VR Fitness、アイデアクラウド、Vive、Steamに関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ゲームをしながらフィットネス アイデアクラウドが『VR Fitness』をSteamで販売開始

2017年08月08日 14時45分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



VR/MR事業を手がけるアイデアクラウドは、 ゲームをプレイしながらフィットネスも楽しめる『VR Fitness』を、8月7日よりSteamで販売を開始した。価格は980円。
 
 
同タイトルは、全身を使って次々と迫り来る敵をなぎ倒すVRゲームとなる。ゲームをプレイしながらフィットネスも楽しめる様々な工夫が施されているという。

HTC Viveを使用し、コントローラーを振ることで斬撃を飛ばして敵を倒すことができるが、斬撃の強さは、コントローラーを振ったときのモーションの大小、加速度で決まるため、手首の運動以外にも大きな動きが必要となる。

プレイ時間は1分・3分・5分と選択することが可能で、全方向から次々と襲いかかってくる敵を全身を使って撃退していく。コントローラーを振り回すだけで無く、盾側のコントローラーを頭の上に掲げると敵の動きを止めることができたり、しゃがみ込んでコントローラーをすくい上げるように動かすと地を這う衝撃波のような攻撃も可能だ。

スコアは倒した敵の数と運動量で決まり、強力な敵ほど倒した時にハイスコアを得ることができる。敵がプレイヤーの領域に侵入されると、スコアが減点される仕組みとなっており、プレイヤーは選択したプレイ時間内でハイスコアを目指していく。


■「VR Fitness」

「VR Fitness」は、980円(税込)で、Steamで販売 
アプリ名: VR Fitness(ブイアールフィットネス) 
価格: 980円(税込) 
リリース時期: 8月7日(月)配信開始
プレイ人数:1人
対応デバイス:HTC Vive
配信URL:http://store.steampowered.com/app/678570/VR_Fitness/ 

【推奨環境】 
OS: Windows 10 
プロセッサー: Intel Core i7-6700K
メモリー: 16 GB RAM
グラフィック: GeForce GTX1080 
※GEFORCE GTX VR READY の GPU パフォーマンス要件を満たしている必要があります。



■「VR Fitness」今後の展開について
今後は武器やジェスチャー、キャラクターなどの追加を行い、ゲーム性の向上を行っていくと共に、フィットネス専門家による知見を取り入れ、より多くのフィットネス効果が期待出来るよう、随時アップデートを行っていく

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( アイデアクラウドViveVR Fitness

ピックアップ

記事ランキング

1 「リゼロ」のVR添寝・膝枕がPSVRとPCへの移植決定 より高画質、より近くに
2 【PSVR】『バイオハザード7』新ムービー 「TAPE-02 "レッドフィールド"」公開 本編後に幕開けする新たなストーリー
3 【PSVR】『DEEMO』新作が発表 SMEの新レーベルUNITIESより
4 YJM Games、VR FPSアドベンチャー『OVERTURN』をリリース 謎の少女マギと施設の秘密を解き明かせ
5 【JVRS3レポート】SIE、Microsoft、HTCの3社がそれぞれの立場で語るVRを使った未来とは 
6 VR開発の積木製作、仮想空間を使った建築学習にコンテンツを提供
7 【おはようVR】PSVR対応の『DEEMO』登場 ドコモ、DayDream対応スマホ3機種を発表 富士通MRヘッドセット提供など
8 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
9 ヒューマンライフケア、VRを使ったスタッフ研修を開始
10 『黒騎士と白の魔王VR』 が「VR PARK TOKYO」に登場
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム