Dellに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【TGS2017】デル、WindowsMR対応ヘッドセット『Dell Visor』を発表 10月中旬に先行予約、11月後半に出荷へ【追記あり】

2017年09月22日 11時25分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



Dellは、東京ゲームショー2017において、WIndows Mixed  Reality対応のVRヘッドセット「Dell Visor」の国内販売を発表した。

10月中旬に量販店で先行予約開始、11月中旬にDell.comにて受注を開始する。出荷は11月後半からとしている。

価格はオープンとなる。

写真は同社のグローバル・マーケティングディレクターであるクリス・サトフェン氏だ。

更なる詳細に関しては追って報告する。

【追記】9月23日9時23分追記
 

「Dell Visor」は2.89インチ、片眼1440 x 1440の液晶パネルを搭載している。視野角は110°、リフレッシュレートは90hzとなる。

寸法は170.5 x 270 x 130.5mm、重量は0.59kgだ。

クリス氏は、「Dell Visor」について、デル初めてのWindows MIxed Realityのプラットフォーム向けのヘッドセットとし、その魅力を洗練されたデザインと人間工学に基づいた快適な装着と語った。

実際に装着ししてみたところ、今まで装着したどのHMDよりも付け心地が良く、重さに偏りを感じあることがなかったというのがその印象だ。

クリス氏によると、「Dell Visor」は均等に重量が配分されるようになっていると説明した。

同製品はディスプレイに有機ELではなく液晶を使用しているが、これはMicrosoftからのリクエストであり、リファレンス・デザインというところで、かなり仕様が固められているとのことだ。

またエントリー規格としてもLCDの選択を行う事が重要だったようだ。なお「Dell Visor」が唯一の製品ではなく、様々なバリエーションも検討していることから、将来的には変更の可能性もあるようだ。

そして気になる「Dell Visor」のSteamVRでの動作だが、2018年早々に使用が可能になる予定だという。

国内での価格はオープンだが、海外ではモーションコントローラー付きのモデルが449.99USドルであることを考えると、求めやすい価格での購入が可能になる可能性が出てくる。

互換性がどこまで高いレベルで実現するかはまだ不明だが、高いレベルでの動作であれば、VRヘッドセット購入の第一候補にもなりうるだろう。
 
■DELL VISOR  
ディスプレイ  
解像度 2.89 インチ LCD
リフレッシュレート 1440 x 1440 (片眼) 706ppi
光学  
レンズタイプ フレネルレンズ
視野 110°
レンズ調整 ソフトウェアIPD
トラッキングテクノロジー  
トラッキングアーキテクチャー 6Dof、インサイドアウトトラッキング
トラッキングセンサー ジャイロスコープ、加速度センサー、磁気計
ヘッドセットトラッキングハードウェア マッピング用デュアル B+W VGAカメラ
ポート  
コネクタ 1x HDMI 1x USB 3.0 1x 3.5mmオーディオジャック
寸法と重量  
寸法(W x D x H) 170.5 x 270 x130.5 mm
重量 0.59kg
 
DELL VISORコントローラー  
接続  
接続 BlueTooth
入力  
入力 サムスティック、タッチパッド、トリガーボタン、グラブボタン、Windowsボタン、メニューボタン、ペアリングボタン
バッテリー  
バッテリー 4 x 単三電池
寸法と重量  
寸法(W x D x H) 152.7 x 119 x 119 mm
重量 0.34kg
同梱版  
同梱版 DELL Visor、DELL Visor、コントローラー(左右)、リストバンド、4 x 単3電池、ユーザーガイド、ドキュメント
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Dell

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】ガンアクションの傑作『GUNGRAVE VR』リリース 
2 ソフトバンク、IoTとAIを使って鉄道や交通渋滞の解消へ パシフィックコンサルタンツと業務提携で
3 サイバーエージェントグループの「VR Agent」、2017年9月期は200万円の最終赤字 
4 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
5 VR ZONE Portal 全国各店舗のアクティビティが発表 『マリオカート』や『高所恐怖SHOW』なども導入へ
6 EXPVR、VRマンガヒーローアクションゲーム『BE THE HERO』のプロトタイプ版の無料配信開始
7 【おはようVR】桜花一門、PSVRでステルスホラーをリリース 『人喰いの大鷲トリコ VR』配信開始など
8 Psychic VR Lab、ファッションコーディネートを3Dスキャンする「STYLYスキャナー」を販売開始
9 【PSVR】『人喰いの大鷲トリコ VR Demo』が配信開始 本編がなくても無料で楽しめる
10 コロプラ、巨人と戦うVRアクション『TITAN SLAYER』のWindows MR版を30%OFFで販売 1月3日までの期間限定
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム