INTO GAMESに関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

リリース後には首位も獲得 VRゾンビシューター『ZomDay』

2017年08月29日 12時03分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



中国・杭州を拠点とするチーム「INTO GAMES」は、8月18日に、FPSスタイルのゾンビシューター『ZOM DAY』をリリースした。価格は980円。

UnrealEngineで製作した同タイトルは、これでもかと湧いて出て来るゾンビの群れを斧や重火器といった武器を使って倒していくWAVE式のFPSとなる。

移動はテレポート式で、拾ったコインや取得したポイントで新しい武器やスキルを獲得出来るという成長要素が盛り込まれている。
 

戦闘中では連続してヘッドショットをすることでバレットタイムが発動する。バレットタイム中の攻撃は非常に爽快感があり、動画などでも確認が可能だ。

特定のWAVEではボスも出現するなどただゾンビたちを倒していくといった単純な仕組みではなく、メリハリのある作りになっている。

マルチプレイにも対応しているので、友人とプレイすることも可能だ。
 
 
言語は英語と中国語のみだが、日本語にも対応予定している。

製作当たったINTO GAMESは5人のメンバーがおり、元々VRゲームが好きだったことや、VRではより良い体験が可能であることが開発のきっかけだったという。
 

『ZOM DAY』の開発にあたっては、映画の『Shaun of the Dead』、『Walking Dead』、『Zworld war』、『From Dusk Till Dawn (1996)』や、ゲームの『Doom』シリーズに影響を受けたという。

プレイ中に荒い点も多少あるが、これらの映画やゲームに反応できる人はとても楽しんでプレイできるだろう。

今後は、PlayStationVRでのリリースも視野に入れながら引き続き開発を行っていくという。

(但し、INTO GAMESはそれは長い道のりになりそうだとも、弊メディアに明かしている。)
 

 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 オリンピックを見据えた警視庁への提案も 日常業務を変革するサン電子のAR技術を使った『AceReal One』とは
2 360Channel、同社のVRプロデュース事業「VR PARTNERS」でSUBARU「ゲレンデタクシー」を魅せる
3 ダズル、『UE4 Tech Summit “活用事例編“』に登壇 VRマルチプレイFPS「Rays」を題材にUE4の可能性を紹介
4 【おはようVR】PSVRタイトルのセール開催中、SIEが協力する中高生向けPSVR開発キャンプなど
5 モノビット、GTMF2018の幹事会社として参画 大阪は6月27日、東京は7月13日に開催
6 PSVRタイトルのセールが開催 PS Storeで『勇なま』、『Rez Infinite』、『クーロンズゲート』、『SUPERHOT』など50タイトルが最大75%OFFに
7 宝塚大学メディア芸術学部、看護学部で使用の小児看護教材VRシステムを学生が制作へ
8 【PSVR】期待の新作 2018年、注目PlayStation VR対応タイトルを紹介
9 グリー、「GVR Fund」を「GFR Fund」にファンド名を変更 AR/MRなど幅広い領域にも投資へ
10 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど