StarBlood Arena、ソニー・インタラクティブエンタテインメント、PlayStationVR(PSVR)に関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【PS VR】個性的な機体達がアリーナを駆け巡る、全方位STG『Starblood Arena』を紹介

2017年06月28日 15時08分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ソニー・インタラクティブエンタテインメントが、好評発売中のリアル体感型のSFシューティング『Farpoint』と、6月29日に発売する360°アリーナで繰り広げられる全方位シューティングバトル『Starblood Arena』を発売前に体験することができたので、その内容をお届けしよう。

今回は6月29日発売の『Starblood Arena』についてお届けする。

【関連記事】
【PS VR】SFシューター『Farpoint』がリリース 対応コントローラーを使用した圧倒的な没入感とは?


■個性的な機体達がアリーナを駆け巡る、全方位STG『Starblood Arena』

無重力アリーナを舞台に白熱のシップバトルが繰り広げる『Starblood Arena』。プレイヤーは様々な惑星を代表する9人のスター選手からプレイヤーキャラを選択し、360°アリーナの戦いに挑戦するという内容。

シングルプレイキャンペーンモードとフリーバトルに加えて、チームデスマッチやサバイバルモードなどのオンラインマルチプレイも楽しめる。また、プライベート戦で好きな条件を設定し、最大7人の仲間と気軽に遊ぶ事も可能だ。
 

9人のスター選手が乗る機体にはそれぞれに異なった武装や特性があるため、自身のプレイスタイルに合わせて機体を選択し戦いに挑もう。また、経験値とカスタム装備を稼ぐことで、武器に特殊効果を付け加えたり船の外見を変えたりすることができる。

と、ここまで書いていると硬派なイメージがあるが、グラフィックやキャラクターのポップさと、音楽のノリの良さが相まって、刺さる人にはとても刺さるイメージになっている。チュートリアルでは、非常にコミカルなやりとりをするキャラクター二人のテンポ良い会話に従って操作を進めていくのだが、これだけでも楽しい。
 

実際の操作は左右のアナログスティックとL1ボタンR1ボタンを使用し、前後左右と上下の移動が可能になる。また敵の攻撃への狙いを定める際には、自身のVRヘッドセットを向けることでエイミングできる。

ゲーム自体は主観視点のシューティングとなり、フィールド内を360°駆け巡り敵を撃破していく内容になる。今回筆者が体験したのは、シングルプレイの4vs4のバーンサーキットというモードだ。FPSでいうチームデスマッチのようなモードでプレイした。制限時間5分の中で戦い、自身が撃墜されると、リスポーンし、再び戦場出るというものだ。

今回、プレイしたのは"納骨堂"というかなりグッとくるステージ名で、ハードロック調のBGMであったため、アゲアゲな雰囲気でプレイすることができた。主観視点のシューティングゲームと言ってしまえば、それまでなのだがPlayStation VRを装着してのプレイは非常に良好で高い没入感を得られる。
 

また、特に興味深かったのはVR空間という点もあるのかもしれないが、敵を補捉して追いかけていると、天地の状態がいったいどうなっているのかわからない、自身がどこにいるのかもわからない、といったシチュエーションに度々遭遇するなど面白い体験をしたことだ。

同タイトルにはオンラインマルチプレイに対応しており、最大8人で遊ぶことが可能だ。発売後は筆者もアリーナを駆け回っているであろう。挑戦者を待っている。


■『Starblood Arena』

発売予定日:2017年6月29日
メーカー希望小売価格:4,900円 (税抜) / 5,292円 (税込)
ジャンル:360°シューティングバトル
フォーマット:PlayStation 4
CERO:A(全年齢対象)
プレイ人数:1~8人(オンライン専用)

©Sony Interactive Entertainment America LLC. Developed by WhiteMoon Dreams.
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( PlayStationVR(PSVR)StarBlood Arenaソニー・インタラクティブエンタテインメント

ピックアップ

記事ランキング

1 オリンピックを見据えた警視庁への提案も 日常業務を変革するサン電子のAR技術を使った『AceReal One』とは
2 360Channel、同社のVRプロデュース事業「VR PARTNERS」でSUBARU「ゲレンデタクシー」を魅せる
3 ダズル、『UE4 Tech Summit “活用事例編“』に登壇 VRマルチプレイFPS「Rays」を題材にUE4の可能性を紹介
4 【おはようVR】PSVRタイトルのセール開催中、SIEが協力する中高生向けPSVR開発キャンプなど
5 モノビット、GTMF2018の幹事会社として参画 大阪は6月27日、東京は7月13日に開催
6 PSVRタイトルのセールが開催 PS Storeで『勇なま』、『Rez Infinite』、『クーロンズゲート』、『SUPERHOT』など50タイトルが最大75%OFFに
7 宝塚大学メディア芸術学部、看護学部で使用の小児看護教材VRシステムを学生が制作へ
8 【PSVR】期待の新作 2018年、注目PlayStation VR対応タイトルを紹介
9 グリー、「GVR Fund」を「GFR Fund」にファンド名を変更 AR/MRなど幅広い領域にも投資へ
10 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど