ソニー・インタラクティブエンタテインメント、PlayStation4に関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

プレイステーション 4 Pro グレイシャーホワイトが9月6日より発売

2017年07月11日 15時20分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(以下、SIEJA)は、映像処理能力の向上および4Kクオリティ*の画質に対応した「プレイステーション 4 Pro」(PS4 Pro)(CUH-7000シリーズ)の初のカラーバリエーションとして、本体色「グレイシャー・ホワイト」を、日本国内に向けて2017年9月6日より数量限定で希望小売価格44,980円(税抜)にて発売すると発表した。
*グラフィック描画もしくはアップスケール

PS4 Proでは初めてのカラーバリエーションである「グレイシャー・ホワイト」は、PS4 Proの持つパワフルな性能を表現する3層のブロックが際立つ、洗練されたカラーリングに仕上がっている。

SIEJAは、新たなカラーバリエーションの本体や豊富なソフトウェアタイトルラインアップ、各種ネットワークの拡充などを通じて、PS4を中心としたエコシステムの魅力をいっそう高めながら、普及拡大を強力に推進していく、と説明している。

なお、PlayStation VRでも使用でき、タイトルによってはフレームレートの向上や、高解像度レンダリングによる映像表現の向上などが可能となっている。


<「プレイステーション 4 Pro」グレイシャー・ホワイト(CUH-7000シリーズ) 商品概要>【数量限定】
 
商品名称 「プレイステーション 4 Pro」
色名称 グレイシャー・ホワイト
型番 CUH-7000シリーズ
希望小売価格 44,980円(税抜)
メインプロセッサー Single-chip custom processor
CPU: x86-64 AMD “Jaguar”, 8 cores
GPU: 4.20 TFLOPS, AMD Radeon based graphics engine
メモリ GDDR5 8GB
ハードディスク 1TB
外形寸法 約 295mm×55mm×327mm(幅×高さ×奥行き)(最大突起含まず)
質量 約3.3kg
光学ドライブ
(読み出し専用)
Blu-ray Disc 6倍速CAV
DVD 8倍速CAV
入出力 Super-Speed USB (USB 3.1 Gen.1)ポート×3
AUXポート×1
通信 Ethernet (10BASE-T, 100BASE-TX, 1000BASE-T)×1
IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth v4.0
電源 AC 100-240 V、 50/60 Hz
消費電力 最大310W
動作環境温度 5℃ - 35℃
AV出力 HDMI出力端子(4K / HDR出力対応)
光デジタル出力端子
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ソニー・インタラクティブエンタテインメントPlayStation4

ピックアップ

記事ランキング

1 Key、クラウドファンディングで目標金額の1000万円を40時間で達成…『planetarian』がVRアニメに
2 【PSVR】最後の追加DLC楽曲「M@GIC☆」が11月22日配信決定 『アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション』
3 CCP、Steamで未来型ドッジボール『SPARC』をリリース PSVRやOculusとのクロスプラットフォームも
4 【おはようVR】クリスが主役『バイオ7』DLCプレイレポート 『DOOM VFR』とPSVRのバンドル登場など
5 VR/ARを使った体験型アミューズメントが来春登場 サッカーやクレー射撃など約20種目を用意
6 【PSVR】『バイオハザード7』無料DLCの『Not A Hero』先行プレイリポートをお届け
7 最新の機器を使ってVRなどが体験できる「Galaxy Studio Kobe」が11月25日から開催
8 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
9 ユニットコム、Core i7-8700KとGTX1070(8GB GDDR5)搭載 194,378円(税込)から
10 VR開発運営のジョリーグッド、約4億円の資金調達を発表 サービスの拡充と開発・営業体制の強化へ
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム