モノビットに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

モノビット、元ヤフーの蛭田健司氏がCTOに就任 中嶋謙互氏とのダブルCTO体制でVR/AR コンテンツ開発の強化へ

2017年08月01日 10時00分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


モノビットは、8月1日、新たに CTO 兼 事業戦略室 室長に、蛭田 健司氏が就任したことを発表した。

同社では受注が拡大する VR/AR コンテンツ領域にて、さらなるクオリティ強化を目指すべく、現 CTO の中嶋謙互氏とのダブル CTO 体制にすることで、技術基盤強化を行っていく、と説明している。

蛭田 健司氏は、大ヒットアクションゲームシリーズなど数々のゲーム開発を手掛け、豊富なゲーム事業経験がある。


【蛭田 健司氏より就任のメッセージ】

これまでセガ、コーエーテクモ、ヤフーなどで、技術、海外事業、人材開発、事業戦略などの幅広い業務を経験してまいりましたが、この度ご縁をいただき、モノビット社の取締役 CTO 兼 事業戦略室 室長に就任いたしました。同社の技術戦略と事業戦略の両方を担います。

技術面では AI や、オンラインゲーム開発の知識、ハイエンド 3D 表現などの得意分野を活かし、同社が注力していく VR/AR コンテンツのクオリティをさらに高めてまいります。

また事業戦略面では、同社が既に持つ高性能リアルタイム通信エンジンの豊富な実績やノウハウを最大限に活用しつつ、組織力を向上させながら、高度な VR/AR ソリューションの提供や VR-MMORPG の開発などの実現に向けて、戦略を策定し、遂行してまいります。

これからのモノビット社にどうぞご期待いただき、これまで以上のお力添えを賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。


■新任取締役の略歴

現セガゲームスにてオンラインゲームなどの開発に参加。現コーエーテクモゲームスでは大ヒットアクションゲームシリーズの開発に携わり、オンライン MO 対戦アクションゲームの技術責任者を経てカナダスタジオに出向。

現地責任者として経営を担った。クルーズ入社後はゼネラルマネージャーとしてネイティブゲーム事業の立ち上げを行い、担当したレースゲームは日本発のゲームとして初めて App Store の全世界フィーチャーを獲得。

その後ヤフーにてゲーム部門部長、子会社の執行役員 CTO、人材開発室長などを経験。

著書「ゲームクリエイターの仕事」(翔泳社)。CEDEC、Unite、TECH VALLEY、ゲームビジネスアカデミーなど講演実績多数。 

 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( モノビット

ピックアップ

記事ランキング

1 PSVRタイトルのセールが開催 PS Storeで『勇なま』、『Rez Infinite』、『クーロンズゲート』、『SUPERHOT』など50タイトルが最大75%OFFに
2 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
3 【PSVR】期待の新作 2018年、注目PlayStation VR対応タイトルを紹介
4 【PSVR】米国PS STORE1月のランキングが公開 首位は『Job Simulator』…新作ホラーADV『The Inpatient』もランクイン
5 【PSVR】実際に腕を振って走る『Sprint Vector』がプレステでリリース 大ヒットVRゲームを開発したSurviosの新作
6 SIE協力のもとUnityでPSVRコンテンツの開発を楽しむ 中高生向け無料講座が3月に早稲田大学で
7 ナーブ、新型ロマンスカーのVRコンテンツへソリューションを提供 小田急電鉄は内製による短納期を高く評価
8 【SteamVRランキング6/30】『Airtone』が首位返り咲き、『Hop Step Sing!』初登場4位 TOP5は国産タイトルが占める
9 宝塚大学メディア芸術学部、看護学部で使用の小児看護教材VRシステムを学生が制作へ
10 【PSVR】バーで飲んで喧嘩するだけ とっても駄目なアクションゲーム『Drunkn Bar Fight』がリリース
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど