VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

HTC、VIVEの値下げを発表 本日より84,110円(税込)に

2017年08月21日 16時01分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加




HTCは、8月21日、VIVE Consumer Edition(以下 VIVE CE)の国内希望小売価格を改定を発表した。

改定前 107,784 円(税込)/99,800 円(税抜)
改定後 84,110 円(税込)/77,880 円(税抜)

また、従来から VIVE CE 購入者に提供中の「Everest VR」、「Richie's Plank Experience」、「Viveport 1 か月無料トライアル」。

そして、国内のバラエティ番組やイベントにて「3D お絵描きソフト」として多数の使用実績がある、「Tilt Brush」の提供も再開するという。

さらに、日本では、VIVE CE と VIVE READY PC のセットを台数限定での 1万円割引キャンペーンの実施も行う。

対象セット商品につきましては各販売店舗にて順次展開するため、VIVE 正規取扱販売店(https://www.vive.com/jp/storelocations/)で今後告知を行っていくという。

今回の価格改定について、HTC CEO のシェール・ワンは次のようにコメントしています。

最先端のテクノロジーで最高の VR システムを提供し、地球上で VR をマスマーケットに普及させることが、VIVE 事業の使命になります。

その使命を実現させるために、今回の価格改定でより多くのお客様に VR をご提供し、VR 業界全体を推進していきます。

VIVE の革新的な技術、最高のコンテンツ、そして他に例を見ない豊富なグローバルパートナーが、VR の時代の本格到来を約束しています。

今後投入される新タイトルや VIVE トラッカー対応のアクティビティの増加により、最高の没入感を誇る VR 体験を VIVE で楽しむのに、今が最適なタイミングとなっています。



同社によると、直近の VRDC の VR/AR に関するレポートでは、VIVE 向けのコンテンツが他のどの VR/AR/MRプラットフォームよりも多く開発されており、今後開発予定のコンテンツも VIVE 対応が一番多くなっているという。

Steam および Viveport でリリースされている 3,600 以上のタイトルに加え、今後 AAA タイトルの増加も見込まれている VIVE は、今後も開発者およびエンドユーザーに選ばれ続けるプラットフォームとなることが予想されている。

また、Steam での統計では、ハイエンド VR ヘッドセットを利用している Steam ユーザーの中でVIVE が 60%のシェアを占めており、この 1年間で VIVE のシェアは 20%以上増加しているという結果も出ている、と説明している。


 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 フルクオール、VR開発を学べる男女のカップリングイベント「VRハックコン」を10月21日に開催
2 【イベントレポート】『クーロンズVR』体験会開催 酔い対策や操作方法など体験版から更なる向上へ…製品版はもうすぐ!!
3 【TGS2017】南国ソフト、FOVE使用のVRコンテンツ 『The Outer Foxes』を出展
4 【TGS2017】松戸市、VRを含めた4タイトルを出展 仮面女子の月野もあさんもブースに登場
5 【プレステカンファレンス】アートディングの『A列車で行こうExp.』が発表 VR対応で鉄道模型モードを体感
6 【プレステカンファレンス】コナミ x サイゲームス、PS2の名作『ANUBIS』リマスターを発表 4KやVR対応…TGSで試遊も
7 XR女子部による、コスプレ可能なハロウィンテックイベントが開催に
8 【プレステカンファレンス】シューティングコントローラーを使ったリアル系FPS『Bravo Team』が国内で2017年に発売 日本語トレイラーも公開へ
9 【プレステカンファレンス】SIEJAプレジデント盛田氏「PS VRはより供給を増やし、新価格で提供する」 カメラ同梱版が値下げに
10 【おはようVR】PSVRが値下げ、供給量も増加 クーロンズVRの体験会レポートなど
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム