VRイベント記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

『Sairento VR』はあっという間にリクープ成功 「お金が降ってきた」と語るMixed Realms COOのCHEE氏が登壇…PSVR版開発も視野に

2017年06月02日 13時48分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



デジタルコンテンツの総合事業を展開する、テクノブラッドは、5月29日、東京都内において開催されたテクノブラッドカンファレンス2017において、世界で初めてとなる日韓共通の施設設置型VRコンテンツプラットフォーム「VIRTUAL GATE(バーチャルゲート)」(以下、VR GATE)の発表を行った。

イベント内では、協力関係にあるコンテンツ開発会社の講演も行われた。本稿ではSteamの売り上げランキングでも度々上位に進出している『Sairento VR』を制作したMixed RealmsのCOO「CHEE YONG」氏の登壇内容をお伝えする。


■投資した額はリリース後、2週間で回収
 

そもそもの開発経緯はどういったものだったのだろうか。CHEE氏が言うには、当時のVRゲームはバーチャルリアリティの良さが活かされておらず、今までのPCゲームの延長になっていたことにがっかりしていたのだという。

そこで、そこで自分たちが新しいVRゲームを作りたいというところから、VRコンテンツを制作するきっかけとなった。Mixed Realmsは2016年に開発者4名と3万ドルで、4ヶ月ほどかけて初めてゲームのプロトタイプを制作したのが発端となる。
 

『Sairento VR』は、映画『マトリックス』のバレットタイム+『攻殻機動隊』のアクション+『Kill Bill』のぶっとんだキャラクターといった要素に、PCゲームの人気ジャンルであるShooterとActionを取り入れ、「更に忍者になりたいよね」という発想から組み上げたものだと明かした。
 

売上に関しては、他社のVRタイトルの状況を見て期待をしていなかったが、ふたを開けると非常に好評だったという。リリースして2週間ほどで投資した資金をリクープ(回収)できたことアピールした。なお、CHEE氏の状況を「お金が降ってきた」と振り返っている。
 

気になる今後の展開だが、『Sairento VR』は世界中のゲームセンターで遊べるようにライセンス契約を開始、2017年9月には正式版のリリースを行ううとのことだ。また2018年にはテクノブラッド専用のバージョン製作と、PlayStationVR版の開発も予定しているという。

最後にCHEE氏はMixed Realmsをより大きいVR開発会社にしていきたいと意気込みを見せ、締めくくった。
 
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 「リゼロ」のVR添寝・膝枕がPSVRとPCへの移植決定 より高画質、より近くに
2 【PSVR】『バイオハザード7』新ムービー 「TAPE-02 "レッドフィールド"」公開 本編後に幕開けする新たなストーリー
3 【PSVR】『DEEMO』新作が発表 SMEの新レーベルUNITIESより
4 YJM Games、VR FPSアドベンチャー『OVERTURN』をリリース 謎の少女マギと施設の秘密を解き明かせ
5 【JVRS3レポート】SIE、Microsoft、HTCの3社がそれぞれの立場で語るVRを使った未来とは 
6 VR開発の積木製作、仮想空間を使った建築学習にコンテンツを提供
7 【おはようVR】PSVR対応の『DEEMO』登場 ドコモ、DayDream対応スマホ3機種を発表 富士通MRヘッドセット提供など
8 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
9 ヒューマンライフケア、VRを使ったスタッフ研修を開始
10 『黒騎士と白の魔王VR』 が「VR PARK TOKYO」に登場
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム