VR JAPANに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

C&R子会社のVR Japan、解像度を2.5Kにアップした一体型HMD「アイデアレンズ K2プラス」を6月15日から販売

2017年06月15日 13時00分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



クリーク・アンド・リバー(以下、C&R)の子会社VR Japanは、 スタンドアロン(一体)型のVRヘッドマウントディスプレイ(HMD)「IDEALENS K2 (アイデアレンズ ケーツー)」の解像度がアップした「アイデアレンズ K2プラス」を、 C&Rを通じて6月15日より販売を開始した。

「アイデアレンズ K2プラス」は、 解像度が2.5Kレベル(2560 × 1440 )に向上し、 よりリアルな360°映像を楽しむことが出来るようになっております。 スマートフォンやPCとの接続が不要のケーブルレスで、 頭部を前後から緩やかに挟み込む装着方式や、 眼鏡をかけたままでもピント調整がすぐに出来る手軽さが、大きな特徴のHMDだ。 

「アイデアレンズ K2」は日本では4月に正規版の販売が開始され、 既に長崎県のテーマパーク「ハウステンボス」に導入されているほか、 DVDなどのレンタルを展開するTSUTAYAやGEOの一部店舗においても、 レンタルが行われている。 また周辺機器として、 純正モーションコントローラー(別売 ※オープン価格)も日本で販売開始をしている。


■IDEALENS K2+ (アイデアレンズ ケーツー プラス)

外形寸法 : HMD本体部分 (L)183mm×(W)129mm×(H)105mm
質量 : HMD本体部分 約295g
ディスプレイ方式     : AMOLED
ディスプレイ解像度 : 2,560 × 1,440 
視野角 : 約120°
リフレッシュレート : 最高75Hz
遅延 : 17ms
搭載センサ : 6軸検出センサ(3軸ジャイロ・3軸加速度)、 3軸地磁気センサ、 光距離センサ、 温度センサ
各センサ応答時間 : ≤2ms
プロセッサ : CPU/ Exynos 7420    GPU/ Mali-T760 MP8
メモリー : ROM/ 32GB、 RAM/3GB LPDDR3
microSDカード: microSD (最大128G対応) 
Wi-Fi : 2.4G  802.11 a/b/g/n
Bluetooth : 4.0、 3.0、 2.0
接続端子 : micro USB 2.0端子、 3.5mm ステレオヘッドフォン端子
充電 : 約3.5時間(2A急速充電対応)
電池消費時間 : 約2.5~6時間(コンテンツによる)
価格 : オープン価格

「アイデアレンズ K2プラス」購入連絡先 
株式会社クリーク・アンド・リバー社 VRディビジョン
URL : http://www.creativevillage.ne.jp/lp/vr/ 
※C&R社はIDEALENS社 販売代理店。 

 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( VR JAPANクリーク・アンド・リバー社

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】バンナム、『Ace Combat 7』のE3トレイラーを公開 会話のやりとりに垣間見るパイロット達の暗い影
2 360Channel、倉持由香さんらの「VRグラドル女子会」が見逃し配信へ 企画会議や撮影の裏側もちらり
3 VR IMAGINATORS、VTuber召喚アプリ『エルミナAR』をAppStoreで公開 『#VTuber召喚計画』として今後はキャラの追加も
4 デル、Radeon RX Vega 搭載CPUを採用したハイエンドノートPC「New XPS 15 2-in-1」の販売を7月13日に開始
5 マスクメーカー「横井定」が開発するVR HMDカバー「VR GOGGLID」が6月20日より販売開始
6 理経、大阪市消防局が防災訓練用VRコンテンツ「避難体験VR」の採用を発表
7 スペースリーとSTW、モルディブリゾートの観光VRコンテンツを店頭で展開開始
8 ビーライズ、「3D&バーチャルリアリティ展」へ出展 展示で使用するHMDは視野角210°の「StarVR」を使用
9 SIE、期間限定で「Days of Play」キャンペーンを実施 PS4ProとPSVRのセットが1万円もお得に
10 【おはようVR】国内PS STOREのVRランキング ​サムスン電子ジャパンが原宿でVRサッカー体験コンテンツ提供など
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど