ガンホー・オンライン・エンターテイメントに関するVRイベント記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ガンホー、「ガンホーフェスティバル2017」を開催 HTC VIVEを使った『パズドラクロスVR』を出展

2017年05月29日 16時05分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ガンホー・オンライン・エンターテイメント(以下、ガンホー)は、5月28日、幕張メッセにて、「ガンホーフェスティバル2017」を開催した。毎年恒例のライブステージ、ケリ姫キックチャレンジ、サモンズディスクゴルフ、ポリンの玉入れなど、全14アトラクションゲームやクレーンゲームなどが色々な方法で楽しむことができ、入場料も無料だ。

当日は、会場がある海浜幕張に向かう電車内では、パズドラをプレイしながら向かう人たち、施設内では早くから幅広い年齢のファンたちが会場に詰め掛け、大いに賑わっていた。
 

▲午前中にもかかわらず物販ブースには長蛇の列が

また今年、特徴的だったのは、『パズドラクロスVR』コーナーだ。同コンテンツは、今回のフェスティバルのために3ヶ月ほどの期間で制作され、機器はHTC VIVEを使用している。
 

プレイヤーは、アニメ『パズドラクロス』の世界に入り込み、現れる巨大モンスターを撃退するという内容だ。操作はVIVEコントローラーを地面に向け、すくうように上に向けることで、地中から様々なドロップが出現する。

現れたドロップをVIVEコントローラーのトリガーを使って集め、モンスターへの攻撃が発動する。『パズドラ』に触れていなくても操作にはすぐに慣れることができるはずだ。VR空間であのドロップが揃い攻撃時の効果音を聞くのは非常に心地良い。
 

▲MR用に緑のクロマキと組み合わせて使用していたキネクトとVIVE TRACKER。
 
同社のVR事業については、2016の年始に行った森下一喜社長のインタビューで「商品化するかどうかはわからない」と前置きしつつ、研究開発の一環としてVRゲームの制作を行っていることを明かしている。

また2016年10月31日に開示した第3四半期の決算説明会資料では、新作パイプラインの一つとして、VR等新分野向けを発表している。

ガンホーのものづくりの姿勢から、面白いものができたらという点が念頭にあるため、明確なコンテンツが発表されているわけではない。また子供にもできるように一眼タイプでも研究も行っているとのことだ。同社の今後の展開に期待したい。

 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ガンホー・オンライン・エンターテイメント

ピックアップ

記事ランキング

1 PSVRタイトルのセールが開催 PS Storeで『勇なま』、『Rez Infinite』、『クーロンズゲート』、『SUPERHOT』など50タイトルが最大75%OFFに
2 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
3 【PSVR】期待の新作 2018年、注目PlayStation VR対応タイトルを紹介
4 【PSVR】米国PS STORE1月のランキングが公開 首位は『Job Simulator』…新作ホラーADV『The Inpatient』もランクイン
5 【PSVR】実際に腕を振って走る『Sprint Vector』がプレステでリリース 大ヒットVRゲームを開発したSurviosの新作
6 SIE協力のもとUnityでPSVRコンテンツの開発を楽しむ 中高生向け無料講座が3月に早稲田大学で
7 ナーブ、新型ロマンスカーのVRコンテンツへソリューションを提供 小田急電鉄は内製による短納期を高く評価
8 【SteamVRランキング6/30】『Airtone』が首位返り咲き、『Hop Step Sing!』初登場4位 TOP5は国産タイトルが占める
9 宝塚大学メディア芸術学部、看護学部で使用の小児看護教材VRシステムを学生が制作へ
10 【PSVR】バーで飲んで喧嘩するだけ とっても駄目なアクションゲーム『Drunkn Bar Fight』がリリース
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど