VR戦艦大和、神田技研、Steamに関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

神田技研、実物大を体感する『VR戦艦大和』Steam版をリリース 酔いにくいワープモードやVRを使わない2D-FPSモードの搭載も

2017年08月18日 14時16分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



神田技研は、8月18日、『VR戦艦大和(VR Battleship YAMATO)』のSteam版のリリースを行った。価格は4580円だが、8月25日まで3893円で購入できる。

同タイトルは、膨大な研究資料や元乗組員の証言を元に可能な限り細部まで復元しており、VRヘッドマウントディスプレイを装着することで、75年前に竣工した大和の雄姿を、当時の乗組員と同じ視点で体感することができるというものだ。
 

また外観のみならず、第一艦橋や操舵室、主砲内部などの重要施設も見学可能で、乗組員の居住施設や烹炊所も再現し、どのような生活をおくっていたのかも知ることができる。

教練射撃では主砲をどのように射撃していたかも体感することが可能だ。
 

▲艦載機格納庫


▲射撃指揮所
 

▲第一艦橋内部


▲主砲内部


▲烹炊所

また、Steam版では、移動の際に、酔いにくいワープ移動モード、VRゴーグルがなくてもプレイできる2D-FPSモード、そして英語音声と字幕の実装している。
 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( VR戦艦大和Steam神田技研

ピックアップ

記事ランキング

1 フルクオール、VR開発を学べる男女のカップリングイベント「VRハックコン」を10月21日に開催
2 【TGS2017】VRマンガ x VRゲーム  EXPVRが感情移入抜群のコミックヒーローACT『BE THE HERO』を出展
3 【体験レポート】『囚われのパルマ VR面会』 体験者の"動き"に反応する彼らの日常へ…もっとそばに、より近く  
4 【TGS2017】MyDearest、「VR×ライトノベル」「VR×マンガ」などのフルダイブシリーズを出展 
5 【TGS2017】南国ソフト、FOVE使用のVRコンテンツ 『The Outer Foxes』を出展
6 【プレステカンファレンス】アートディングの『A列車で行こうExp.』が発表 VR対応で鉄道模型モードを体感
7 USJ、超体感コースター『ファイナルファンタジー XRライド』を発表
8 【プレステカンファレンス】コナミ x サイゲームス、PS2の名作『ANUBIS』リマスターを発表 4KやVR対応…TGSで試遊も
9 【イベントレポート】『クーロンズVR』体験会開催 酔い対策や操作方法など体験版から更なる向上へ…製品版はもうすぐ!!
10 【おはようVR】PSカンファレンスの記事を公開中 『ANUBIS VR』や『A列車で行こう』がVR対応など
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム