn PSVR、OASIS GAMES、PlayStation4、PlayStationVR(PSVR)、PlayStation Vitaに関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【PSVR】Oasis Games、ホラーADVゲーム『DYING: Reborn VR』を国内リリース 木村昴氏により吹き替えも

2017年05月25日 12時05分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sony Interactive Entertainment 上海のオフィシャルパートナーである Oasis Gamesは、日本初リリースとなるゲーム『DYING: Reborn + DYING: Reborn VR バンドル』をPlayStationStoereでリリース開始した。

対応機種は PlayStation 4、PlayStation Vita、PSVRとなる。PSVR ではフリーローミングと 30 度の回転操作が可能だ。

世界中に配信された同タイトルだが、国内版の特徴は吹き替えが用意されている。コルビー役には声優・木村昴さんをキャスティングしている。
 

同タイトルは、主人公である Mathew(マシュー)という男性が、失踪した妹を探すところから始まる。消えた妹を探しているうちに、あることがきっかけで、主人公は不気味なホステルに拉致。ホステルを脱出し、妹と再会をするために、主人公(プレイヤー)は奇妙なパズルゲームを読み解きます。

また、パズルを解くごとに、重く悲しい主人公の過去に近づく……ストーリーも見逃せない、メンタルホラーゲームだ。
 

 
今回、『DYING: Reborn』をプロデュースにはNEKCOM が行っている。同社は中国の某有名企業に携わっていた優秀な開発者によって設立している。プロデュースチームは、これまでにも様々な AAA タイトルのゲームに協力をしており、Electronic Arts 社の初めての 3D ゲームエンジン開発の協力者でもある。

■タイトル名:DYING: Reborn(ダイイング:リボーン)
・発売元:OASIS GAMES LIMITED
・開発:NEKCOM
・PS4, PSVR, PSVITA
・ジャンル:ホラーパズルアドベンチャー
・日本語対応
・発売日:2017 年 5 月 25 日
・価格:通常ダウンロード版 販売価格
PSVITA:¥1,700
PS4 + PSVR バンドル:¥2,200
PS4 + PSVR + VITA バンドル:¥2,800
・プレイ人数:1 人
・CERO:PSVR:C(15 才以上対象);PS4・PS Vita:D(17 才以上対象)

 

PS STORE(日本)

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( PlayStationVR(PSVR)OASIS GAMESDYING: Reborn PSVR

ピックアップ

記事ランキング

1 「リゼロ」のVR添寝・膝枕がPSVRとPCへの移植決定 より高画質、より近くに
2 【PSVR】『バイオハザード7』新ムービー 「TAPE-02 "レッドフィールド"」公開 本編後に幕開けする新たなストーリー
3 【PSVR】『DEEMO』新作が発表 SMEの新レーベルUNITIESより
4 YJM Games、VR FPSアドベンチャー『OVERTURN』をリリース 謎の少女マギと施設の秘密を解き明かせ
5 【JVRS3レポート】SIE、Microsoft、HTCの3社がそれぞれの立場で語るVRを使った未来とは 
6 VR開発の積木製作、仮想空間を使った建築学習にコンテンツを提供
7 【おはようVR】PSVR対応の『DEEMO』登場 ドコモ、DayDream対応スマホ3機種を発表 富士通MRヘッドセット提供など
8 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
9 ヒューマンライフケア、VRを使ったスタッフ研修を開始
10 『黒騎士と白の魔王VR』 が「VR PARK TOKYO」に登場
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム