VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

良心石材、AR技術を使った『スマ墓』をリリース 月額500円で世界中を慰霊場所に…墓選びとお墓参りの負担を減らす取り組み

2017年08月18日 13時00分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



良心石材は、月額500円で故人の遺骨を預かり、遺族の好きな場所を慰霊場所(お墓)にできる『スマ墓』を開始したと発表した。

故人との所縁の場所を慰霊場所としてGPS情報を登録し、その場所に遺族や関係者が訪れると同社サービスの『スポットメッセージ』が現れる。これによって、故人が愛した身近な場所、自宅、公園、観光地など世界中、好きな場所を設定できる。

スポットメッセージとは、設定された場所に訪れた人に対してあらかじめ設定した写真や動画、AR(拡張現実)を来訪者のスマートフォンを通してメッセージを告げる同社のサービスとなる。

遺族や、関係者はスマートフォンで故人からの写真、動画メッセージやAR(拡張現実)を見て慰霊を行う。申込者が存命の場合は将来にわたって様々なメッセージを登録地に残すことが可能だ。
 
お骨は預かり、預かったお骨は最大15年間保管、15年以降は合葬される。

15年間いつでも返却可能で、お墓を建てる資金が貯まるまで、居住地に合わせたお墓の場所が決まるまで、など遺族のタイミングでお骨を返却することができるとのこと。

なお、生前に申し込むと死後1年目は無料になり、遺族が払う月額500円の負担を1年間なくすことができる。


■サービスを始めた経緯

株式会社 良心石材の代表 香取良幸氏は日々のお墓販売を通して近年顧客からの不安要素として、生前にお墓を建てたはいいが、自分の死後、遺族が急な引越しなどにより自分が建てたお墓のお墓参りが負担になることを危惧する方が一定数おり、墓地を管理する遺族が不確定で高価なお墓を買うことに疑問を持つ人が多いという。

不安要素の他に、墓石を買う顧客からの要望として『価格を抑えた最低限のお墓』が一番に来ることに気づいた。

葬儀や仏壇の用意で墓地や墓石を買う余裕のない方や墓石自体を必要としない方がいるという。

遺族の負担にならない低価格でお骨を預かり、故人との所縁が深い場所でAR(拡張現実)や写真、動画をスマートフォンに表示させることで遺族の想いの遣り場と慰霊場所を提供し、故人との大切な場所で慰霊を行う『スマ墓』を始めた。


■『スマ墓』基本情報

【名称】スマ墓(スマボ)
【価格】月額500円
【運営・開発】株式会社 良心石材
 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】六本木に「PlayStationVR STREET」が登場 家庭用VR体験に更なる仕掛けも…監修にハシラス代表の安藤氏を迎える
2 【PSVR】国内PS STOREランキング カプコンの『KITCHEN』が首位に 『星の欠片の物語、ひとかけら版』も好調
3 JR西日本、ソフトバンクのVR安全教育プログラムを導入へ よりリアルな体験で労働災害の防止を目指す
4 【セミナーレポート】ロケーションVRの問題共有します 水を吸うパーツはNGなど、運営を通してわかったVRの難しさとは【前編】
5 『ドラゴンクエストVR』が4月27日から一般公開へ 新PV公開やコラボグッズ・メニューなども明らかに
6 ハコスコ、「VRパッケージ」の受注開始 VRゴーグルと動画配信、化粧箱のセットが提供可能に…第一弾は「ウルトラマンゼロVR」
7 【PSVR】ヒットポイント、『ねこあつめ VR』を5月31日に発売予定 
8 【おはようVR】「ねこあつめ VR」がPSVRで5月登場 『おそ松さんVR』がお台場のコニカミノルタに出展
9 エムアップ、VR事業を展開する新会社設立 タレント、声優と連携…日本一のVRライブイベント実施を目指す
10 サイコム、同社のPC8製品で第2世代 Ryzenの搭載が可能に
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど