VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

日本ビーテーエー、VR対応の体感チェア「VR-Chair Proシリーズ」を7月に発売 アミューズメント向けで350万円から

2017年06月30日 15時47分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
日本ビーテーエーは、VRヘッドマウントディスプレイ対応フライトシミュレーター「VR-Chair Proシリーズ」を7月に発売すると発表した。製品ラインナップにはVRの体感を追求した“Feel(フィール)”と、実機の操縦感覚を追求した“Real(リアル)”の2種を用意している。

価格は、「VR-Chair Feel」が350万円。「VR-Chair Real」が420万円だ。
*いずれも税抜き価格

主に空港やミュージアムといったアミューズメント向けとして開発を行っている。


■製品特徴

<VR-Chair Feel(フィール)>
VRシステムによる360度全方向のリアルな映像を見ながら航空機の操縦体験ができるフライトシミュレーターだ。最大6自由度の動きが可能で、ゲーム感覚で気軽にフライトシミュレーターを楽しめる。こちらは主に空港やミュージアムといったアミューズメント向けとして開発しました。

<VR-Chair Real(リアル)>
従来の当社製フライトシミュレーター(FS-Chair)をVR対応型に進化させたもの。操縦桿の操作によるソフト上の機体の姿勢データを駆動部へ送り、2軸モーションを制御するシステム(特許取得済)を採用し、更に動作の追従性を向上させることでVRヘッドマウントディスプレイに広がるリアルな映像と相まってより実機に近い操縦体験ができる。

VRの映像の他にオプションの視界モニターを取り付けることにより、操縦者以外の周りの人もコックピットからの迫力ある映像を楽しむことができます。こちらのモデルはアミューズメント向けだけでなく、学校など教育機関への導入にも適しているとしている。


■製品概要

<VR-Chair Feel>
発売日 : 2017年7月
本体標準価格(税抜き): 350万円
サイズ : 幅725mm×奥行き1,320mm×高さ1,420mm
URL : http://www.fs-device.com/fsd_vrc.html

<VR-Chair Real>
発売日 : 2017年7月
本体標準価格(税抜き): 420万円
サイズ : 幅1,250mm×奥行き1,400mm×高さ1,300mm
URL : http://www.fs-device.com/fsd_vrc.html
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】ソニーストア、特別体験会&販売会の予約が開始 体験タイトルは『スパイダーマンVR』に
2 ガンダム・ポケモン・デジモンからの影響 英国発、実際のロボットを操作するARゲーム『Mekamon』がリリース…来年には国内販売も予定
3 Oculus Rift、期間限定で44880円(税込)で販売へ…約5000円引きで購入可能に
4 【PSVR】『クーロンズゲートVR SUZAKU』、今後のアップデートでHMDなしでも動作へ…代表井上コウキ氏がシシララTVでゲーム実況も
5 【PSVR】『SkyrimVR』の予約がPS STOREで開始に 「Official Skyrim VR Theme」が予約特典に
6 【イベントレポート】爆笑から垣間見るトップランナー達の情熱 水口哲也氏、コヤ所長、タミヤ室長 、國光宏尚氏登壇の「ゲーム・エンタメのこれから」をお届け
7 【おはようVR】AR悪天召喚、「VR PARK TOKYO」池袋12月7日オープン、「VR ZONE SHINJUKU」はいくらかかった?など
8 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
9 【PSVR】『FF15』の釣りがさらなる進化を遂げた エクストリームVRフィッシング『MONSTER OF THE DEEP』がリリース
10 「VR PARK TOKYO』池袋店、12月7日にオープン決定 日本初登場のタイトルが4つ…切られると斬撃が走る次世代体感システムなども
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム