INTO GAMESに関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

リリース後には首位も獲得 VRゾンビシューター『ZomDay』

2017年08月29日 12時03分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



中国・杭州を拠点とするチーム「INTO GAMES」は、8月18日に、FPSスタイルのゾンビシューター『ZOM DAY』をリリースした。価格は980円。

UnrealEngineで製作した同タイトルは、これでもかと湧いて出て来るゾンビの群れを斧や重火器といった武器を使って倒していくWAVE式のFPSとなる。

移動はテレポート式で、拾ったコインや取得したポイントで新しい武器やスキルを獲得出来るという成長要素が盛り込まれている。
 

戦闘中では連続してヘッドショットをすることでバレットタイムが発動する。バレットタイム中の攻撃は非常に爽快感があり、動画などでも確認が可能だ。

特定のWAVEではボスも出現するなどただゾンビたちを倒していくといった単純な仕組みではなく、メリハリのある作りになっている。

マルチプレイにも対応しているので、友人とプレイすることも可能だ。
 
 
言語は英語と中国語のみだが、日本語にも対応予定している。

製作当たったINTO GAMESは5人のメンバーがおり、元々VRゲームが好きだったことや、VRではより良い体験が可能であることが開発のきっかけだったという。
 

『ZOM DAY』の開発にあたっては、映画の『Shaun of the Dead』、『Walking Dead』、『Zworld war』、『From Dusk Till Dawn (1996)』や、ゲームの『Doom』シリーズに影響を受けたという。

プレイ中に荒い点も多少あるが、これらの映画やゲームに反応できる人はとても楽しんでプレイできるだろう。

今後は、PlayStationVRでのリリースも視野に入れながら引き続き開発を行っていくという。

(但し、INTO GAMESはそれは長い道のりになりそうだとも、弊メディアに明かしている。)
 

 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 バンナム、VR ZONE SHINJUKUのアクティビティ『ガンダムUC VR 激突・ダイバ上空』を発表
2 【TGS2017】間もなく発売 ステアリングを使った『グランツーリスモSPORT』VR乗車体験
3 【TGS2017】君はあの必殺シュートを止めることができるか? Klabブースの『キャプテン翼』VRを体験
4 【TGS2017】セガゲームスブースで『D×2 真・女神転生』をVRで体験 魔法が飛び交うバトル、ピクシーの後ろ姿にドキッ!!
5 【TGS2017】バンナム、NTTドコモ5G回線を使用した『ソードアートオンライン』VRプロジェクトを発表【追記あり】
6 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
7 【TGS2017】スピンバイク筐体を利用したVRゲーム「アーティファイト」を出展 アンビリアルブースをレポート
8 【TGS2017】『バイオ7 NOT A HERO』のプレイムービーを初公開 重火器を使ってモールデッドを一掃
9 【体験レポート】『囚われのパルマ VR面会』 体験者の"動き"に反応する彼らの日常へ…もっとそばに、より近く  
10 【TGS2017】デル、WindowsMR対応ヘッドセット『Dell Visor』を発表 10月中旬に先行予約、11月後半に出荷へ【追記あり】
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム