ファイナルファンタジーXV、スクウェア・エニックス、Steamに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

PC向け『FFXV』でNVIDIAが全面協力へ 8K解像度やHDR…360度スクリーンショット「Ansel」にも対応へ

2017年08月25日 12時08分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



NVIDIA とスクウェア・エニックスは、PC 向けに『ファイナルファンタジーXV Windowsエディション』を2018年にリリースすると発表した。

WIndowsエディションは「最高品質の、その先へ」として、NVIDIAの全面協力を得て製作にあたっているという。

映像面では4K解像度はもちろん最大8Kまでの設定や、HDR10への対応などこれまで描くことができなかった世界の細部、空気感までも書き出すという。

更にNVIDIAの「HairWorks」で数十万本にものぼる髪の毛や毛皮のリアルタイムシミュレート、「Flow」による、精巧な炎や煙の表現、そして「Ansel」によるフォトリアルな画像のキャプチャーなど、様々な機能が実装される。

特に「Ansel」は、細部まで創られている『FFXV』の世界、そしてキーアイテムである"写真"という意味では非常に相性の良い機能となりそうだ。

「Ansel」は、プレイヤーが好きな場所でスクリーンショットを撮影して後処理フィルタで調整し、HDR 画像を高忠実度フォーマットでキャプチャして、360 度のスクリーンショットをスマートフォン、PC、または VR ヘッドセットで共有することも可能だ。
 

スクウェア・エニックスの『ファイナルファンタジーXV』担当ディレクターである田畑端 氏は、

「当社はNVIDIAの協力を得ながら、皆さまに愛される本シリーズにふさわしいタイトルとなるよう、『ファイナルファンタジー XV Windows エディション』の驚異的なビジュアル体験の開発を進めています。NVIDIA はこの業界でイノベーションを加速させ、ゲームプレイヤーと開発者の双方にその恩恵をもたらしています。」

とコメントを寄せている。


■ 『ファイナルファンタジー XV Windows エディション』採用のNVIDIAのGameWorksテクノロジ
 
・NVIDIA Flow– 動的な可燃性流体、火、煙を作成できます。
・NVIDIA HairWorks– ゲーム内で登場するキャラクターや動物、モンスターの動きのあるリアルな毛やファーを作成できます。
・NVIDIA ShadowWorks– キャラクターに自動で影を付けることができます。
・NVIDIA Turf Effects– ゲーム環境内の生き生きとした草や植物を作成できます。
・NVIDIA VXAO– 影と光の物理原則に基づいて奥行きと現実感を加えることができます。
 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ファイナルファンタジーXVスクウェア・エニックスSteam

ピックアップ

記事ランキング

1 Key、クラウドファンディングで目標金額の1000万円を40時間で達成…『planetarian』がVRアニメに
2 『Rez Infinite』のDayDream版が全世界同時リリース 無料体験版も公開に
3 【PSVR】『FF15』の釣りがさらなる進化を遂げた エクストリームVRフィッシング『MONSTER OF THE DEEP』がリリース
4 未来のサバゲー遂に登場 バンナム、VR ZONE SHINJUKUで『攻殻機動隊ARISE Stealth Hounds』を12月9日から稼働開始
5 【PSVR】シリコンスタジオのポストエフェクトミドルウェア『YEBIS 3』、『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』に採用へ
6 最短3分で商標登録出願の準備 「Cotobox」β版がリリース…独自開発のAI技術を使用
7 CCP、Steamで未来型ドッジボール『SPARC』をリリース PSVRやOculusとのクロスプラットフォームも
8 360Channel、野外ロックイベント『BAYCAMP 2017 VR』の配信を開始 「神聖かまってちゃん」「水曜日のカンパネラ」などのVR映像で無料で体験
9 LINE、AIアシスタント搭載イヤホン『MARS』を発表 翻訳機能付きで2018年に韓国で先行販売
10 360Channel、VRを使った教育分野への参画を発表 
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム